2013年02月16日

後藤大くん今日明日梅田でストリートライブ


先週紹介の後藤大くん今週もストリートライブやります

2/16
大阪駅周辺
18:00〜

2/17
大阪駅周辺
18:00〜

なんとか時間あれば見にいきたいと思っています。時間は21:30まで

ーーーーーーー
後藤 大 web site
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=godai
posted by わーぼう at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2011年11月05日

関西発ちちんぷいぷい発信の「未来の花束」のチャートに注目・2

関西発信で全国へ歌を届けるプロジェクト第2弾 ぷいぷい軽音部「未来の花束」が11月2日に発売されました。注目のオリコンチャートは発売3日目で10位にランクイン、果たして週間での10位以内はなるのかに注目です。今週は関西各地でイベントをしているのですが3日のイベントが記事になっています。


「ちちんぷいぷい」企画シングルのリリースイベントに中孝介ら登場 musicman-net 11月4日記事

11月3日(木)、MBS毎日放送の人気情報番組「ちちんぷいぷい」(月〜金14:55〜17:45)プロデュースによるCD「未来の花束」のリリースイベントが阪急西宮ガーデンズで行われた。

昨年、「ちちんぷいぷい」プロデュースでリリースしたコンピレーションアルバム「すごくおいしいうた」が関西圏のオリコンウィークリーチャート第1位(全国では14位)を獲得したことから、今回もその第2弾としてシングル「未来の花束」をリリースすることに決定。

この日は、2日にリリースされた「未来の花束」に参加したアーティストである中孝介、カサリンチュ、和紗、しおり、Dew、ひいらぎ、PENGIN、まきちゃんぐが西宮ガーデンズに集まった約2000人を前に歌を生で披露。その模様は「ちちんぷいぷい」による生放送でオンエアされた。

「未来の花束」は“ちちんぷいぷい”から生まれた音楽部“ぷいぷい軽音部”として中孝介、カサリンチュ、和紗、しおり、Dew、ひいらぎ、PENGIN、前川真悟(かりゆし58)、まきちゃんぐの9アーティストが参加。楽曲は、木村カエラ「Butterfly」を作曲したことでも知られる末光篤が作曲。西アナいわく、みんながどこかに不安を抱えている現代、子供や家族などを大切に想うという昭和的な古いメッセージをこの新しい曲に込められたのではないか、とコメント。関西からこの「未来の花束」で元気と優しさを全国へ届けている。

番組の企画では「未来の花束」が全国オリコンウィークリーチャートで10位以内に入らなければ、宣伝隊長を務める西靖アナウンサーをはじめ番組出演者が“お洒落パーマ”をかけることに。前回の「すごくおいしいうた」の時は丸刈りになった西アナだが、丸刈りは心機一転ととらえることもできるが「なんでパーマやねん!」と困惑気味。

11月2日付けのオリコンデイリーチャートでは17位、そして3日付けのチャートでは14位とチャートを上げているが、11月8日に出るオリコンウィークリーチャートで10位以内にならなかった場合、西アナは「ちちんぷいぷい」生放送終了後にそのままパーマ屋へ直行予定だとか。

「未来の花束」オリコンチャートの動向に、注目しよう。





==今後のイベント情報です==
■11月5日(土)12時〜 京都新風館 中庭&Re-Cueホール
ひいらぎ スペシャルライブ&握手会

■11月5日(土)16時30分〜 イオンモール伊丹 1Fエンターテイメントコート
カサリンチュ スペシャルライブ&握手会

■11月6日(日)12時〜 ららぽーと甲子園 1Fパークウォークコート
中孝介&カサリンチュ&Dew スペシャルライブ&握手会

■11月6日(日)17時〜 MBS 1階
中孝介&カサリンチュ&Dew スペシャルライブ&握手会

≪握手会参加方法≫
各イベント対象店舗、または当日の即売会場にて、11月2日(水)発売〈11月1日(火)入荷〉、ぷいぷい軽音部ニューシングル『未来の花束』〈ESCL-3786/\1,000(税込)〉、 をお買い上げのお客様に先着でCD1点購入につき1枚のイベント参加券を差し上げます。 こちらのイベント参加券をお持ちの方は、ミニライブ、もしくはトークショー終了後の握手会にご参加いただけます。


posted by わーぼう at 01:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2011年05月17日

ジャスティン・ビーバー 関西空港経由で日本へ

ジャスティン・ビーバー「今、僕は大阪にいるよ」BARKS 5月17日速報記事

5月17日、ジャスティン・ビーバーが、台北から関西国際空港に到着した。

現在、公開中の3Dドキュメンタリー映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』が、マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』の記録を超える大ヒットを記録するさなかの来日だ。震災の影響で、一時は危ぶまれた来日公演だったが、日本へは特別な想いのあるジャスティン本人の強い希望と、ファンとの約束を果たすという彼の熱い思いで、ワールドツアーの最終地である日本への今回の来日が実現となった。

関西国際空港ロビーには平日にもかかわらず多数のファンがジャスティンの到着を出迎え、ワールドツアーの疲れも感じさせずジャスティンは、かけつけたファンに元気に笑顔を見せてくれた。

「また日本に戻ってこれてうれしいよ!今、僕は大阪にいるよ。僕の映画も公開されたし、新しいアルバムも発売になったので、きいてね! NEVER SAY NEVER」──ジャスティン・ビーバー

黒のサングラス、白のTシャツ、ブルーのパーカー、ウォッシュのはいったデニムに、グレーのスニーカー、黒のリュックを背負ったカジュアルなスタイルで、ファンのもとにかけつけファンから手渡された色紙やCDに、笑顔で「THANK YOU」といいながら、サインをする姿が好印象だ。当然ながら、ファンのテンションは失神寸前である。

「めちゃめちゃかっこよかった。」
「サインをもらう夢をみたけど、ほんとにサインをもらえた!こんなに幸せなのはやばーい!」
「ライブ1列目だから、ハッピーガールに選ばれたい!」

集まった200人ほどのファンはほとんどが10代女子で、かわいらしくてオシャレな子ばかり。制服姿の女子もおり、Twitterを通して友達になり、今日空港ではじめてあって仲良くなったという会話も多く聞かれた。彼女たちのほとんどは映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』も鑑賞したとのことで、4人組の制服をきたグループは「映画はもう2回観ました。まだ何回も観に行きます」と、興奮冷めやらぬ様子。空港には福井から訪れたという人も見受けられた。

また現在、東京渋谷パルコ(PART3 3階)で、PGS TEENS「ジャスティン・ビーバー SPECIAL SHOP」が期間限定でオープンしており、連日女子高生がたくさんのグッズ求めて訪れている。

「ジャスティン・ビーバー SPECIAL SHOP」
4月29日(金・祝)〜5月22日(日)
@東京・渋谷パルコ PART3 3F
営業時間10:00〜21:00

映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』
監督:ジョン・M・チュウ
製作・出演:ジャスティン・ビーバー
出演:ボーイズIIメン、マイリー・サイラス、ジェイデン・スミス、アッシャー、スヌープ・ドッグ 他
2011/アメリカ/カラー/3D/105min]
JUSTINBIEBER-MOVIE.JP
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、梅田他3D限定絶賛公開中





ジャスティン・ビーバーって親日派なのかな?それにしても日本での行動も気になるところ。関西はどこに行くのかな?



posted by わーぼう at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2010年07月16日

新しい形のユニット「クルール」7.16大阪駅前ストリートに登場

ここ最近このBlogではストリートライブの記事を書いてきませんでした。理由は気になるミュージシャンがなかなかいなくて大阪駅前もいつもの人がいつものようにとマンネリ化、昔はいろいろ紹介していたんでけどね。YouTubeでも





だけは残していますが・・・。

そんな中久々に紹介したいユニットが登場したので紹介です。



ユニット名はクルールっていいます



結成からまだ3ヶ月のアコースティックユニットでメンバーはアコギ&ボーカル担当のミツオとキーボード&コーラスのクミコの2人からなるユニット。活動は毎月2回、道頓堀「ライブバーかつおの遊び場」と「ライブバーmatilda」でライブってところのようですが、先週ついにに大阪京橋駅でストリートライブをやったとか。初のストリートライブは緊張の連続だったようですがチラシは100枚くらい手渡しできて、CDは5枚売れたみたいです。そして



16日金曜日夕方は大阪駅前でストリート決行



時間は夕方ってことしかわかりませんが見れる人は一度見てみて下さい。


クルール公式サイト http://www.culu-lu.com/(PC・携帯共通)
posted by わーぼう at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2010年05月06日

ロッテのCMソング universe「ハルイロ」が19位にチャートイン

>石川遼、榮倉奈々、桜庭ななみ、佐々木希、長澤まさみ出演のロッテ「Ghanaミルクチョコレート」母の日編CMでオンエアーされているCMソングが今週のオリコンディリーチャート19位にランクイン!

その曲とはuniverse「ハルイロ」、このblogではデビュー前の彼らのストリートの様子を1月19日から20日のblogで1度紹介しましたがまさかここまでのものになるとは思わず正直びっくりです。


ここで記事を1つ紹介

ロッテ「ガーナミルクチョコレート」CMで話題! universe「ハルイロ」
4月14日 CDジャーナル記事から

石川遼、榮倉奈々、桜庭ななみ、佐々木希、長澤まさみという超豪華出演陣で、オンエア開始とともに早くも話題を集めているロッテ「ガーナミルクチョコレート」新CM「母の日デコリ」篇。
 ロッテが毎年母の日に向けて実施している「母の日ガーナ」キャンペーンの一環となるこのCM。3,000本の真っ赤なカーネーションをバックにした超豪華な5人による夢の共演がなんとも印象的!
 そして「母の日ガーナ」CMといえば、これまでFUNKY MONKEY BABYSやDREAMS COME TRUE、青山テルマなど豪華アーティストが担当してきたCMソング! ハイトーンで透明感あふれるサウンドを披露しているのは、まったくの新人ロック・バンド、universe(ユニバース)。CMでは、着うた(R)先行配信もスタートした、彼らのデビュー・シングル「ハルイロ」がオンエアされています!
 universeは、埼玉県・川口市在住の5人組ロック・バンド。同じ中学の同級生同士で結成し、これまでストリート・ライヴや自主イベント開催など精力的にライヴ活動を行なってきました。
 そんな彼らに訪れた大きな転機が、昨年開催されたロッテ×ソニーミュージックによる“歌のあるガムプロジェクト”オーディション。約5,000組の応募があったこのオーディションで、universeは見事グランプリを獲得し、ロッテのCMソングでソニーミュージックよりデビューする権利を得て、5月5日に「ハルイロ」でメジャー・デビューが決定!
 いきなりの超大型タイアップで早くも大注目のuniverseだが、今回さらに強力なバックアップも獲得。「music.jp(R)」「JOYSOUND[フル×歌詞]」「dwango.jp」という大人気着うたサイト3社が合同でアーティストをバックアップする企画 “HOT SHOT!”の第二弾アーティストに選出!
 “HOT SHOT!”企画は今年1月に第1弾としてGalileo Galileiの配信を手掛け、音楽配信業界初の試みとして大きな話題を呼んだ注目企画。今回の第2弾でも、約1ヵ月間にわたって、各携帯サイトを初めとした各社の媒体にてuniverseが大展開されるとのこと。ぜひ注目を。



このバンドは全国のFM局でパワープレイを獲得、

MUSIC ON!! TV 5月前半M-ON!Recommend
AIR-G' 5月度POWER PLAY
FM秋田 5月度Monthly Selection
FM山形 Monthly Hot Play
Date fm 5月度MEGA PLAY
RADIO BERRY 5月度B-HOTルーキーズ
NACK5 5月度前期POWER PLAY
bay fm Power Play
FM新潟5月度パワープレイ
FM石川5月度MUSIC NEXUS
FM福井5月度ヘビーローテーション
FM愛知5月度パワープレイ
CBCラジオ5月のうた
FM OSAKA5月度Power Play
FM徳島5月度POWER PLAY
FM愛媛5月度HEAVY ROTATION
FM福岡5月度POWER PLAY
FM鹿児島5月度POWER PLAY

この数はけっこうな数では?今後の活動チェックです。




posted by わーぼう at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2010年04月12日

Perfumeに続くオンエアー回数を誇る「舞花」4.14 CDデビュー

今週リリースのシングルで注目はなんといってもPerfume、1年ぶりとなるシングルはCM曲にもなって一回聞くとメロディが頭の中をぐるぐる回って離れない♪リリースが楽しみです。そんな中今週はある新人アーティストが話題になっていて記事になっています。

Perfumeに次ぐオンエアを記録した19歳シンガーソングライターとは?
4月9日配信 HOT EXPRESS

 ヤマハ主催【The 1st Music Revolution】へ出場し、第1回大会九州ブロックにてグランプリを受賞した19歳シンガーソングライター 舞花(まいか)。4月14日にリリースするデビューシングル『never cry』がラジオでオンエアを量産し、WEEKLY AIRPLAY CHARTにて話題を集めています。

 先週111位から10位へ飛躍する勢いを見せている今作。FM802をはじめとする全国FM26局のパワープレイに選ばれる抜群の注目度で、各地域チャートでも上位にランクインしました。また、新人にも関わらず、発売前の楽曲の中ではPerfumeの『ナチュラルに恋して』に次ぐオンエア数を記録しており、更なる上昇を予感をさせてくれます。

 「弱い自分にさよなら」と、失恋の苦しさをバネにした前向きな歌詞が心に突き刺さるこの『never cry』。既に着うた(R)では配信がスタートしていますので、10代の彼女が叫ぶ繊細で力強いメッセージと圧倒的な歌唱力をいち早く体験したい方は、今すぐチェックしてみて下さい。



※WEEKLY AIRPLAY CHARTは全国のFM、AMでオンエアされている楽曲を株式会社プランテックが調査・集計したオンエアチャートです※

いったい100円で売られる限定版って?気になるので入手したらここで紹介します。この曲はFM802で朝から晩まで大量オンエアー中、声に力があって存在感は抜群です。なんとなく最初はYUIっぽいかな?と思いましたがちょっと違った雰囲気を持った感じのアーティストって感じ、今日は朝からFM802に出演して生音聞かせてくれてました。さて最近新人歌手の売り出しで使っている手法を紹介しつつの記事も紹介しておきます。ソニーのSCANDALもこの手法を使ってましたよね?


「モバ・ドラ」完成披露試写会に主題歌を歌う舞花が登場 4月3日配信(Listen Japan)

モバイルショートフィルム「モバ・ドラ」の第二弾となる「4×4」(フォーバイフォー)の完成披露試写会が3月31日東京・渋谷シアターTSUTAYAで行われ、4月14日にメジャーデビューが決定し、本作品の主題歌を担当している舞花が出演しミニライブを披露した。

携帯/WEB向けの映像作品「モバ・ドラ」の2作目の作品となる本作は、同じ高校に通う男女4人の失恋を、それぞれの視点から描いた全4話からなるショートフィルムで、第1話はHilcrhyme(ヒルクライム)の「雨天」、第2話はアニーポンプの「こくはく 〜give me a chance〜」、第3話はET-KINGの「最後の言葉feat.h」、第4話は舞花の「never cry」と、4話それぞれの主題歌がベースとなった物語が展開される。

この日のイベントには出演した忽那汐里、尾崎千瑛、染谷将太と、監督の月川翔、第4話の主題歌を歌う舞花が舞台挨拶に登場、アコースティックギターの弾き語りによるミニライブを披露した。

舞花のデビュー曲で第4話の主題歌ともなった「never cry」は着うた(R)レコチョクデイリーチャートでは2位、ウィークリーチャートでも5位にランクイン。有線の問い合わせチャート7位、FM802をはじめ全国FM26局でのパワープレイが決定している。

火曜日はタワーレコードNU茶屋町でイベントありますね。
posted by わーぼう at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2010年03月15日

牛島隆太所属の吹奏楽部の定期演奏会に参加できる1日

牛島隆太「フレンズ-君の記憶のなかの僕-」、発売2週目は勢いは続かずかなり下位のほうにいるみたい、でも土曜日は埼玉でインストアライブをしたおかげで50位から22位へ上昇しました。今週末もインストアなのですがその前にこんなものが公式ページに載ってました。


牛島隆太の所属する吹奏楽部の定期演奏会が開催されます。
今回、デビューを記念して、演奏会の一部と二部の間に歌唱させていただくことになりました。
歌唱ももちろん、演奏会に参加いただけるまたとないチャンス!
入場は無料となっておりますので、お時間のある方、是非お越しください。

安田学園吹奏楽部17th定期演奏会
日時:3月18日(木)18:00開場/18:30開演

会場:江戸川総合文化センター大ホール
東京都江戸川区中央4-14-1
TEL:03-3652-1111
FAX:03-3655-9935
■ 新小岩駅南口から【都営バス(1)(2)番のりば】
新小22 新小岩駅〜(一之江駅)〜葛西駅
新小21 新小岩駅〜(船堀駅)〜西葛西駅
「江戸川高校前」下車 徒歩3分
「江戸川区役所前」下車 徒歩5分

■ 小岩駅南側から【(4)番のりば】
小74 小岩駅〜小松川警察署前【京成タウンバス】
錦27 小岩駅〜両国・錦糸町駅【都営バス】
「江戸川文化センター前」下車 徒歩1分
■ 新小岩駅南口より 徒歩15分



このようなイベントにファンの子を呼んで上げるところは牛島くんらしいって感じがします。昔松永一哉くんが学校の学園祭に呼んでくれてクラスメイトの子とのダンスステージを見せてもらったことがあってそれをふと思い出しました。こんなに有名になっても感謝の心を忘れないところがすばらしいなぁと思います。
posted by わーぼう at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2010年03月14日

植村花菜・アルバムチャート急上昇4日目にしてTOP5に!

植村花菜の最新アルバムが非常に好調です。ディリーチャートで19位に登場後、15位→10位→5位と急上昇、いったい勢いはどこまで・・・というくらいの伸びをしています。メディアも日を追うごとに取り上げるところが増えていてまだまだ売れる予感です。新宿のインストアライブも数多くの記事が出ています。今回は毎日新聞から


植村花菜:インストアライブで「トイレの神様」披露 アルバム発売記念で250人聴き入る

シンガー・ソングライターの植村花菜さん(27)が11日、ミニアルバム「わたしのかけらたち」の発売記念ミニライブをタワーレコード新宿店(東京都新宿区)で開いた。植村さんは約250人を前に、2月度の有線問い合わせランキングで1位を獲得した「トイレの神様」など3曲を披露した。

 4年前に死別した祖母との思い出を歌った「トイレの神様」は1月、大阪のラジオ局「FM802」で放送されると、「涙が止まらない」「祖母を思い出した」などの声が多く寄せられ、発売前から話題に。3月4日に、スポーツ紙で掲載された以後は、ネット書店「アマゾン」のCD予約ランキングで1位、SNS「mixi」の日記キーワードランキングで1位、検索サイト「Google」の急上昇キーワードランキングで2位を記録。ミニアルバムは発売初日のオリコンデイリーランキング(9日付)で19位に入っている。

 ライブでは「家族や、一番近くにいる大事な人は大切さに気づかなかったりするけど、曲を聴き大切さを感じてもらえたら」と呼び掛け、聴衆は「トイレの神様」を一緒に口ずさんだり、感動で目を真っ赤にしたり、植村さんの歌声に聴き入っていた。

 31日にビルボードライブ大阪(大阪市北区)、4月8日にプレジャープレジャー(東京都渋谷区)で、「ふたつのかけら」と題したアコースティック編成のライブを開き、6月11日に日本青年館(東京都新宿区)、6月19日にシアターブラバ(大阪市中央区)、6月20日に関内ホール(横浜市中区)で、「トイレの神様」と題した公演を行う予定。

(まだ読んでない方はこちらもどうぞ)1月に紹介
トイレの神様 植村花菜
植村花菜・話題の歌「トイレの神様」収録のアルバムが19位に登場


posted by わーぼう at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2010年03月11日

植村花菜・話題の歌「トイレの神様」収録のアルバムが19位に登場

兵庫県川西市出身で、ストリートライブ出身の植村花菜さんがブレイクの兆しです。1月にラジオでオンエアーされるなり大きな話題になり、問い合わせが殺到、10分を超える曲にも関わらず曲が流れると他の用事をやめて没頭して聞いてしまうくらい。
植村花菜さんを知るきっかけになったのは



そしてMBS系ちちんぷいぷいで2月の歌になり、関西限定でリリースされた



トイレの神様は1月にオンエア解禁になったときに気になって1回ここでぼそっとつぶやく感じで紹介しました。

トイレの神様 植村花菜というシンプルなタイトルで紹介したんですが果たしてこの曲はどんな形でパッケージ化されるのかわからなったんでここでもそれ以上踏み込まなかったんですがミニアルバム1曲としてリリースされることになり、たくさん記事が出てきたので再度紹介することにしました。記事紹介はリッスンジャパンから


植村花菜、過去の実体験を歌った「トイレの神様」が大ヒットの兆し3月10日配信

3月10日にリリースされる植村花菜の「トイレの神様」が発売を前にラジオでのオンエアを聴いたリスナーなどから大きな反響を呼んでる。

自身の過去の実体験を元に書き下ろしたというこの曲は、おばあちゃんと暮らす小3の頃の実体験を元に祖母や家族との行き違い、上京、そして祖母との死別など、その半生を歌ったもの。
お手伝いはするけどトイレ掃除だけは苦手だった という植村に、祖母がくれた言葉【トイレには それはそれはキレイな 女神様がいるんやで】がフックに繰り返し使われ、収録時間9分52秒というラジオで放送するには異例の長さにもかかわらず、今年1月に大阪のFM802がオンエアした直後から番組の掲示板に「涙が止まらない」「祖母を思い出した」など数百件以上の書き込みやリクエストが寄せられているという。

この状況は、同じくラジオから火がついて、紅白歌合戦出場やミリオンヒットにも繋がったテノール歌手・秋川雅史の「千の風になって」にも似ており今後の動向が注目されている。
「トイレの神様」は、3月10日(水)に発売されるミニアルバム『わたしのかけらたち』に収録され、アルバムには他に「猪名川」「忘れないよ」「わたしはじめ」「サンシャインストーリー」「マスカラ」など“わたし”の日常を切り取ったかのような等身大の歌詞で綴られた楽曲が並ぶ。
総合プロデューサーに寺岡呼人を迎え、今までの植村の楽曲の方向性とは違った新たなものを目指した作品となっている。


一般紙では毎日新聞が紹介

<植村花菜>祖母との思い出を歌う「トイレの神様」 “泣ける”と話題に3月10日 毎日新聞

4年前に亡くなった祖母との思い出を歌にした「トイレの神様」が、“泣ける”と話題になっている。歌うのは兵庫県出身のシンガー・ソングライター、植村花菜(かな)さん(27)。1月に大阪のラジオ局「FM802」で放送され、「祖母を思い出した」「涙が止まらない」などの問い合わせが急増しているという。9分52秒の楽曲に込めた思いを聞く。【西村綾乃】

 小学校3年生のころから、祖母と2人暮らしをしてきた植村さんは、その生活を軸にして曲を書いた。祖母と鴨なんばを食べ、五目並べをして遊んだ子供時代の風景から、思春期になり家を飛び出し、祖母と離れた時期、そして祖母を見送るまでが描かれている。

 「『トイレにはキレイな神様がいる』という歌詞は、『トイレを掃除すると、べっぴんさんになれる』という祖母の言葉から来ているんです。私は『本当に?』と(思って)、家はもちろん、学校のトイレも掃除していました」と語る。アコースティックギターの優しい音色の曲は、祖母と布団を並べて寝ていた子供時代、音楽好きな祖母が枕元で流していたカントリー音楽から、「テネシー・ワルツ」のような曲にと書き下ろした。

 上京して2年が過ぎたとき、祖母が入院。1カ月ぶりに見舞いに訪れた翌朝、永遠の別れが待っていた。「東京から仕事で1日だけ、関西に帰った日。病室で5分ぐらい話をした。いつもと変わらない様子で『もう帰りー』って言われて。翌朝、姉から危篤の知らせが。病室には意識はあるけど、話せない祖母がいた。昔暮らしていた犬のチャッピーが、苦しそうな呼吸が落ち着いた後に息を引き取ったので、祖母の呼吸が落ち着いてきたときは、病室にいられずにトイレでわんわん泣いた。(亡くなった後)やってあげられなかったことたくさんあると後悔ばかりだったけれど、親類から『おばあちゃんは(植村さんを)待ってたんだよ』と言われ、気持ちが整理できた。今は毎日空に向かって話しかけています。この歌を聴いて家族に優しい気持ちを持ってもらえたらうれしい」と思いを込める。

 「おばあちゃんとの暮らしを歌った『トイレの神様』をきっかけに、いろんな人に聴いてもらえるようになった。(ファンから)『おばあちゃんに会いに行こうと思いました』と言われるとうれしい。この曲を制作して、シンガー・ソングライターは自分にしか歌えない歌を書くべきだと思いました」と語る。

 同曲は10日発売のミニアルバム「わたしのかけらたち」に収録。横書きの歌詞カードが多い中、「歌詞を読んでほしい」と折りたたみ式で文字も縦書きにするなど細部にまでこだわった。2月には“トイレの神様”をまつった「明徳寺」(静岡県伊豆市)に出向き、たくさんの人に届くようにとヒット祈願をした。

 ミニアルバムには愛する人との別れを歌った「マスカラ」、引っ越しして心機一転した気持ちを歌った「わたしはじめ」など、温かさを感じる6曲を収めた。「歌詞では恋愛、育ち方など、ありのままの自分をさらけ出した。うそのない歌。何年、何十年先も色あせない歌を歌いたい。私のかけらを感じてほしい」といい、「夢は地元・関西にある大阪城ホールでのライブ。お客さんと一つになりたい」と語った。

 <植村花菜プロフィル>

 うえむら・かな。83年1月4日、兵庫県生まれ。関西を中心に、路上やライブハウスなどでインディーズ活動を展開。02年10月の「服部良一記念音楽祭 ザ・ストリートミュージシャン・グランプリ」で1200組の中からグランプリを獲得。05年5月にシングル「大切な人」でデビューした。ミニアルバム「わたしのかけらたち」では、フォークデュオ「ゆず」などを担当する寺岡呼人さんがプロデュースした。




アルバムリリース初日のデイリーチャートは19位、あれ?と思うかもしれませんが植村花菜さんは今までシングル9枚、アルバム5枚を出した中では圧倒的にこの作品が上で、今週のアルバムチャートはリリースラッシュで20位以内に15作品がチャートイン、その中なので今後の動きにまずは注目って感じです。

インストアライブも11日の新宿を皮切りに13日大宮、21日兵庫県西宮市、22日大阪と開催、どんなことになるんでしょうか。






posted by わーぼう at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2010年01月23日

トイレの神様 植村花菜

FMから流れてくる植村花菜「FMから流れてくるトイレの神様」メロディと歌詞が気になって、流れてくるたびに聞き入っている毎日でしたが見つけました。

歌詞を読むとまたなんていい曲なんだろうと思います。この曲はCDになるのかな?なるとしたらシングル?アルバム?
先ほど聞いてたらFM802のチャート、初登場で17位に入ってました
posted by わーぼう at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2010年01月18日

昨日大宮で見たバンドの1つはこれだった

昨日大宮で見たバンドは調べてみたらこのバンドでした。今年デビューするみたいなんですがコンテストでグランプリをとっていて記事にもなっていた。BARKS10月の記事になっています。


『歌のあるガム』プロジェクト、グランプリはuniverse

ロッテといえば噛むとフニャンだと思うが、お父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんに聞いてみれば、ロッテ?ロッテと言えば「お口の恋人・ロッテ提供、ロッテ歌のアルバム」じゃろ。玉置宏の司会でな…と、講釈が始まるに違いない。

高度成長を象徴する昭和の歌謡曲、その発展の一翼を担ってきた我らがロッテが、2009年メジャーデビューをかけたコンテストを開催、遂にそのグランプリが決定となった。

2009年3月1日よりメジャーデビューを夢見る若者たちに夢と希望を与えるプロジェクトとして開催されたのが<LOTTE×Sony Music『歌のあるガム』プロジェクトCM・メジャーデビューコンテストNEXT>。第一弾となる今回のコンテストでグランプリに輝いたアーティストは、ロッテのCMソングに起用され、ソニーミュージックからのメジャーデビューが約束される一大プロジェクトだ。

10月10日(土)、ZeppTokyoで開催されたFINAL LIVE'09にて、全国から応募された約5,000組のアーティストの中からユーザー投票を含む、いくつもの選考を通して選ばれた5組のアーティストによる決勝大会が行なわれた。グランプリの座を賭けてライヴ・パフォーマンスが行われ、5人組のuniverseが見事、その栄冠を勝ち取った。

ロッテのCMソングへの起用と、ソニーミュージックからのメジャーデビューが約束されたuniverse、「今日のことは一生忘れません。これからもいい音楽作っていくので、聴いて下さい!」と、その感動と心意気を語った。

universeは、1986年生まれの幼ななじみによるメンバーで構成、高校1年生のときに結成されたバンドだ。毎週大宮で行なうストリートライヴでは常時100人以上を集める実力を持つ。5人そろったルックスにも目を引き、惹きつけられる暖かでちょっと切ないメロディと、透明感にあふれたボーカルが魅力的だ。

また、オーディエンスからの投票で最も多くの票を集めたベストパフォーマンス賞にはThe Magical Steppers.が、グランプリには選ばれなかったものの「ソニーミュージックが育成契約を結ぶアーティスト」に贈られるSony Music賞にキタオユカ、The Magical Steppers.が、一定期間「Fit's」の投票キャンペーンで、1位を獲得したアーティストに贈られるFit'S賞にuniverseが、それぞれにその栄冠を手にし喜びを分かち合った。

なお、このZeppTokyoで行なわれたFINAL LIVE'09では、スペシャルゲストとして、伊藤由奈が登場、メジャーデビューを目指すアーティストの卵達の前での圧巻のパフォーマンスを披露し、会場を大いに沸かせた。



公式サイト http://www.universe-net.jp/
posted by わーぼう at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年12月11日

「スノープリンス」のメロディは今話題のポップオペラ歌手の手による作品だった

今日は森本慎太郎くん率いるスノープリンス合唱団が2つの歌番組に出演、「スノープリンス」という楽曲は今の季節にすごくぴったりで気持ちを穏かにさせてくれるやさしいメロディ、いいなぁと思ってテレビを見ていたんですが、テロップを見てあれ?と思ったので記事にしました。「スノープリンス」の作曲は藤沢ノリマサ、クロード ドビュッシーによるものなんですが、この藤沢ノリマサっていう方は「ポップ オペラの貴公子」と呼ばれて人気が急上昇中な方だそうで平原綾香さんと共演したり、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をカバーしたりとメディアで頻繁に取り上げられているようです。
シングルはすでに6枚をリリース、6枚目のシングル「Domani 〜明日をつかまえて〜」は船越英一郎主演の大人気ドラマ、「その男、副署長」の主題歌になっていてドイツの作曲家ヘンデルが作曲したオペラ、リナルド よりサラブライトマンやヘイリーウェステンラらも歌った有名なアリア私を泣かせてください」(ラシャ・キオ・ピアンガ)をモチーフにしたポップオペラに仕上がっています。


年明けには平原綾香さんとのデュエット曲をリリースするようでこんな記事もあったので紹介しておきます。

平原綾香、お相手は“ポップ・オペラの貴公子”! 映画「オーシャンズ」テーマ曲。 10月27日配信 Musicnet

平原綾香、初のデュエット曲の発売が決定! お相手は“ポップ・オペラの貴公子”として人気上昇中の藤澤ノリマサ。

デュエット曲は、2010年1月22日公開のドキュメンタリー映画「オーシャンズ」のテーマ・ソングで、10月17〜25日に開催された第22回東京国際映画祭ではオープニング作品となり、開催初日には監督や鳩山由紀夫首相、宮沢りえらとともに平原綾香&藤澤ノリマサがグリーンカーペットに登場しました。

クラシック・カバー・アルバム『my Classics!』に続いて、シューベルトの名曲をカバーしたPOLA“B.A ザ クリーム”CMソング「Ave Maria!〜シューベルト〜」を10月21日にシングル発売したばかりの平原綾香。クラシックやオペラの有名なフレーズをサビに起用し、その歌唱法もポップスとオペラ(クラシックの歌唱法)を融合させた“ポップ・オペラ”というスタイルで人気急上昇中の藤澤ノリマサ。

ふたりが歌うテーマ・ソングはベートーヴェンの「悲愴」を元にした「Sailing my life」、来年1月13日にリリースされます。






posted by わーぼう at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年11月05日

天てれ史上初のオーディション→CDデビューユニット「Dream5」

今週初めに「エイベックス・3度目のキッズユニット売り出しはどうなる?」という記事でDream5紹介しましたが音楽系サイトがついに記事を出してきたので紹介。


杉浦太陽が涙して喜んだローティーンダンスグループ、Dream5がデビュー 11月5日 BARKS 記事

NHK教育『天才てれびくんMAX』といえば、子供たちが大好きなTV番組のひとつ。この番組内で一般オーディションをして合格者メンバーでユニットを結成、さらにCDデビューするという、番組史上初の試みが行なわれた。

そもそもは、“『天てれ』が誇る歌姫・重本ことり(中1)と「MTK」を一緒に歌える!!”という企画から立ち上がったコーナーで行なわれた全国規模のオーディション。全国1,500通を超える応募の中から、ヴォーカリスト1名とダンサー3名の計4名を選抜した(ちなみに「MTK」とは、「MUSIC TV KUN」のことで、番組のエンディング曲の総称だ)。そしてこのメンバーと重本ことりとでユニットを結成することになり、ユニット名を公募したところ、これまた1000通を超える応募が。審査の結果“Dream5(ドリームファイブ / 愛称は「どりご」)”に決定した。

番組内では、そんな“どりご”が誕生するまでの経緯をすべて放送。さらにこの放送の反響から、ついにCDデビューまでも大決定。CDデビューについては、番組内生放送で、メンバーも知らない中、発表された。

ところで、この“どりご”の誕生を、生まれる前から見守っていたのが、番組のMCである杉浦太陽。MTKオーディションから決定までのコーナーを担当し、そのすべてを見守ってきた彼だけに、CDデビューが発表された際には、メンバーの熱い想いや頑張りを思い出して、思わず目には涙が。番組では、彼らのCDデビューの感動と喜びを、メンバー、杉浦、そしてスタッフみんなで分かち合った。

そんなDream5が11月4日にリリースしたデビューシングル「I don't obey 〜僕らのプライド〜」は、作詞作曲、アレンジがm.c.A・T。振付けはKABA.ちゃんが担当した。一度聴いたら忘れられないキャッチーでダンサブルな曲と彼らの映像は、オフィシャルサイトでも試聴可能だ。



注目のチャートですがオリコンディリーチャートは3日付で82位、4日に30位に上昇後、30位で推移、週末のリリースイベントでどのような動きになるか注目です。
posted by わーぼう at 20:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年11月02日

スノープリンス合唱団、デビューするメンバーは

『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』ワンワンワンの日・チャリティイベントに登場した主役の草太を演じた森本慎太郎と主題歌を歌うスノープリンス合唱団、メンバーは岸本慎太郎くん、中村嶺亜くん、栗田恵くん、大塚祐哉くん、堀之内竜也くん、岡田蒼生くん、羽場友紀くん、橋本涼くん、井上瑞稀くん、千野葵くん、そして森本慎太郎くん。総勢11名、ジャニーズ史上最年少のグループで、平均年齢10.5歳!となったようです。これをみると???って感じが。田中樹くんは?吉野くんは七五三くんは?みたいな感じも。またもや何かあったみたいですね・・・。
posted by わーぼう at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年10月28日

西野カナ、ヒルクライムに続いてブレイクか

11月2日付オリコン週間シングルチャートで西野カナ7枚目のシングル「もっと・・・」が6位に初登場、今まで着うたランキングやアルバムランキングでは上位にきていましたが、シングルでは初のベスト10入り、売上枚数は1.8万枚は前作「君に会いたくなるから」の初動0.5万枚から1.3万枚の大幅増になり、今年も最終盤になって新しいアーティスト誕生となりました。ここで記事もちょっと紹介


西野カナ 1週間で20万DL突破した切なさMAXのラブソング!!
10月23日HOT EXPRESSから

女子中高生を中心に絶大な支持を集め、シーンを疾走する新世代カリスマガール 西野カナ。リリースされたばかりの7thシングルが、全国のFMラジオで集中的なオンエアを獲得し、10月21日付けWEEKLY AIRPLAY CHARTにおいて10位へジャンプアップしました!! 

 日本テレビ系ドラマ「探偵M」主題歌に選ばれている『もっと…』は、恋人への不安や満たされない愛情をストレートに歌うセツナ系ラブソング。「絵文字1つもない」「どんな時でも離さないで」と、等身大の目線で描かれた彼女の想いが、恋愛中の女子のハートを震えさせること間違いなしの楽曲に仕上がっています。
 先週の約3倍ものオンエア数を誇り、総合でTOP10圏内初登場。そして邦楽のみを集計したWEEKLY CHARTでは5位にランクインするなど、上位へ向け好スタートを見せてくれました。また発売に先駆けて9月23日に配信が開始された着うた(R)は、1週間で20万ダウンロードを突破するなど、ケータイ世代の歌姫がラジオでも旋風を巻き起こせるのか注目です!


この人のデビューは2008年2月20日だそうではっきりいって昨年度は全くこの人の存在を全く知りませんでした。今年になってTERIYAKI BOYZのWISEがゲスト参加した5枚目のシングル「遠くても feat.WISE」で知って6枚目のシングル「君に会いたくなるから」でいいなぁと思っていたらアルバムが出て、そして7枚目で・・・って感じ、一歩ずつ着実にヒットへの階段を登ってきた人なんでそう簡単に勢いがなくなるとも思えないのでこれからの動きに注目です。


posted by わーぼう at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年10月09日

この秋一番の話題曲 ヒルクライム「春夏秋冬」

今年の春はどこに行こうか?
今年の夏はどこに行こうか?
春の桜も夏の海も あなたと見たい あなたといたい
今年の秋はどこに行こうか?
今年の冬はどこに行こうか?
秋の紅葉も冬の雪も あなたと見たい あなたといたい

今までいろんなアーティストが春夏秋冬を歌ってきましたがこんなラブソング今までありました?歌詞がすごく良くてメロディよりも先に耳を澄まして何度も何度も聞いたのはホント久しぶりです。この楽曲を紹介するかどうかでチャートの動きにずっと注目していましたが2週目も新曲の波に埋もれることなく10月8日のオリコンディリーチャートで上昇に転じたので紹介することにしました。



最初に火がついたのはヒットの前兆がわかる指標になっている「有線お問い合わせチャート」、ここで2ヶ月連続1位、そのあとも着うたで軒並み1位を記録してこんな記事が出ることに。


ヒルクライム、「春夏秋冬」8冠を達成!
10月5日CDジャーナルから

「今年の秋はどこに行こうか? 今年の冬は……」のサビが印象的な、ヒルクライムの2ndシングル「春夏秋冬」。着うた(R)などの配信サイトで軒並み1位を獲得! 計8冠を達成したことが明らかに! また、9月30日に発売されたシングルCDも好調にセールスを伸ばしており、今後さらなるビッグ・ヒットとなる予感!

 8月下旬より、モバイル配信サイトならびにPC配信サイトで配信がスタートした「春夏秋冬」。今週のデイリーチャートでは、「レコチョク」着うた(R)/着うたフル(R)をはじめ、「music.jp」「dwango」「JOYSOUND」「Mysound」「mora」「iTunes」の8サイトで軒並み1位を獲得! また、この結果を裏付けるように、有線の月間問合せチャートではなんと2ヵ月(8・9月度)連続1位に輝いており、歌詞サイトランキングでの1位獲得も加えると、計10冠を達成!

 リスナーの大きな共感を得て、広がっていく「春夏秋冬」ムーヴメント。この暖かな世界観を体感してない人はぜひチェックを! またヒルクライムは、ライヴ・イベントが次々と決定中ですので、ぜひチェックを!


新潟から全国へ! Hilcrhymeの新曲がTOP3にランクイン!!
10月2日HOT EXPRESS

スマッシュヒットした前作『純也と真菜実』が、WEEKLY AIRPLAY CHARTの北陸エリアでNo.1を獲得。セールスだけではなくラジオでも大暴れしてくれたHilcrhymeですが、続いてリリースした2ndシングルもラジオで猛烈プッシュされ、9月30日付けWEEKLY AIRPLAY CHARTにおいて堂々の3位にジャンプアップしました!!

 メンバーのMC TOCをして「この曲を作るために9年、俺は歌詞を書いて歌ってきたのかもしれない」と語るその2ndシングル『春夏秋冬』は、大切な人への一途な想いを日本の美しい四季に重ね合わせた哀愁ヒップホップナンバーに。1年程前には出来上がっていたという今作ですが、ライブで歌う度に「あの曲は何?」との問い合わせが多く、本人もびっくりするほどなんだとか。彼らの自信と人々の反響が合致した、郷愁美あふれる渾身のラブソングにまだ聴いてない人は是非チェックしてみて下さい!

 1stシングルで話題を集めた勢いそのままに、地元の北陸エリアと邦楽 AIRPLAY CHARTでは2位を記録し、総合でTOP3へ食い込む急浮上を見せてくれました。さらに関東を中心に全国5つのラジオ局からパワープレイに推薦されるなど、注目の視線を独り占めする彼らから目を離せませんね!

※WEEKLY AIRPLAY CHARTは全国のFM、AMでオンエアされている楽曲を株式会社プランテックが調査・集計したオンエアチャートです※


久しぶりに新人アーティストがブレイク、おそらくこの感じだと下半期のチャートでもいい数字が残せそうな動き、これからの動きに注目です。
posted by わーぼう at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年09月08日

渡辺黎哉 関西ジャニーズJrに

最近キャレスのボーイズは流出が続きます。昔はボーイズだけでダンスユニットをいくつも結成してストリートシーンでも活躍していたんですけど・・・。8月に大橋和也くんの話をしたときすでに知っていてずっと黙っていた件がこの話、渡辺黎哉くんは以前DASH!!っていうユニットに所属していたんでヴィジョンファクトリー関係に精通しているひとやキャレスファンだったらこのユニットは知っている人も多いはずです。

このユニットの動画は昔ホームページや台湾系の動画投稿サイトに出していたんで多くの人が見ていて、さらにYouTubeに転載する人も多かったのでいったいどのくらいあるのかわからないくらい広がっているのも事実、DASH!!の応援サイトはLeadつながりで海外に波及して知っているだけで、台湾、香港、中国、韓国、シンガポール、カナダ、フランス、ドイツにまで広がっていていくつ応援サイトが立てられていました。(というのも昔海外のLeadのいくつものコミュニティに宣伝を自ら入れたこともあるのもあるし、台湾では「FACTORY GENERASION」という番組が放送されていてそのなかでDASH!!が紹介されたのも大きいようです)



昔はジャニーズJrからキャレス、ヴィジョンファクトリーって人もいたのにヴィジョンファクトリーからジャニーズって時代も変わりました。渡辺黎哉くんはヴィジョンファクトリーと養成契約していてDASH!!としてデビューするかと思われたんですが、DASH!!自体がダンスユニットとしてデビューすることなく、バンドに挑戦してみたり個々の活動に趣きをおくようになってついには解体、ヴィジョンファクトリーに2人が残り、1人はソニーレコードにいってもう1人は・・・って結果がこれでした。男性アイドルユニットはもうジャニーズ以外活躍は不可能って段階まで来た感じでしょうか。


この記事はまだまだ続きますのでチェックしてね!
posted by わーぼう at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年09月06日

わたなべゆう インストアライブat三木楽器・梅田

最近テレビやラジオでわたなべゆうさんのメロディが流れることが増えてきてます。SMAP×SMAPで「hau'oli」が使われたし、ズームインのお天気コーナーでも彼の曲は1ヶ月流れて聞いていました。関西に住んでいる人はMBS「ちちんぷいぷい」の7月のお天気予報でこの曲が流れていましたよね。



そして何よりもFM802で月1回「HIRO-T’S MORNING JAM」に出演してHIRO-Tさんの毎月のお題に合わせて曲を作ってきて演奏するコーナーもいつも楽しみにしていて・・・。

わたなべゆうさんの最初の紹介はもう2年前、2007年の12月、
あれ?朝9時台のFM802のヒロ寺平さんの番組に生出演していたひとだ!

わたなべゆうの生音聴けた!

わたなべゆう 2008年注目のアコギ奏者

と立て続けに紹介して動画も紹介しました。そのあともしばらくは平日の梅田や京橋で演奏を聞いていましたが昨年夏を最後に見ていなかったんですが昨日のインストアときたら30cmも離れているかいないかの超至近距離で堪能、昨日は楽器店でのインストアで(なにやら奥田民生さんがOTODAMAライブ前に買い物に来てたとか!)演奏以外に楽器の解説も入るちょっと変わった形式、



ポニョも手拍子に合わせて演奏されたし、ルパンも演奏とおもしろかったです。watanebeyuu.jpg

彼の演奏はいろんなところで聞けるんで直近の情報を

♪9月8日(火) ♪
梅田『阪急百貨店メンズ館』 〜2009AWファッションエキシビションNIGHT〜
18:00〜21:00
今シーズン話題のファッションを一堂にそろえ、お酒や音楽を楽しみながらお買物していただく、一夜限りのスペシャルイベントをこの秋も開催!ファッションショーやデザイナーのトークショー、ファッション専門家によるプレゼンテーションなども見逃せません。入場券(税込1,000円)は、8月29日(土)から当日まで、1階 ネクタイ売場カウンターにて販売。入場券1枚につき2名様までご入場いただけます。
お問い合わせ→(06)6361-1381

♪9月12日(土) ♪
大阪『万博記念公園もみじ川芝生広場』 〜風に吹かれて2009〜
■出演
馬場俊英
スターダスト・レビュー
SALT&SUGAR(塩谷哲+佐藤竹善)
山本潤子
岡野宏典
キマグレン
Skoop On Somebody
広沢タダシ

茉奈佳奈
オープニングアクト わたなべゆう
13:000OPEN 14:30START
ブロック指定 \4,800 ピクニックエリア \4,500
お問い合わせ→キョードーチケットセンター06−7732−8888

♪9月20日(日) ♪
淡路島『明石海峡公園』 〜LIVE FESTA〜

♪9月21日(祝) ♪
難波『 ART YARD 』 SQUERA PACK vol3 お問い合わせ→TEL 06-6585-7212  HP→http://www.artyard.jp/artyardstudio/
¥1000(1ドリンク別途)
18:30〜21:00(わたなべゆうの出演は19:30〜の予定です)
Live Act:わたなべゆう/ the cubridemens

♪9月23日(祝) ♪
山崎『レリッシュ』 『Humming Life』発売記念ライブ  お問い合わせ→TEL/FAX  075-953-1292
¥1500 ちびっ子¥500(要予約)
18:30OPEN 19:00START

♪9月25日(金) ♪
FM802『HIRO T'S MORNING JAM』 朝9時台

♪9月27日(日) ♪
京都『京都駅ビル大階段 室町小路広場』 〜ビッグイシューサポートライブ The Change is in your pocket〜
16:00〜20:00
観覧無料!
出演 MAKOTO わたなべゆう and more... 司会 浅井博章(FM802)

posted by わーぼう at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年08月10日

BRIGHT「Feelin You」ってもう発売してるの?

BRIGHTのシングル「Feelin You」って8月5日に出たんですよね?なんだか今回は出たのか出てないのかわからないくらい盛り上がってない気が。オリコンのチャートも30位内に入っていない気がするんですが・・・。せっかくいい歌なのに宣伝の仕方が下手すぎて話題にもなっていない・・・。avexは果たして売る気があるのか疑問です。




posted by わーぼう at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年07月04日

この勢いは本物!JASMINE 大ヒットの兆し

みなさんは「JASMINE」ってアーティストをご存じですか?このアーティストを知ったのは自身も先週のオリコンディリーチャートでの動きで気になる動きをしたから。今週も新曲ラッシュの中週末にかけて上昇を続けていて化けそうな予感がするので今のうちに紹介しておきます。まだ知らない人は早めのチェックお薦めします。



この「JASMINE」って人は声に非常にインパクトがあって一度聴いたら気になる声質の人、CDショップの視聴機で他の曲を聴いてもとにかく耳に残ります。メディアも盛んに取り上げていて大きく化けそうな予感です。

有線オンエアと同時に問い合わせ殺到、驚異の新人JASMINEデビュー
6月4日 BARKS


5月度有線問合せチャートでダントツの1位を獲得した「sad to say」。有線でオンエアされるや、「“CRY CRY 泣いて泣いて”で始まる歌は何ですか?」という問い合わせが全国で相次いだという大注目の楽曲だ。

「sad to say」は、現在20歳の女性シンガー、JASMINE(ジャスミン)のデビュー曲。「クソくらえ、思い出なんか…」という剥きだしのリアルな感情と天性の歌声が聴き手に突き刺さる。

2009年2月には、J-WAVEのスタッフが「sad to say」のデモ1曲を聴いただけで、彼女のレギュラー番組制作を即決するという異例な事件が起こり、「スゴイ新人のスゴイ曲があるらしい」と業界内にその噂は拡大。「JASMINEの存在に触れた人は皆、そのヴォーカルとメッセージのエネルギーに触発され、彼女を強力にバックアップせずにはいられなくなる魅力と才能を持った、恐るべき、時代を変える20歳」と絶賛される。

そして5月からの有線オンエアと同時に全国から問合せが殺到し、5月度有線放送問合せチャートでダントツの1位を記録。そしてこの勢いはますます加速し、6月度の全国ラジオ局ヘビー・ローテーションも大量獲得、CS音楽チャンネル各局もパワー・プレイにセレクトしている。さらに、モバイル配信サイト「レコチョク」の6月CM楽曲にも大抜擢されるなど、「sad to say」1曲の強力なインパクトが全国に波及しはじめている。

「音楽。生き甲斐ってゆうより、生まれた理由だって信じたい」(JASMINE blogより)と語るJASMINE。歌うために生まれてきたJASMINE、彼女が世を席巻するのはまさしくこれからだ。



最近の傾向は有線お問い合わせチャート、全部が全部ヒットに結び付くわけではないですが、ここがきっかけになるのが多いのも事実、着うたヒットや各局パワープレイに採用へつながって盛り上がればおのずと売りへつながっていくわけでこんな感じで最近は紹介されています。

ポスト宇多田!JASMINE、デビュー前史上初1位!
6月30日 スポーツ報知


 インターネットで「宇多田ヒカルの再来」と話題を呼んでいる新人歌手がいる。24日にシングル「sad to say」でデビューした女性歌手・JASMINE(ジャスミン=20)。音楽配信大手「レコチョク」の着うたフル週間チャートで、CDデビュー前の新人として史上初となる初登場1位を獲得。26日に発表されたレコード協会の配信チャートでも1位を獲得する異常事態となっている。

 ほとんどテレビに出ていない無名の新人が、音楽配信チャートで上位をにぎわせている。

 24日にシングル「sadtosay」でCDデビューしたジャスミン。同曲はCD発売に先駆け17日に「着うたフル」の配信を開始したが、週間チャートでGIRL NEXT DOORら人気アーティストを抑え初登場1位を獲得。CDデビュー前の1位は史上初だ。

 関係者も戸惑う近年まれな、タイアップなし、露出なしでのヒット。インターネットの書き込みと、口コミ中心で楽曲が広がっている。中でも多いのが、宇多田ヒカルと比較する意見だ。

 宇多田もデビュー前のプロモーションはラジオ出演のみで、10代から自分で作詞・作曲するなど共通項が多い。「宇多田を初めて聴いたときと同じ衝撃」、「宇多田の再来」という声が顕著。プロデューサーのソニーミュージックの担当・木村武士氏にも関係者から同意見が多く寄せられている。ジャスミン本人も宇多田を尊敬しており「恐れ多いです」としつつ「昔から聴いていた人だから影響は受けているはず」と受け止めている。

 ジャスミンは13歳のときに米軍横田基地の夏祭りでゴスペルクワイア(聖歌隊)のライブに衝撃を受け入部。すぐにリードボーカルを務めるなど才能を発揮。高校を1年で中退し本格的に歌手を目指し約1年後、ソニーミュージックのオーディションで見いだされた。

 「sad−」は、19歳のときに自ら作詞・作曲。大切な人との別れを描いた切ないラブソング。歌詞には「ちくしょう」、「クソくらえ」といった女性らしからぬ?言葉も出てくるが、逆に今の10代女性のリアルな気持ちをえぐり出し共感を呼んでいるようだ。

 98年に宇多田がデビューしてから11年。ジャスミンは次の10年を担う歌手になれるか。

 ◆JASMINE(ジャスミン) 本名非公表だが、ジャスミンの由来は名前の「あすみ」から。1989年5月19日、東京都生まれ。20歳。17歳から渋谷のクラブなどで本格的な歌手活動を行いソニーミュージックのオーディションに合格。4月からJ−WAVE「MUSIC WONDERLAND」木曜日レギュラー。



楽曲と歌声が「10年に一人」 「JASMINE」売り出すソニー戦略
6月30日 J-CASTニュース

 デビュー前なのにデビュー曲が「着うた」有料配信で売上げランキング1位になった20歳のシンガーソングライターがいる。「JASMINE(ジャスミン)」。「着うた」のヒットからCDセールスを狙う戦略が実を結ぼうとしている。この「ポスト宇多田ヒカル」と称される「JASMINE」は、プロモーション戦略も宇多田ヒカルの売り出しを参考にしているという。

■史上初「着うたフル」デビュー前NO.1

 「JASMINE」のデビュー曲は「sad to say」。R&Bエッセンスが盛り込まれていて、本人が19歳の時に作詞、作曲をした。出身は東京で、13歳でゴスペルの聖歌隊に加入し、15歳でアメリカ遠征に参加したことが後の音楽活動に影響を与えた。17歳から都内のクラブを中心に歌手活動を始め、レコード会社大手と契約。2009年6月24日にデビューした。

 彼女はデビュー前から「異例」続きだ。配信サイト「レコチョク」の「着うた」で09年6月3日、デビュー曲を有料配信したところ、週間ランキングでいきなり3位。同17日から同サイトの「着うたフル」で配信したところ、週間ランキングで初登場1位になった。CDデビュー前の1位は史上初。また、レコード協会「着うたフル」の有料音楽配信チャートでも初登場第1位になっている。これまで「着うた」「着うたフル」でのダウンロード数は20万。さらに、09年4月からラジオ「J-WAVE」で1時間のレギュラー番組が始まっているが、彼女の歌が気に入ったというラジオ担当者からの強い要望によって決まったという。

 新人歌手がいきなりヒットする場合、企業とのタイアップ広告や、テレビなどを使ったプロモーションがあるのが一般的だ。しかし、彼女はそうした露出はない。公式サイトやブログができたのもデビューの日だった。

 実は、これは彼女が所属するソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズの戦略。彼女のメインターゲットは中高校生だと決めたときに、CDを買うよりも「着うた」でダウンロード購入する層だと判断した。そして、「着うた」をきっかけに楽曲が有名になれば、CD購入にも繋がっていくと考えたのだ。

 まずは「着うた」でヒットを狙うため、彼女の情報は一部の携帯サイトだけに置き、楽曲は09年5月中旬から有線放送だけで流した。楽曲は好評で、有線の「問い合わせチャート」で1位になったが、ファンは彼女について知ろうとしてもメディアに露出はなく、パソコンのインターネットでも検索できない。やがて口コミや掲示板などへの書き込みで、ケータイサイトに情報があるということがわかっていく。多くのファンがそのサイトに集まった時を狙い「着うた」を配信。ヒットに繋げたという。CDが発売されたのは09年6月24日で、オリコンの週間ランキングでは13位。デイリーランキングでは27日からベストテンの常連になっている。

■「宇多田ヒカルの売り出し方を参考にしている」

 こうした戦略ができるのも、彼女の楽曲と歌声が「10年に一人」と言えるほど時代を変えるほどの実力があるからだ、とソニー・ミュージックは話す。10代から作詞作曲をしていることや、R&Bテイストの楽曲などから、デビュー当時の宇多田ヒカルを彷彿とさせるものがあり、そのため、

  「JASMINEをプロデュースする際、宇多田ヒカルさんの売り出し方を参考にしている」

と同社は打ち明ける。そういえば、ラジオのパーソナリティーは勤めるが、テレビに出なかったり、情報が少なくベールに包まれていたり、と共通する部分が多い。現在の楽曲がヒットしていても、当面はテレビ出演をする予定はないという。宇多田ヒカルがデビューして10年。その10年に一度次の時代に塗り替える存在として「JASMINE」を育てていきたいと同社では話している。
posted by わーぼう at 00:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年06月08日

中山優馬w/B.I.Shadow、Hey!Say!JUMP!の山田、知念とNYC boysでバレーを応援

中山優馬w/B.I.Shadowデビューの記事が出た時、バレーの応援はしないのかと思っていましたが結局はするだなということでこの記事を紹介。


NYC boys、女子バレー応援します!(6月8日・サンケイスポーツの記事から)

優馬の快走が止まらない。今月3日に5人組「中山優馬w/B.I.Shadow」としてメジャーデビューすることを発表したばかり。続けざまに“先輩格”「−JUMP」の人気者との期間限定ユニット結成が発表された。

 この日、東京・丸の内の東京国際フォーラムでジャニーズJr.のコンサートが開かれた。午前10時から午後8時までに90分のライブを計4公演こなす驚異的なスケジュール。1日4公演は同会場の新記録で、若い女性ばかり2万人を集客した。

 大阪拠点の優馬にとっては、初の東京公演。まさに、記念すべき“全国進出”を祝うように、新グループ「中山優馬w/−」のデビュー曲「悪魔な恋」(7月15日発売)をライブ初披露した。

 さらに優馬は「重大発表があります!!」と切り出し、新グループ5人に「−JUMP」の山田、知念が合流する形で「NYC boys」をお披露目。ユニット名は3人の頭文字を取って、所属事務所のジャニー喜多川社長が命名した。

 「ビックリした。JUMPと一緒にユニットを組むのはスゴイこと」と感激ムードの優馬。同年代だが、CDデビューは先輩の山田と知念に敬意を表した。一方の山田は「JUMPでは先輩に引っ張ってもらう立場。ここでは引っ張っていく責任感を感じる」とキッパリ言い切り、7人で新曲「NYC」を軽やかに熱唱した。

 フジテレビでは、7月31日から8月23日まで3カ国で開催される「女子バレー」を完全中継。日本の2会場(東京、大阪)には、7人が応援に駆け付ける予定。勢いのある若き新ユニットが、大会をさらに盛り上げそうだ。

(さてここで中山優馬w/B.I.Shadowのメンバーをおさらい、中山優馬 松村北斗 中島健人 菊池風磨 高地優吾の5人組が中山優馬w/B.I.Shadowです。)

中山優馬w/B.I.Shadowってどのくらいの認知度があるんだろうって気になったんですが、あるBlogで「6月7日に行われたJr.のコンサートを見る限りだとA.B.C-ZやMis Snow Manに声援で負けていた」とあり、まだまだジャニーズファンの間でも人気はないのかもなんて思ったりして。

ところでA.B.C-ZはわかりましたがMis Snow Manって誰よ!と思ったので調べました。

メンバーは深澤辰哉・佐久間大介・渡辺翔太・真田佑馬・野澤祐樹・
宮舘涼太・岩本ひかる・阿部亮平でオリジナルもあるのだとか



これを見てちょっと乱暴な言い方かもしれませんが東方の年齢の下がった版か?と思ってしまいました・・・。



知名度を上げる手段としてやっぱりバレーは外せないのでしょうがいつもこのパターンっていうのもどうなんでしょうね。でも出るからにはV6やHey!Say!JUMP!に負けない個性でやってほしいんですがどうなんでしょうね。がんばってやってほしいですね。スクール革命オーディションで合格した高地優吾くん、2回目の歌披露は前回よりもちょっと成長した感じが見て取れますね。今後彼はどうなっていくんでしょうね、楽しみです。








さてシングルの出る15日の競合するアーティストを見ておくことにします。

・STAY コブクロ  
・ホタルノヒカリ いきものがかり
・美しき日々よ/さよならはいつも側に 清水 翔太
・泣いてもいいですか ヘキサゴンオールスターズ
・Starting Over レミオロメン
・SUMMER RIDER DA PUMP
・心のアンテナ 中川 翔子
・Party People スガ シカオ
・永遠 木山 裕策



中山優馬くんのお姉さんってハロプロ関西の中山菜々さんなんですね。



(関連記事)
ジャニーズ新ユニット「中山優馬withB.I.Shadow」ドラマ主題歌でデビュー
中山優馬・関西ジャニーズJrがドラマ版「バッテリー」の主役に
NHK連続ドラマ「バッテリー」ロケの様子を紹介
ドラマ版「バッテリー」主題歌はMr.Children
ドラマバッテリー撮影情報2
posted by わーぼう at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2009年06月06日

中山優馬 with B.I.Shadow「悪魔な恋」Mステ披露

中山優馬 with B.I.Shadow「悪魔な恋」がMステで披露されました。



かならずジャニーズってMステからスタートしますね。そのあとは?注目は「HEY!HEY!HEY!」かな?おそらく突っ込みが入りそう、いじられそうなのは高地くんかな?彼はまだ入りたてで初々しさがまだまだありますがいったいどんな風に変わっていくのか楽しみです。

(関連記事)
ジャニーズ新ユニット「中山優馬withB.I.Shadow」ドラマ主題歌でデビュー
中山優馬・関西ジャニーズJrがドラマ版「バッテリー」の主役に
NHK連続ドラマ「バッテリー」ロケの様子を紹介
ドラマ版「バッテリー」主題歌はMr.Children
ドラマバッテリー撮影情報2
posted by わーぼう at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年05月15日

声に力を感じる歌姫 菅原紗由理「キミに贈る歌」

最近ご無沙汰しています。今回どうしても紹介したいアーティストがいてここで紹介します。

菅原紗由理「キミに贈る歌」


ふとした瞬間この人の歌が耳に入ってきたんですが声に力があって耳から離れない楽曲で最近はかなり聞き込んでいるアーティストの1人です。で、菅原紗由理さんはまだデビューしたての新人アーティスト、ですが有線の問い合わせチャートでは2月にfeat.FEROS「Destiny」が3位に3月には「キミに贈る歌」が2位に、4月には「キミに贈る歌」が1位にランキングと常に注目されていたという・・・。今回4月に出たのはデビューminiアルバム「キミに贈る歌」、個人的は1曲目のタイトル曲と4曲目の「強くなりたい」が好きかな?今年前半の一押しアーティストです。聞いたことがない人は絶対聞いてほしいアーティストです。聞いて絶対後悔しないしいいと思うはずです。ぜひぜひ!

ここで記事も2つ紹介しておきます。

菅原紗由理、デビュー作『キミに贈る歌』が絶好調!
4月22日 CDジャーナル

 次世代の“歌姫”として注目を浴びる菅原紗由理。4月8日にリリースされたデビュー・ミニ・アルバム『キミに贈る歌』が絶好調!

 4月10日よりスタートした、「レコチョク」を含む携帯音楽配信サイト(5社)による着うたフル(R)ウィークリーランキング“レコ協チャート”にて、新人ではBENI、YU-A、遊助に続いて4位にランクイン! 早くも配信10万ダウンロードを突破しています!

 PC音楽配信サイトの「mora」「OnGen」「Musico」でも、シングル・アルバムランキングともに1位に輝き、新人では異例の快挙を達成。さらにiTunesでは、並み居る大物に交じり、総合トップソング、トップアルバムともに2位! 大きな注目を集めています。

 3月後半、有線放送で「キミに贈る歌」のオンエアがはじまった直後より、問い合わせが殺到し(CANシステム3月度問い合わせチャート2位)、その後も勢いは止まらず、瞬く間に4月度上半期問い合わせチャート1位へ。4月15日付けのUSEN総合チャートでも10位にもランクイン、街中で彼女の歌を耳にするように。

 この「キミに贈る歌」は、配信ダウンロードだけでなく、全国のCDショップからの問い合わせも大量に寄せられており、タワーレコード、HMVより、彼女に対する期待と、店頭での実感がこもった熱いコメントが届いています。

 通常行なわれる大々的な全国キャンペーンを行なわず、18歳の等身大のミュージック・ビデオと、音源のリリースだけで、その存在を多くのリスナーへ伝えた菅原紗由理。今後も目を離さず。


菅原紗由理「キミに贈る歌」配信10万ダウンロードを達成!4月17日 リッスンジャパン

4月8日にリリースされた次世代の歌姫、菅原紗由理のデビューミニアルバム『キミに贈る歌』が絶好調だ。4月10日よりスタートしたレコチョクを含む携帯音楽配信サイト5社による着うたフル(R)ウィークリーランキング“レコ協チャート”にて新人ではBENI、YU-A、遊助に続いて4位にランクインし携帯世代を中心に早くも配信10万ダウンロードを突破した。

PC音楽配信サイトのmora[モーラ]、OnGen、Musicoでもシングル、アルバムランキング共に1位に輝き新人では異例の快挙を達成。さらにiTunes Music Store では並み居る大物に混じり総合トップソング、トップアルバム共に2位を見事獲得した。インターネットを介し、携帯、PCユーザーの双方向から注目されるというまさに次世代を感じさせる存在だ。

3月後半から有線放送で“キミに贈る歌”がオンエアーされ始めた直後より、問い合わせが多く寄せられ、CANシステム3月度問い合わせチャート2位、その後も勢いは止まらず瞬く間に4月度上半期問い合わせチャート1位に駆け上がった。4月15日付けUSEN総合チャート10位にもランクインし街中で彼女の歌を耳にするようになった。

この“キミに贈る歌”は配信ダウンロードだけでなく、全国のCDショップからの問い合わせも大量に寄せられており、大手CDショップのタワーレコードスタッフ「スターの素質を秘めたティーンネイジ・ディーヴァ!地元・東北はもとより、全国のタワーレコードでバックアップしていきます!」、同じく大手CDショップチェーンのHMVスタッフからも「初めて彼女の音に出会って以来、にわかに点き始めたかと思われた火は、既に大きな火柱に。店頭でもその火は日々勢いを増しており、自信が確信に変わる瞬間を見た気がしました。」といった菅原紗由理に対する期待と店頭での実感を込めた熱いコメントが届いている。

今年3月に高校を卒業し、進学の為に上京をしてデビューを控えた彼女は、通常行われる大々的な全国キャンペーンを行わず、18歳の等身大のミュージックビデオと音源のリリースだけで多くのリスナーに届くという驚くべき結果となり、リスナー自らが見つけ出したアーティストとして広がり続けている。非常に多くの情報が溢れる時代に出会った“キミに贈る歌”の奇跡を是非体感して欲しい!





タグ:菅原紗由理
posted by わーぼう at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2009年04月25日

イケメンデルの法則に菅野篤海

4月から始まった関西テレビの木曜深夜の番組「イケメンデルの法則」、次長課長と毎週週替わりで3人のイケメン、女性ゲストを迎えて・・・。
公式HP
http://ktv.jp/ikemendel/index.html

4月30日に登場するのイケメンは、吉田友一、菅野篤海、飯沼誠司。

???菅野篤海くん?
菅野篤海くんもここで古くから紹介している1人です。最初はジュノンボーイコンテストにって話にはじまり、ダンスユニット「D−SHINE」で札幌・東京・大阪でストリートライブをしたときは東京・大阪のストリートライブに何度か見に行ってここでもレポートをしてきました。ソロになってからも時折紹介をしてきていますが、ここではごくせんに続く紹介になりました。今回の番組の内容は・・・


1.「恋愛遺伝子審査 ラブ・ゲノム・テスト」
過去の恋愛エピソードから恋の基礎的能力を審査するコーナー。
女性ブレーンゲストのSHELLYのリクエストで、「キュンとくる女性の仕草」をイケメンデルの3人が激白!!
吉田友一は、得意のモノマネも披露。イケメンが繰り出すモノマネとは?

2.「返信イケメールテスト」
女の子から送られたメールに、イケメンデルは一体どんな返信メールを送るのか?返信メールで、イケメンデル係数を判定します。
恋のかけひきに、今や、メールは必須アイテム。
今週のお題は、クラスメイトの女の子から届いた「映画通のyouに質問。今夜、パパ(リアルパパだよ)と一緒に見るDVDを探してる。おすすめプリーズ」というメールへの返信。
果たして、イケメンデルたちは、どんな返信をするのか!?

3.「即興恋愛リアクションテスト」
恋のチャンスが生まれる様々な設定でイケメンデルがどのような行動をとるのかリアクションを判定!!
今週のお題は、「明日、あなたは合コンに行きます。隣の席に座ったのは、かなり好みのタイプの女の子。楽しい時間を過ごす中、女の子があなたの手を取って一言、『男の子ってやっぱり手が大きいね。頼もしいなあ〜。』彼女との関係を、一歩進めたいあなたは、どんなリアクションをとる?」。

さて、3つのコーナーで「イケメンデル係数」が最も低かった=恋愛能力が著しく低いイケメンの「ボトメンデル」には、「ボトメンデル矯正プログラム」が待っています。
はたして、矯正プログラムを受けるのは、どのイケメン!?

いったいどんな感じになるのかな?
posted by わーぼう at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2009年01月19日

ジュノンロックボーイの仁田宏和 ClipCloverで活動再開

ジュノンロックボーイの仁田宏和が1月17日吉祥寺プラネットKで行われたライブでTeam四つ葉として参加したんですが、どうもユニット名・CLipCloverで活動を再開したようです。



MySpaceにもサイトができてます
http://www.myspace.com/clipclover

http://m.myspace.co.jp/clipclover(携帯)

メンバーはVo仁田宏和、Gt山崎聡、Ba浅野友仁、key鈴木ゆかり、Dr一史。

バンド結成にあたっての紹介文
「世界を変えられなくてもいい、何も変えられなくてもいい。
たったひとつだけできること・・・掴みたい。」
子供の頃、四葉のクローバーを無邪気に探した思い出。
ありふれた日常の中で本当の「幸せ」とは何か、大人になるとわからなくなる。
小さな幸せは街中に溢れているのに、退屈なプライドが邪魔をして探すことさえ諦めてしまう。
大きな変化や新しい世界などは必要ない。目の前の現実の中にある小さな幸せを見つけ出したい。
彼らはただミュージシャンとして音楽をその手段に使っただけ。
クローバーの色を自由自在に変化させるCLip CLoverの音楽を通して、
自分にとって大切なものが何なのか、きっと見つかるはず。
posted by わーぼう at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年12月03日

清水翔太の1stアルバムが2位にランクイン、松下優也ついにシングル発売に

2年前までダンスボーカルユニット「SUGER」のメンバーとして活動していた清水翔太、松下優也の2人



-------------------------------------------------------------------------------
ちなみに上の動画は自分が以前に動画公開サイトで公開した動画をbonbababoっていう人が無断で使用して自分のもののようにUPしたものです。bonbababoさんが公開している動画のうち18もの動画が自分自身が作った動画、無断使用なんでちょっと嫌なんですけどね。
-------------------------------------------------------------------------------

この1週間は清水翔太、松下優也の2人が記事になっていて、雑誌「BARFOUT」では表紙が清水翔太、裏表紙が松下優也という豪華なつくり、この雑誌はぜひぜひ記念に入手しないといけません。では記事を紹介します。

清水翔太、平成生まれ初のオリコン・アルバム・ランキングTOP3入り 12月2日 BARKS記事

11月26日にリリースされた清水翔太の1stアルバム『Umbrella』が、12月8日付けのオリコン・アルバム・チャートで2位を獲得したことがわかった。平成生まれのアーティストが同チャートでトップ3入りを果たすのは、史上初だという。

『Umbrella』は、清水の19歳の視点から描かれた全曲本人作詞曲のアルバムで、当初は10代からの共感を得ると見られていたが、“癒される”“忘れかけていたものを思い出した”との口コミが広がり、20代30代からの支持を拡大し、一気にチャートを駆け上った。

清水翔太は、2007年11月の無名時代にN.Y.のアポロシアターに立ったことから話題になり、2008年2月のデビューシングル「HOME」では、10代男性シンガーソングライターでオリコン史上初の初登場5位を記録。続く2ndシングル「アイシテル」では同4位と自身の記録を塗り替えていた。

次々に記録を更新していくことを尻目に本人は、「僕がかつて音楽に助けられたように、このアルバムがひとりでも多くの人の人生の傘になって欲しい」と謙虚な姿勢を崩さないのも人気の秘密と言えそうだ。

ヴェテランのリヴァイバルが話題の中心になったり、女性優位が囁かれる日本の音楽業界において、歌とラップ両方のスキルを併せ持ち、きわめて等身大かつ独自の視点で恋愛、友情、そして人生を語る平成生まれの男性、清水翔太はまさに、久々に現れた超新星。10年後の音楽業界を牽引する存在になるのかもしれない。

2009年春にはアルバムを引っさげてのツアーも予定されているので、こちらも見逃すわけにはいくまい。

●清水翔太コメント
「今回、1st Albumである『Umbrella』を沢山の人が手にして頂いた事を本当に嬉しく思っています。今の自分を最大限に表現できたアルバムだと思っています。このアルバムが、より多くの人の“傘”になれば嬉しいです。これからも良い音楽を作れるよう頑張ります。今後とも応援よろしくお願いします」




今年最後の大物新人 松下優也に大注目! 11月28日 HOT EXPRESS記事
今年9月に有線放送「月間お問い合わせチャート」で第1位を獲得するなど大きな話題となっていた、R&Bシンガー・松下優也のデビューシングル『foolish foolish』が、ラジオでもオンエア急増! 11月26日付のWEEKLY AIRPLAY CHARTにて、84位から12位へと大ジャンプアップしました!

 平成2年生まれ、神戸在住の18歳。幼い頃からアメリカの映画や音楽に親しみを持ち「歌いたい」という衝動に突き動かされ、15歳の時に単身訪れた憧れの街ニューヨークでシンガーになる決意をしたという松下優也。メジャーデビューを飾った本作は、EXILEの大ヒット曲『LOVERS AGAIN』や『The Birthday 〜Ti Amo〜』を手掛けたヒットメーカー・Jin Nakamura書き下ろしの1曲に。スムースでクールなサウンドに、内面から溢れ出る儚さと切なさが宿った歌声が心地良い、美メロR&Bチューンに仕上がっています。

 「月間お問い合わせチャート」から大ヒットにつながったアーティストといえば、清水翔太・キマグレン・Lil'B、昨年のGReeeeN・Soulja feat.青山テルマなど枚挙に暇がありません。結果、CDのヒットに繋がるというここ最近のパターンに彼も乗るハズ。 絶対に聴き逃すな!
posted by わーぼう at 12:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年10月30日

「foolish foolish」でCDデビューの松下優也、映画にも出演

2006年夏、ソロとしてデビューすることを決意して一番最初にステージで披露した曲「foolish foolish」、現在多くの人が有線に問い合わせをしてリクエストをして有線の総合チャートでも20位に入る快挙になっているようです。楽曲について最近いろいろ言う人が多いようですが、そんなことは2年前の8月にステージで披露した時にはすでにわかっていたことで、今頃いろいろ言ったところで何も変わらないのではという気がします。私自身も2006年8月にステージで歌われるのを聞いたときに「どこかで聞いたことのあるフレーズだなぁ」とは思いましたが周りからは何もそれについては出てこなかったのが事実で、意外とこれを期待してのリリースだったりして・・・下の動画は以前「ストリートライブ映像館」http://jp.im.tv/myvlog/streetlive
で公開していたんですが容量の関係で削除したんですがYouTubeで公開している人がいるんでみてください。


今年の春のステージではこんな曲も歌っていました。



さて今回はこれとは別の話題がちらっと出てきたのでその記事を紹介

松下優也デビュー曲が有線月間1位(10月30日 スポーツ報知)
 歌手・松下優也(18)のデビュー曲「foolish foolish」が、11月26日の発売を前に有線問い合わせチャートで月間1位(9月)になったことが29日、分かった。デビュー前の1位はGreeeeN「道」、清水翔太「HOME」などが記録し、いずれもCD発売後に大ヒット。「foolish−」はダウンロード数も30万件に達している。
 松下は小6のとき、清水らを輩出した大阪の「キャレスボーカル&ダンススクール」に特待生として入学。澄んだ伸びのある歌声が特徴で、EXILEやCHEMISTRYらを手がけたJin Nakamura氏がプロデュースしている。
 また、映画「悲しいボーイフレンド」(11月公開、草野陽花監督)で俳優デビュー。主演の寺脇康文(46)と同じ身長180センチとイケメンを買われ、寺脇の中学生時代を演じた。松下は「唯一無二の、存在感のあるアーティストになる」と目標を語った。


映画 「悲しいボーイフレンド」で俳優デビュー、主演の寺脇康文の中学生時代を演じたみたいですね。この映画は2009年春に全国ロードショーですが、11月の初めに和歌山県田辺市兵庫県宝塚市、末には兵庫県西宮市で上映会があるようなので、一足早く見たい人は行ってみては?

ここで映画の紹介もしておきます。(ZAQシネマから引用)

切なくも暖かい気持ちを思い出させる、大人のための初恋物語。

製薬会社の営業部課長の岩津は37歳で、独身。部下や上司の間に挟まれながら、日々の仕事に追われている。ある日突然、岩津の携帯電話に卒業アルバムを見た、と謎の少女・香奈から電話が入る。香奈の強引な誘いに、流れのまま岩津の故郷である神戸・三ノ宮まで連れて行かれる岩津。そして、次々と香奈によって岩津の過去が古い8mm映画を見る様に、甦ってゆく…。

映像と音楽のコラボレーション・ムービーシリーズ「cinemusica」の第6弾。主演は、本作が単独初主演となる寺脇康文。80年代を舞台に、誰もが心に持つ、初恋の切ない気持ちや、学生時代の情景や思い出を、一人の少女によって暴かれる中年サラリーマンを繊細に演じている。監督は、青春映画『ブラブラバンバン』で話題を呼んだ草野陽花。タイトルの『悲しいボーイフレンド』は、1985年にリリースされた渡辺美里のファーストアルバムに収録された同名曲からインスパイアされ、劇中でも重要なファクターソングとなっている。


映画公式サイト
posted by わーぼう at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年10月27日

アンサーソング JUJU feat. Spontania「素直になれたら」に注目、「空」も注目です

JUJU feat. Spontania「素直になれたら」、Spontania feat. JUJU「君のすべてに」のアンサーソングとして11月26日に発売されるんですが、先行配信の着うたではギネス記録になるダウンロード数だとか。
シングルが店頭にならんだらいったい・・・ってことで記事をここで紹介しておきます。記事の日時が少し前なんで今はどうなっているのか気になりますが。

JUJU、史上最速で着うた(R)20万DL突破(BARKS・10月9日記事から)

デビュー前から共にN.Y.で音楽活動をし、今でも親交が深いJUJUとSpontaniaによるコラボ曲、Spontania feat. JUJU「君のすべてに」が、着うた(R)などの配信200万DLを突破。その勢いが衰えないなか、ファン待望のJUJU feat. Spontania名義によるアンサー・ソング「素直になれたら」の着うた(R)が、10月1日から配信スタートするやいなや、ダウンロードが殺到しているという。

配信開始からわずか4日間で「着うた(R)」10万DLを突破。これまで、青山テルマ feat. Soulja「そばにいるね」が11日間で10万DLを達成し、また2008年10万DL記録であった、Lil'B「キミに歌ったラブソング」の5日間という記録を破り、2008年最速10万DL記録を更新した。
さらにその後も勢いはとまらず、7日間で着うた(R)20万DLを突破し、こちらも2008年の20万DLの最速記録を更新した。

レコ直「着うた(R)」デイリーランキングでも、docomo / au / SoftBankの全キャリアのランキングと、総合ランキングで配信開始以来、Mr.Children(配信限定曲)、KOH+、NEWSなど超大物アーティストを押さえて、連日1位を獲得しており、週間ランキングでもダントツの1位となっている。

JUJUはこの好状況について、次のように語っている。

「かれこれ10年前に音楽をやりたい者同士ニューヨークで出逢ったSpontaniaの2人とは今日に至るまで、気の向くままに一緒に曲を作り続けてきましたが、ここにきてこんなにたくさんの方に聴いて頂ける曲ができたことを大変嬉しく思っています。私としてもすごく好きな1曲に仕上がったのでますますいろんな方に聴いていただければ…と思います。これからも頑張っていきますので皆さん応援してくださいね!ヨロシクお願いします。」


このサイトでJUJUを取り上げたのはいつも読んで戴いている方なら知ってるかもしれませんが、昨年の4月のこと、友達が「ミュージックフェアー」に出ていたJUJUの歌を聞いて感動した!って教えてもらって・・・というのが最初、

USENチャートで16週TOP10-めざまし紹介のJUJU、チャートの動向に注目

というので紹介しています。そのあとJUJUの名前は

清水翔太 セリーヌ・ディオンのトリビュートアルバムに名を連ねる
で名前が出ていて紹介しているかな?

JUJUの歌う曲は歌詞がまず良くて共感できるところがいいのかな?歌声も好きです。
JUJUはアンサーソングの前に「空」という楽曲もリリースしています。この歌の歌詞がまたすごくいいんです。歌詞はここから

何かに悩んでいたりもやもやしているときにこの歌を聴けばがんばれってポンと背中を押してくれる、そんな歌に聞こえてきます。普段空を見上げる機会が少なくなっているかもしてませんが、この曲聴きながら空を見上げるのもいいのかな?なんて思ったりもします。この曲は10月に公開の中谷美紀&藤竜也主演・三原光尋監督映画「しあわせのかおり」の主題歌になっているみたいで、劇場でも聴けますよ。



この秋は「空」と「素直になれたら」の2曲で決まりです!


posted by わーぼう at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年10月22日

オリコンチャート先週のON/OFFに続いて今週はSCANDAL・清水翔太が登場

「代々木ストリートに山下智久現る?毎週土曜の代々木もチェックです!」で昨年3月に代々木ストリートライブを紹介したON/OFF、3枚目のシングル 「輪廻−ロンド−」は週間チャートで18位、0.7万枚の売り上げになり、一定のファン層をしっかり獲得した感が。そして今週ですがHey!Say!JUMPの新曲がリリースの週でして・・・


そして今週は期待のSCANDALがデビューシングルを発売、ギリギリでもいいからTOP10入りしてくれるといいなぁと思っているんですが、勢い的には20位以内がなんとか・・・って感じかもしれません。
posted by わーぼう at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年10月18日

キャレス発女子高生バンド「SCANDAL」10・22デビュー Mステも出演

8月にこんなタイトルで紹介した記事を覚えていますか?

2008秋 200万視聴突破「GIRL NEXT DOOR」海外の3大音楽大国を制覇した「SCANDAL」デビューA

金曜日のMステ見ていたら着うたランキングの「さきどり」で紹介されていて調べてみるといろんなところで記事になっているみたいでこんなことになっています。

SCANDAL、メジャー・デビューで地上波テレビに続々出演(BARKSの記事を紹介)

10月22日にシングル「DOLL」でデビューする4人組ガールズ・バンド、SCANDAL(スキャンダル)が、地上波の音楽番組への出演が続々と決定している。
テレビ朝日「MUSIC STATION」(10/24放送)、日本テレビ「音楽戦士」(10/24放送)、関西テレビ「MuJack」(10/24放送)、フジテレビ「ミュージックフェア」(10/25放送)、NHK「MUSIC JAPAN」(11/6放送)、など、新人としては異例の本数だ。
SCANDALは、2006年8月に大阪のボーカル&ダンススクールで出会った女子高生4人で結成。結成後まもなく、大阪城公園にある通称「城天(しろてん)」でストリート・ライヴを始め、地元関西のライヴハウスに出演するようになった。
その後、今年(2008年)3月にアメリカ/シアトルで行なわれたジャパン・カルチャー・フェス<Sakura-Con>に招待され、アメリカの6大都市ツアーを合わせて7,000人を超える動員を記録。そして7月にはフランス<Japan Expo>で1万人、8月には香港<アニコミFes.>に参加し、8,000人の前で堂々たるライヴ・パフォーマンスを披露した。
また、2008年にTOWERレコード限定で3ヶ月連続リリースしたインディーズ・シングルは、第一弾「スペースレンジャー」がTOWERインディーズ・チャート2位。そして第二弾「恋模様」、第三弾「カゲロウ」が立て続けにTOWERインディーズ・チャートで連続1位を獲得している。さらに、2008年8月8日にリリースしたインディーズ・ミニ・アルバム『YAH!YAH!YAH!HELLO SCANDAL』は、TOWERレコードJ-POPアルバム・チャートで堂々の2位にランクインという、好記録を残している。
まだまだ荒削りで野性味すら感じる部分もあるものの、その素材のキラメキは必要にして十分。大化けする可能性を大いに秘めたSCANDAL、間違いなく要注目の筆頭バンドである。



このバンドは結構前から知っているし音も知ってますが生で見たことがないままデビューになってしまいました・・・。果たしてシングルチャートの結果はどうなるのか注目です。
posted by わーぼう at 00:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年10月16日

大阪発 47都道府県路上ライブでまわる旅スタート

今日は夕方 大阪駅前の歩道橋下で女性のストリートミュージシャンの路上ライブ二本見ました。名前は門谷純 伊吹唯という2人、これから2人は日本全国を路上ライブで回る旅に出るとか。路上ライブには50人以上は集まって彼女たちの歌を聞いていましたよ。路上ライブの様子と出来れば音源も公開したいと思います。
posted by わーぼう at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年10月08日

9月の有線お問い合わせチャートは2年前からここで紹介し続けたあの人が制覇!

ユーザーの曲への期待度がリアルに反映され、ヒットの物差し的存在になっている「有線お問い合わせチャート」、最近は「君のすべてに」 Spontania feat.JUJU 、「 もう一度… feat.BENI」童子-T、「HOME」 清水翔太、「ここにいるよ feat. 青山テルマ」Soulja らがこれをきっかけにヒットを飛ばしていますが、そんな中9月のチャートでは11月にデビューが決まった松下優也「foolish foolish」が制しました!
彼は昨日のBlogでも紹介した「SUGER」で最初は活動し、2006年9月以降はソロデビューに向けて準備を続けてきました。このBlogでは下の映像を2006年の10月に紹介、当時から推していたんですがようやくデビューになり、評判も上々のようですごくうれしいです。



松下優也くんの声は評価が高いようで「やまかず音楽日記さんのBlog」「ひとりごとさんのBlog」「ムジカ・パラディーゾMusica ParadisoさんのBlog」でも紹介されていてなんかうれしいですね。より多くの人にこの音を聞いてもらいたいですね。下はプロモーション映像かな?こちらも紹介しておきます。



あと曲が発表された当時から気になっていたことがあるんですがNe-Yo「So Sick」にメロディーラインが非常に似ていてカバー曲なの?と気になっているんですがどうなんでしょう・・・



・松下優也公式HP http://www.matsushitayuya.com/
posted by わーぼう at 00:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年09月11日

清水翔太に続くか、キャレスの松下優也 11月26日にメジャーデビュー

キャレスのボーイズユニット「SUGER」結成当時は10人組だったんですが、最初にステージを見たときから清水翔太くんと並んでいい声を聞かせてくれていた松下優也くん、昔から折にふれて紹介をしていて、
2年前の10月には「10月最初のステージ映像公開は秋からソロでデビューの準備を始めたこの人から」とライブ映像を紹介していたんですが、そのときに歌っていた曲「Foolish foolish」でデビューが決まりました。




松下優也くんはライブでいろんな曲を歌っていますが、彼が初めてソロで歌った曲が「Foolish foolish」ではなかったかな?と思います。この曲はたぶん洋楽の何かがベースになっているのは?と思うんですが彼が歌う楽曲の中で一番好きな曲でよく聞いてきました。清水翔太くんの歌声も好きですが松下優也くんの歌声もすごく好きです。何か特徴があってメジャーで活躍するアーティストにはない魅力があるような気がします。これからデビューまでどんな展開をするのでしょうか。

公式HP http://www.matsushitayuya.com/(音量に要注意!)

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ES/matsushitayuya/index.html

MySpace.com http://www.myspace.com/matsushitayuya

それにしても今回のキャレスの発表会「GET A DREAM」ハコがいつもと違って小さくなっているうえ、内輪だけでチケットがSOUD OUTしているみたいで。昼の部だけが外向けに発売されるようです。

公演日 2008年09月15日(月)
時間 開場13:00、開演13:30
会場 心斎橋 BIG CAT
料金 \3500(1ドリンク\500別)
問合せ キャレスインターナショナル 06-6354-4567
posted by わーぼう at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

avexの注目新人ユニット「GIRL NEXT DOOR」3位スタート今後は?

8月17日のBlogで
「2008秋 200万視聴突破「GIRL NEXT DOOR」海外の3大音楽大国を制覇した「SCANDAL」デビュー@ 」

と紹介した「GIRL NEXT DOOR」、オリコンシングルチャートの結果は3.0万枚の売り上げで3位スタートとなりました。かなりのプロモーション量だったのですが結果としてはそれほどでもなく、かといって失敗でもなくまずまずのスタートと言えるのではないでしょうか。チャート結果は音楽サイトでもいろいろ報じられていて「歴代最高タイ」とするところもあれば「たらこたらこに及ばず」としているところもありますが、これは 女性ボーカルグループとしての括りなのか、女性ボーカルを擁するグループとしての括りなのかで違うよう、この微妙な差が記事に表れているみたいです。そんななか神戸新聞がこんな記事を出しています。

篠山の千紗さんデビュー GIRL NEXT DOOR(9月2日 神戸新聞 丹波地区向け記事)

篠山市出身の女性シンガーが三日、三人組ユニット「GIRL NEXT DOOR」(ガール・ネクスト・ドア)のボーカルとしてメジャーデビューする。ファーストシングル「偶然の確率」は自ら作詞も手がけ、「夢をあきらめないことの大切さを伝えたい」と強いまなざしで話す。
 千紗さん(22)。「GIRL-」はキーボードの鈴木大輔さん(29)、ギターの井上裕治さん(29)の三人組で、大手レコード会社エイベックス・トラックスがプロデュース。
 すでに人気テレビ番組のテーマ曲として採用されているほか、先行配信された「着うた」でも10位に入るなど注目を集めている。
 幼稚園のころから篠山でクラシックバレエやジャズダンスを学んできたという千紗さん。中学時代は友人らと全国大会に出場し、優勝した経験もある。「アップテンポでも、デカンショ節みたいなスローテンポの曲でも、リズムに乗って踊れるようになった。舞台で踊る楽しさを知った」と振り返る。
 二十歳で上京し、バックダンサーや女優にも挑戦。しかしメジャーデビューのチャンスは巡ってこず、心が折れそうになったこともあった。支えになったのは、篠山の家族や友人たち。待望のデビュー曲には、「一瞬先は分からない。一日一日を大切に過ごしてほしい」との思いを込めた。九十年代をイメージさせるダンス音楽で、人気グループ「TRF」のチハルさんが振り付けを担当。激しいダンスとともに、千紗さんの歌声がテンポよく弾む。
 ユニット名の「GIRL-」は「次の扉」という意味のほかに「身近で親近感ある女の子」という意味もある。「私の歌で救われ、笑顔になれる。そんな歌手になりたい」。目標は歌って踊れる米人気歌手ブリトニー・スピアーズさん。「今は早くライブがしたい。いつか篠山でもコンサートを開きたい」。輝く目がいっそう強さを増した。


「GIRL NEXT DOOR」についてはいろいろ言われているし、曲を聞く限りELTによく似ていて新鮮さが欠けるかなとも思ったりするんですが、ボーカルの千紗さんのデビューまでの道は決して平坦ではなかったんだなということがわかりました。シングルは3ヶ月連続リリースの第2弾10月8日発売「Drive away」が控えていますががんばってほしいですね。
posted by わーぼう at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年08月19日

発売前から話題の「Spontania feat. JUJU」8月2週目のチャートについに登場

Spontania feat.JUJU「君のすべてに」、6月の有線問い合わせチャートで1位になり、7月に始まった着うたダウンロードは配信2週間で15万ダウンロードと開始2週間のダウンロード数としては史上最高の数を記録、記録が話題となって注目度が増してまだかまだかと期待に胸をふくらませて発売と同時にCDショップに足を運んだ人も多いのではないでしょうか。Spontania feat. JUJUのこの絶妙な売り方、これこそがユニバーサルミュージック独特の戦略のような気がします。そして今後注目されるのはタイアップ、リリース直後は動きはありませんが、ある程度まで売り上げが伸びたところでタイアップを獲得してTVで大量オンエアーされる可能性があるのではと思っていますが果たしてどうなんでしょう。



ユニバーサルミュージックは立て続けに新人アーティストをブレイクさせてますがブレイクのカギは着うたにあるようでこんな記事が

青山テルマ、キマグレン…新人ブレーク続出の秘訣は「着うた」(7月31日付産経新聞記事から)

新人アーティストのブレークが続くレコード会社大手、ユニバーサルミュージック(東京都港区)。今年上期にシングル売り上げ首位を記録した青山テルマ、今年の新人で初のアルバム首位を飾ったキマグレン、と話題は尽きない。音楽市場の伸び悩みをよそに、ヒット創出を続ける同社の戦略を探る。

 ユニバーサルミュージックは今年上期(1〜6月)、CDの生産実績ベースのシェアを、前年同期の15.2%から17.5%に引き上げた。好調の要因の一つが収益性の高い新人のブレークだ。
 青山テルマ feat.SoulJaのシングル「そばにいるね」(1月23日発売)は、「着うたフル」で音楽史上初の200万ダウンロードを達成、CDでは今年上期のシングル首位となる44万枚を売り上げた。
 最新のオリコンアルバムチャートでも、2位にGReeeeNのアルバム「あっ、ども。おひさしぶりです。」(6月25日発売、現在の総売り上げ64万枚)、3位にはキマグレンのアルバム「ZUSHI」(7月16日発売、同7万枚)が続く。いずれも上位は同社の新人が占め、入れ替わりが早いチャート内で好成績を維持している。
 新人が次々ブレークする背景を小池一彦社長兼COOは、「デジタル配信とパッケージCDの共生が功を奏した」と説明する。
 「昨年からブレークしている当社の新人たちには、すべて共通点がある。それは、CD発売前、携帯電話の『着うた』の段階で、楽曲に飛びついたユーザーが多かったこと。その動向が当社の戦略や読みとは違っても、当社では『着うた』の動向次第でマーケティング戦略を変えるようにした。結果、ユーザーの反応に合致した展開ができている」
 つまり、デジタル配信を単に収益の一部とみるのではなく、市場動向のデータとして活用。「着うた」のデイリーダウンロード数5000を分岐点に、この数字以上が連日続く新曲のCDには、徹底的に宣伝販促を強化している。
 例えばキマグレンの場合、シングル「LIFE」(5月14日発売)は4月からFM局でパワープレー(大量オンエア)を獲得したことを機に、CD発売前に連日5000ダウンロード以上を達成。6月にはKDDI(au)のCMソングに起用されたことで、合計150万ダウンロードにもなり、同社は宣伝販促に加え、アーティストの露出強化に踏み切った。
 「シングルが売れれば、収益の高いアルバムのヒットにつながる。デジタル配信とパッケージCDの共生という戦略で、新しいスターがどんどん生まれた今年上期を振り返ると、大成功といえる」と小池氏は胸を張る。
 今年下期は、7月9日にシングル「パノラマ」でデビューしたヨースケ@HOMEや、8月13日にシングル「君のすべてに」を発売するSpontania feat.JUJUらについて、小池氏は「必ずヒットさせる」と自信をみせる。
 同社が新人のブレークと判断する基準はCD10万枚出荷以上。昨年は、ET−KINGやSoulJaら新人14アーティストが達成しており、今年はその数を上回る計画だ。音楽市場の不振をよそに、勢いは増すばかりだ。
      ◇
■ユニバーサルミュージック
 世界77カ国に子会社を持つ世界最大の音楽企業、ユニバーサルミュージックグループの日本法人。同社は2007年1月、A&R(楽曲制作)の強化に向けて組織改革を実施。邦楽は2レーベルから5レーベルのカンパニー制にし、競い合う環境を構築した。現在、デジタル配信とパッケージCDとの共生などを軸に、新人では07年にET−KING、GReeeeN、SoulJa、INFINITY16ら、08年上期には青山テルマ、キマグレン、鼠先輩らをブレークさせている。



Spontania feat.JUJU「君のすべてに」、リリースされてからのオリコンシングルチャートは6位前後を推移していてなかなか好調な動きに、2週目以降の動きに注目です。

(関連記事)
8月発売なのに6月有線問い合わせチャートで1位、Spontania feat.JUJU「君のすべてに」

8月の発売前にして今年最大のヒット曲の予感・Spontania feat.JUJU - 君のすべてに
posted by わーぼう at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年08月17日

2008秋 200万視聴突破「GIRL NEXT DOOR」海外の3大音楽大国を制覇した「SCANDAL」デビューA

avexの「GIRL NEXT DOOR」に続いて紹介するのはsonyからデビューする4人組ガールズバンド「SCANDAL」(このバンドは正確にはエピックソニーからデビュー)、このバンドを目にしたのは意外と音楽番組ではなく、5月・テレビ東京のワールドニュースサテライトでの放送の中、どうも売り出し方が今までと違うみたいで注目なんですが、NHKの音楽番組「MUSIC JAPAN」にもすでに出演済、そのときの映像がありました。


このバンドは売り出し方が今までとちょっと違う、清水翔太のデビューのときもそうでしたが海外で演奏を披露したり、国内でもいろんなイベントに出ているみたいでいろんな記事が出ています。たくさんある中から出演した時の様子が紹介されている記事をいくつか紹介、

BARKSの記事からフランス・香港のライブの様子を紹介

デビュー前の女子高生バンドSCANDALにパリっ子熱狂(7月8日配信記事)

2008年で第11回目の開催となる<Japan Expo>が7月3〜6日の4日間、パリ郊外で行なわれた。この世界最大のジャパン・カルチャー・イベントに、メジャー・デビュー前の女子高校生バンド、SCANDALが出演。アメリカ公演に次ぐ2度目の海外公演で、現地のオーディエンスを熱狂させた。

今回の公演は、日本でたとえるなら幕張メッセのような、Japan Expo会場内の屋内ホール<J.E.LIVE HOUSE>で行なわれたが、開演の12時を待たずして、会場の外には既に3,000人近く集まり、スタート15分前には5,000人以上が会場に雪崩れ込んだ。

始まる前からSCANDALコールが雷鳴のように鳴り響き、ヴォーカルのHARUNAが「ヌソン、スコンダール!」(仏語で「私達はスキャンダルです!」)と叫ぶと、場内は割れんばかりの絶叫! 異例のアンコール含め10曲、約45分のステージは大成功のうちに終了した。

終演後、物販会場には地元フランス人が殺到し、サイン会では全員にサインしきれず警備員が出る始末。結局、持参したCD1,000枚、グッズ500セットが完売するという猛烈な人気ぶりをみせた。

現地の取材も3日間で約20媒体が入り、その人気ぶりは各メディアにおいても、熱く掲載された。

今後のSCANDALは、8月8日にインディーズ盤でのミニ・アルバム『YAH!YAH!YAH! HELLO SCANDAL 〜まいど! スキャンダルです!! ヤァ ヤァ ヤァ〜』をリリースし、3度目の海外公演となる香港でのパフォーマンスと、初の全国ツアーを夏に控え、着々と、そして確実にウワサ」を広めている。




女子高生インディーズ・バンドが三大音楽大国を制覇(8月7日配信記事)

いま、着々と噂を広め、人気を拡大している女子高生インディーズ・バンド、SCANDAL(スキャンダル)が、香港で開催されたイベントに出演。現地のファンを大いに沸かせたそのライヴのレポートが到着!

2008年3月の北米、7月のフランス、そして今回8月には香港と、音楽大国のビッグ・イベントに出演した女子高生インディーズ・バンド、SCANDAL。

<2008第10回アニメコンベンション&ゲームス香港>(8月1日〜5日@香港コンベンションセンター)には、昨年実績の560,000人を上回る動員が見込まれるが、その伝統あるアジア最大のジャパンカルチャー・フェスティバルに、SCANDALが異例のゲスト出演をし、香港やマレーシアのアジアのアーティストに混じり現地の観客を熱狂させるステージを繰り広げた。

今回の香港フェスは男女比も6:4と健全だが、夏休みということもあって動員層が比較的若く、親子で来場する姿もちらほら見られ、その圧倒的な入場者数が目を引く。初日から徹夜組を含め会場の周りには1キロを越える行列ができ、熱狂ぶりが露見。コスプレ、ゲーム、アニメと時間帯で各ジャンルのエンタテインメントイベントが仕切られる中、音楽イベントが19時から行われた。

ここに初めて参加したSCANDALは、8月1日と8月2日の2日間出演。中国語で「ダイガーホウ! ウォーデイハイ、スキャンダル!」(みんなこんばんは! 私達はSCANDALです!の意)のMCを高らかに叫び、集った3,000人を超える客を20分のステージで魅了した。

イベント参加翌日の8月3日には、香港のセントラル地区にあるライヴハウス「Back Stage Live」で行なわれたイベントにトリで出演。香港のローカル・バンド等に混ざって、30分のステージを行ない300人を超える観客を沸かせた。チケットが発売から即ソールドアウトだったこのライヴも含め、3日間で6,300人以上を動員し、約1,000枚のCDをはじめ、物販で用意したオリジナル・グッズも全て完売し、その注目の高さを実証した。

今後のSCANDALは、8月8日にインディーズ盤ミニ・アルバム『YAH!YAH!YAH! HELLO SCANDAL』をリリースし、初の全国ツアーに突入。ひとつひとつ成長を遂げる女子高生バンドは、大胆に、そして着々と、ウワサを広めている。


台湾のライブの模様は関心の高さからかかなりの数の動画がUPされています。それだけ注目され、印象に残り、紹介したい!って人が多かったことの表れなんでしょうか。その中からかなり高画質で記録されているものがあったのでそれを紹介します。なんか楽しそうだしちょっと行ってみたい気になってしまった動画がこれ!



記者会見?の動画もありました


ところでこのバンドの売り出し方は今までと違うって言い方をしましたが

「音楽×映画」

がキーワード。

映画と音楽の新しい関係を模索する「シネムジカ」シリーズ第5弾 井上和香 西川貴教出演「コラソンdeメロン」http://www.cinemusica.jp/corazondemelon/で「恋模様」という楽曲で参加、楽曲自体は映画のストーリーに合わせて制作され、アーティストの知名度向上と育成に当てられているのだとか。avexの「GIRL NEXT DOOR」はavexの資金力に物を言わせて大々的にって感じですが、このバンドの場合はそうはいかないからこの方法を取っているということですが、「シネムジカ」の特徴は映画で使用したシーンをそのままビデオクリップに使用可能だとかで、この方法で「いきものがたり」がヒットしたという成功例も出ているとか。

どうも従来通りの売り方をしていても限界があるので違った方法を取らなければ新人は出てこないっていうことからこの方法を取ったってことのようです。GReeeeNを世に送り出した「エドワードリミテッド」がこの春にHi-Fi CAMPをデビューさせましたがここも今までと違った売り出し方を試みている感じでこれも注目していて記事にできたらと思うんですが、

「映画主題歌 NEWS×GReeeeN ドラマ主題歌」の公式に載っているがごとく

ここまでは

「映画主題歌 SMAP×Hi-Fi CAMP ・・・」

って感じのHi-Fi CAMP、果たして成果は?って感じですが、「SCANDAL」はこんなことになっているみたいで

噂の女子高生バンド 安室奈美恵などに次ぎ、3位にランクイン!(8月14日HOT EXPRESSから)

結成からまだ2年弱にも関わらず、今年3月にアメリカで、7月にフランスでそれぞれ海外公演を行い、現地のオーディエンスを圧倒。しかもそれが現役の女子高生ということで大きな話題を集めている4人組ガールズバンド・SCANDAL。彼女たちの8月8日にリリースしたミニアルバム『YAH! YAH! YAH! HELLO SCANDAL 〜まいど!スキャンダルです!ヤァヤァヤァ!〜』が、タワーレコードのJ-POP・アルバムチャートで3位にランクインしました!

 これまでもSCANDALは、2008年3月、4月、5月にタワーレコード限定でリリースしたシングルが連続でインディーズチャート1位を獲得しており、派手なメディア露出がないにも関わらず高い人気を誇っていました。そして今回のJ-POP・アルバムチャートでは、あの安室奈美恵『BEST FICTION』などに次いでの3位。もはやメジャー・インディーズの区分けがなくとも堂々と“人気バンド”と言えるポジションまで登ってきています。

 そんなヒット作を引っ提げ、彼女たちはこの夏に初の全国ツアー【SCANDAL 〜Give me P.P. Tour 2008 Summer〜】を開催。8月18日の福岡 DRUM SONでの公演を皮切りに、広島、大阪、名古屋、札幌、仙台、渋谷と、全国主要都市を廻ります。後に伝説に成り得るこのツアーは必見ですよ!

◎アルバム『YAH! YAH! YAH! HELLO SCANDAL 〜まいど!スキャンダルです!ヤァヤァヤァ!〜』
2008.08.08 RELEASE
XQFS-1001 1,200円(tax in.)



◎ツアー【SCANDAL 〜Give me P.P. Tour 2008 Summer〜】
08.18(月)福岡 DRUM SON
08.19(火)広島 ナミキジャンクション
08.22(金)大阪 Shangri-La
08.23(土)名古屋 ell.FITSALL
08.24(日)札幌 KRAPS HALL
08.26(火)仙台 CLUB JUNK BOX
08.29(金)渋谷 CHELSEA HOTEL

果たしてこの秋はどんなことが起きるのかな?

(関連記事)
2008秋 200万視聴突破「GIRL NEXT DOOR」海外の3大音楽大国を制覇した「SCANDAL」デビュー@
posted by わーぼう at 14:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008秋 200万視聴突破「GIRL NEXT DOOR」海外の3大音楽大国を制覇した「SCANDAL」デビュー@

この秋、大手レコード業界3社(avex・sony・universal)が大型新人をここぞとばかりに出してきそうな予感、各社デビューさせるにあたっていろいろな戦略があるんだと思いますがまず先陣を切ってデビューするのが

「day after tomorrow」な音でデビューのavex社運がかかった大型アーティスト「GIRL NEXT DOOR」

「とくだね」で小倉さんで絶賛し、「めざましてれび」でもすでに紹介されている「GIRL NEXT DOOR」



曲を聴いてどこかで聞いたことのあるメロディだなぁと思って調べたらなるほど・・・メンバーの1人が
元day after tomorrowの鈴木大輔なんでそんな音になるんだと気付きました。個人的にはかなり好きなサウンドですが、大きく化けるかは???な感じ、「day after tomorrow」がデビューしたときも相当プロモーションをかけていたんでデビュー前から耳にしてって感じでしたがチャートで1位になることはありませんでした。まぁそのときとは違うと思うんでどうなるのかはわかりませんが。ここでいくつも出ている記事の中から「リッスンジャパン」の記事を紹介

デビュー2ヶ月前にして200万回試聴突破!! 話題の新人GIRL NEXT DOORの正体とは!?

9月3日(水)に1stシングル「偶然の確率」で<エイベックス>からデビューする3人組新人ユニット、GIRL NEXT DOOR。
PC音楽サイトやモバイル・サイトでの試聴数が既に200万回を超えるなど、デビュー2ヶ月前にして既に大反響を呼んでいる彼らの正体とは……!?

同ユニットは、透き通った声が魅力の女性ヴォーカル千紗(22)と、元day after tomorrowのキーボード鈴木大輔(29)に加え、卓越した技術を持つギタリストの井上裕治(29)の3人で構成されている。
彼らは、<エイベックス>創業20周年を飾るのに相応しい実力を兼ね備えていることから、プロデューサーの名前を個人名ではなく初めて『Produced by avex trax』とし、社を挙げてバックアップする大型新人なのである。

関西地方を中心にダンス活動をしていた千紗。圧倒的なパフォーマンスと存在感に<エイベックス>が注目し、エイベックス・アーティスト・アカデミーに特別レッスン生として入校。そこで楽曲提供を中心に作家活動をしていた元day after tomorrowの鈴木大輔(key)と出会い、デモ楽曲のレコーディングなどを繰り返すうちに<エイベックス>MAX松浦の目にとまり、井上裕治(g)を加えデビューが決定した。

今回、1stシングルとしてリリースされる「偶然の確率」は、何気ない偶然の出会いが「この日のために生きてきたと思える瞬間」になり得るという出会いの素晴らしさを唄った恋愛応援ソング。初期のEvery Little Thingやglobeを彷彿とさせる王道かつ進化したデジタル・サウンドにも注目したい。

彼らは、9月のデビュー曲「偶然の確率」以後、10月、11月とシングルを連続リリースが決定しており、デビュー曲のビデオ・クリップを20パターン制作するなど既に大物ぶりの片鱗をみせている。この夏大注目の大型新人、GIRL NEXT DOORを是非ともチェックして頂きたい。

「GIRL NEXT DOOR」の売り出しにあたっての戦略はタイアップ、「偶然の確率」が獲得したトリプルタイアップは、TBS系3番組の各テーマ曲。全国ネット『CDTV』8月度オープニングテーマ、『王様のブランチ』8・9月度エンディングテーマ、さらに『あらびき団』8・9月度エンディング・テーマ。タイアップ自体はいくつあるからいいってものでもないんですが注目は音楽番組、情報番組、バラエティー番組といろんなジャンルから取ってきているってこと、いろんな視聴層に売り込もうって形を取っているのがよくわかります。

そして全国のFM局でヘビーローテションが続々決定しているよう、果たして何局で獲得になったんでしょうか、公式サイトに載っているのが下の通り

・エフエム青森 8月度「マンスリー・オン・エアー」
・エフエム岩手 8月度「REPUTATION CUTS」
・Boy-FM(FM山形) 8月度「Monthly Hot Play」
・ふくしまFM 8月度「POWER PLAY」
・RADIO BERRY(エフエム栃木)8月度「B-HOT!ROOKIES」
・FM長野 8月度「POWER PLAY」
・Hello Five(FM石川)8月度「MUSIC NEXUS」
・α-station(FM京都)8月度「SMASH BREAK」
・fm osaka 85.1 8月度「POWER PLAY 851」
・Kiss FM-KOBE 8月度「Kiss HOTRAXX」
・FM CO・CO・LO 8月度「HEARTBEAT SELECTION」
・FM OKAYAMA 8月度「SLAP SHOT」
・FM徳島 8月度「スーパーエンディング」
・FM愛媛 8月度「カモ☆レディ★FMプラチナチューン」
・東北放送(TBC)8月度「TBCイチオシパワープレイ」
・Radio MOMO 8月度「POWER PLAY」

まずはどれだけの人に曲を知ってもらって買ってもらえるかってことなんですが、avexは昔からある正攻法?で今回も売り出してくるようです。

そしてやはりavexだなと思ったのが複数枚購入で売り上げをあげる作戦をここでも使っていること。
GIRL NEXT DOORデビューシングル「偶然の確率」をご購入のお客様に先着で「偶然の確率」オリジナルポスターをプレゼントっていうのがあり、

<HMV>オリジナルポスターA
GIRL NEXT DOOR/偶然の確率(+dvd)
GIRL NEXT DOOR/偶然の確率(+dvd)

<TOWER RECORDS>オリジナルポスターB
<TSUTAYA>オリジナルポスターC
GIRL NEXT DOOR「偶然の確率」
icon

<新星堂>オリジナルポスターD
<mu-moショップ>オリジナルポスターE
<ローソン>オリジナルポストカード
となっています。文章が長くなったんで続きはまた別にタイトルをあげて書くことにします。

続きはこちら
posted by わーぼう at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年07月16日

8月の発売前にして今年最大のヒット曲の予感・Spontania feat.JUJU - 君のすべてに

発売前からまさか2回目の記事を書くとは思いませんでした。でもこの曲はきそうできそうで、ブレイク前の楽曲を数多く紹介してきたこのサイトで紹介しないわけにはいかないということで第2弾です。

7月5日に
8月発売なのに6月有線問い合わせチャートで1位、Spontania feat.JUJU「君のすべてに」


と紹介したんですが有線放送に続いて着うたがとんでもないことになっているよう。

ヒットの定石?Spontania、着うたダウンロード数で最速記録(BARKS)

7月2日よりレコ直♪にて先行配信がスタートしたSpontania(スポンテニア)のニュー・シングル「君のすべてに」の着うた(R)が、7/5付のレコ直♪総合着うたデイリーランキングで1位を獲得した。

ダウンロード数は配信開始から1週間ですでに累計15万を突破、ここ最近のヒット曲の中でも最速となり、7/9付のウィークリーチャートでは2位を記録している。

8月13日にシングルリリースされる同曲は、フィーチャリングにJUJUを迎えたラブソング。“すれ違い”をテーマに、好きなのに素直になれず、気持が空回ってしまい、愛しい気持ちをうまく伝えあえないもどかしい男女の気持ちを切なく歌っている。

6月中旬より有線放送で同曲のオンエアがスタートしたところ、半月にもかかわらず、有線放送キャンシステム6月度お問い合わせチャート1位を獲得。キャンシステムの担当者曰く、楽曲オンエア後、問い合わせの電話が殺到し、2位と5倍もの得票差をつけて1位を独走、過去最高の反応を見せているという。

有線の“お問合せチャート”といえば、昨年はGReeeeN、Soulja feat.青山テルマが首位を獲得、今年は童子-Tの「もう一度…feat.BENI」が首位を獲得と、ユーザーの期待度がリアルに反映される、いわば“ヒットの兆し”。その後、着うた(R)のヒットからCDのヒットへ繋がったケースが、ここ最近のヒット・パターンとしては目立っている。

Spontania feat.JUJUの「君のすべてに」も、このままいけばCD発売日の8月13日までには、着うた(R)ダウンロード数が30万を突破する勢い。このまま大ヒットなるか? 今後のダウンロード数の伸びに期待だ。




Online Videos by Veoh.com
posted by わーぼう at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

清水翔太に続け!キャレスのガールズコーラスグループ・BRIGHT 2枚目のシングルを16日に発売

新人ながらデビューシングルがヒットした清水翔太と同じキャレス出身・平均年齢16歳のガールズコーラスグループ、BRIGHT(ブライト)が16日に2枚目のシングル「手紙 feat.K / One Summer Time」を発売、今回は「One Summer Time」が、TBS系テレビ「デジ@缶」(毎週日曜深夜1時20分放送)の7月度テーマソングに決まり、23日にはTBS・赤坂サカス サカス広場で行われる「夏Sacas水曜LIVE」に出演、「イブニング・ファイブ」からのイベントに参加します。

またこの夏は
・DANCE ENTERTAINMENT PARTY “WORLD WIDE” -SUMMER PARTY2008-
・DANCE DREAM STAR VOL.5
・日刊スポーツ主催2008神宮外苑花火大会
などのイベントにも出演、少しずつですが露出も増えることになりそうです。彼女たちの声は聞けば良さがわかるはずなんですがまだそれが=売れるになっていないのが現状、地道にファンを広げるしかないんでしょうね。




シングル発売に合わせてインストアイベントも開催

7/18(金)
19:00〜 タワーレコード 梅田NU茶屋町店
7/19(土)
12:00〜 千里中央セルシー広場
15:00〜 あべのHoopオープンエアプラザ1F
18:00〜 HMV天満橋
7/20(日)
13:00〜 タワーレコード渋谷店 1Fラウンジスペース
15:00〜 AVEX本社ビル前 特設ステージ 
18:30〜 ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージ
19:45〜 ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージ
7/21(月)
13:00〜 WAVE大宮店
17:00〜 ららぽーとTOKYO-BAY 北館1F 中央広場

詳しくは公式サイト(http://www.bright-online.net/live/index.html)を見てください。

(関連記事)清水翔太に続くか・・・4人組コーラスグループ「BRIGHT」初のシングルリリース
posted by わーぼう at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年07月05日

8月発売なのに6月有線問い合わせチャートで1位、Spontania feat.JUJU「君のすべてに」

有線総合チャートTOP10入りしている Spontania feat.JUJU「君のすべてに」、リリースが8月とまだ先にも関わらず
すでに7位に入っている!最近リリース前からチャートインしてヒットしたアーティストに安室奈美恵がいましたが、これももしかして・・・って感じがしてなりません。Spontaniaは昨年4月DeftecのMicroがプロデュースしたアーティストととして話題になりましたがそれほど売れてはなく、今回のシングルでヒットとなるか注目です。
ドラマとなっているミュージックビデオの主演男優は、結婚情報誌のCMで注目される渡部豪太さんが出演ということでこちらも注目です。


posted by わーぼう at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年07月03日

ストリートライブ 動画2本公開

6月8日に代々木公園で行われたストリートライブの映像を2本新たに追加しました!





ジュノンロックボーイの仁田宏和くん率いる4ピースバンド「FunnyCafe」の映像を2本追加、これでこのストリートの映像はほぼお披露目できたかな?

ところで平日ですがLiveがあるそうでいける人は行ってみてね!

新宿LIVEFREAK ''what's music?vol.3''
日時:7月8日(火)open 18:00 start 18:30 出演時間は21:00〜
料金:前売 1500 当日 2000 / ドリンク代別途
問合:03-3351-7542(新宿LIVEFREAK:http://www.live-freak.com/

FunnyCafe公式サイト http://realmuse.net/funnycafe/

(関連記事)6月8日のストリートライブの動画を一気に4本公開!
posted by わーぼう at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年06月25日

Perfumeの妹分・小学生ユニット「可憐Girl's」デビュー曲がディリー10位でスタート

「Perfumeの妹分」というキャッチコピーで小学生3人組ユニット「可憐Girl's」が6月25日にCDデビュー、オリコンディリーチャートでは新曲ラッシュでハイレベルな週にも関わらず10位でスタートしました。「可憐Girl's」はPerfumeのメンバーと同じアクターズスクール広島出身の中元すず香(なかもと すずか・広島県出身)をはじめ、武藤彩未(むとう あやみ・茨城県出身)、島ゆいか(しま ゆいか・熊本県出身)の3人組からなり、所属事務所はPerfumeと同じアミューズ、CDレーベルはKOTOKO、川田まみらと同じジェネオンエンターテインメントということでなんとなくある一定のところまでは売れるのでは?と思える素地が見えてきます。



そして歌やダンスはどうなの?ってことなんですが侮るなかれ、下手な歌手より上手だと思います。アクターズ、アミューズというところにいるからしてそんなにレベルが低いとは思いませんし、売れるかどうかは今後の売り出し方いかんかな?と思います。エイベックスが何度かやって失敗していますからそれを踏まえてやればある程度のラインまで来るんじゃないでしょうか。今回のシングルはリミックスが3曲入ってますが、4曲目の「Over The Future (Untouchable mix)」がPerfumeっぽい作りになっているのでここもポイントです。

では各メディアの記事からかなり押しが入った書き方のBARKSの記事を紹介

2008年のJ-POPを牽引するのは、可憐な小学生?

“イェイ! 絶対! ダイタ〜ン!”の無邪気なかけ声とともに、可憐Girl'sがJ-POPシーンに飛び出した!

テレビ東京系アニメ『絶対可憐チルドレン』のオープニングテーマ「Over The Future」を歌う可憐Girl's。AYAMI、YUIKA、SUZUKAの3人は現役小学生。まさに純真無垢、穢れなき可憐少女ユニットだ。

メンバーが小学生となると、“でも歌とかちゃんと歌えないんじゃないの?” “小学生でダンスは大丈夫なの?” という声が挙がるかもしれない。しかし、彼女たち可憐Girl's、その元気な笑顔とは裏腹にパフォーマンスは大人顔負け。キラッキラした彼女たちの姿には思わず目が釘付けになるだろう。

それもそのはず、彼女たち可憐Girl'sは、昨年大ブレイクしたPerfumeと同じ「アクターズスクール広島」出身のメンバーがいたり、子供たちに大人気の『きらりん☆レボリューション』を連載している雑誌「ちゃお」のTVCMに出演しているメンバーがいたりと、ちっちゃな身体に秘めたポテンシャル、スター性、話題性は無限大。そんなメンバーたちがデビューに向けて、本格的な歌とダンスレッスン積み重ねたというのだから、“単なる小学生ユニットだろ” なんて思ってスルーしようとしたあなたは、きっと損をする。

まさに彼女たち、強豪ひしめくJ-POPシーンにおいても、“イェイ! 最大! 大胆!” “だから負けない!” なのだ。

さて、そんな可憐Girl'sのデビューシングル「Over The Future」は、レイヴ / トランス要素を含んだダンスサウンドを彼女たちの元気なヴォーカルで聴かせるトラック。90年代に社会現象となった女性グループ、SPEEDをも彷彿とさせる。レーベルの紙資料には<2008年最大の問題作にして、後世に残る大名曲><聞き手をスリリングにさせる最高ポップ!><可憐Girl'sの歌声に、涙と震えを禁じえない>など、なかなか香ばしい言葉が並んでいるが、実際に聴いてみると、普通にキャッチー、かつ、大胆な曲展開でリスナーを飽きさせることのない良曲。可憐Girl'sにスポットが当たりがちだが、彼女たちに負けないくらい、大人たちも裏でかなりいい仕事をしている印象を受ける。

また、この楽曲のPV映像では、一所懸命な彼女たちを楽しめる。サイバーな空間でダンスする彼女たちの可愛く元気な姿は必見だ。

絶対可憐な可憐Girl's。幼さと大人顔負けの大胆パフォーマンス、屈託のない笑顔とちょっと背伸びした歌詞が同居する現役小学生のこの女の子グループが、2008年のJ-POPを騒がせることになるかも…?
posted by わーぼう at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年06月21日

今年の夏はこの曲が大ヒットの予感童子-T&安良城紅「もう一度…feat.BENI」

金曜日のMステで童子-T&安良城紅の新曲を聞きましたがやられました・・・これはおそらく反響多いはずで、この夏最大のヒットへとつながる予感・・・
この楽曲の元はキムタクと山口智子の出ていたドラマ、「ロングバケーション」の中でキムタク扮するセナがよく弾いていた曲、着うたのダウンロード数は55万まで上っているようでテレビで紹介が続けばおのずと売上は上がるはずだと確信してます。それにしても童子-Tはすごいですね。青山テルマ、清水翔太と彼とコラボしたアーティストはブレイク続きですが、安良城紅はどうなるんでしょうか。

そういえばここだけのとっておきの話を。ここで何度も紹介している鈴木和也くん、桜田通くんのドリブロでは「イケヤン・スズカズ」として何度か紹介されていますが彼が好きなアーティストが安良城紅さんで彼の口から発せられたのがきっかけでそのとき以来ときどき彼女の曲を聞くようになりました。



posted by わーぼう at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

最年少プロドラマーとして認定された「大我」くん・映像紹介

このBlogでは「大我」くんのギネス認定の話はすでに5月8日にすでにしていたんで、昨日からの記事を見て「ようやく記事になった」って感じが。ギネス認定されたって話は「大我」くん・CD発売記念ライブ中の岡山で第1報が入ってその場にいたので、ここではすぐに記事にしたんですが、メディアではなかなかならなくていったいいつ記事になるんだろうと思っていたんで、ようやく感があります。そしてテレビでやるかと思ったらなかなか・・・。めざましテレビでするかと思って見てましたが金曜はなし、土曜はエンタ検定のコーナーでボードに登場するも時間がなくて放送なし、映像は見れないのかな?
さて大我くんの映像を2本紹介、昔からすごかったみたいで・・・京都はよく行ってたのになんで遭遇しなかったんだろう・・・



posted by わーぼう at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年06月12日

6月8日のストリートライブの動画を一気に4本公開!

FunnyCafe.jpg6月8日はジュノンロックボーイの仁田宏和(にった ひろかず)率いる「FunnyCafe」の路上ライブを見に行ってました。仁田くん会うなりテンション高い!ってことでがんばっていいのが撮影できるがんばりましたよ♪「FunnyCafe」ってバンド、初めて見たのにみんなテンション高い方々でしてとても初めて行ったと思えなかったなぁ。このテンションは三浦春馬、松永一哉、鈴木和也の3人がやっていた「BrashBrats」以来です。あのときは「来週も来てくださいね!」って言われて遠いからそんな頻繁には(>_<)って言ったら次の週はその次の週はってストリートライブの日程を教えてくれて「この日に行くね」って約束して・・・でした。
で8日の路上ライブの動画をYouTubeにて4本公開!


「FunnyCafe」14日に新宿でライブがあります。気になった方は行ってみて!



新宿MUSICINN"音祭り"
[日時]6/14(SAT)open 17:30 start 18:00 (FunnyCafe 20:40-)
[料金]前売 2000 当日 2500 / 1drink
[act]ザ・ラストラウンド/矢野歌織/Nos ailes sublimerant/TRUSS/Funny Cafe/oblate
[お問い合わせ]03-5338-3920(新宿MUSICINN









posted by わーぼう at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年06月04日

代々木ストリート出身・博多の双子ユニット・ON/OFF 13位に登場!

6月1週目のディリーはGReeeeNがタキツバを阻止するのか、清水翔太はいったいどのくらいの売上になるのか、Hi-Fi CAMPはどこまでくるのかという3点に注目していたんですがそこへさらに目を離せないユニットが登場。

このBlogの最初の紹介は昨年3月「代々木ストリートに山下智久現る?毎週土曜の代々木もチェックです!(http://streetdiary.seesaa.net/article/36242474.html) 」という紹介の仕方、今となってはこんな紹介の仕方は失礼なかったのかな?と思うタイトルですが、代々木公園に現れるやかなりのうわさになったユニット、事あるごとにライブの様子をチェックさせてもらってましたがまさかここまでくるとは・・・。
ON/OFFのシングル「ふたつの鼓動と赤い罪」
はテレビ東京系アニメ「ヴァンパイア騎士」のオープニングテーマとなりテレビで聞く機会も多いはず。前作「永遠の刹那」は59位・0.2万枚だったのでかなりの躍進、そして前回同様今回も各地でイベントを実施、前回もしていますが今回は好スタートを切っているのでかなり力が入るかもしれません。詳細を公式サイトから引用、それにしても公式サイトもかなりの変わりようでびっくり!何よりYahoo!の検索で「ON/OFF」と検索したら「ON/OFF」のサイトが出るんだから去年の今頃とはぜんぜん違います・・・。

ON/OFF「ふたつの鼓動と赤い罪」発売記念イベント「双子伝説ー運命の赤い糸を辿って全国へー」 
■日時:6月5日(木) 18:00〜
■場所:ららぽーとTOKYO BAY 北館 中央広場
■入場フリー
■お問い合わせ:047-437-0111(イトウミュージックシティららぽーとTOKYO-BAY店)

■日時:6月6日(金) 17:00〜/19:00〜
■場所:アリオ川口1Fセンターコートにて
■入場フリー
※当日CDをお買い上げの方は握手会にご参加いただけます。

■日時:6月7日(土) 14:00〜
■場所:ステラモール宮原
■入場フリー

■日時:6月7日(土) 18:00〜
■会場:池袋・サンシャシンシティ ショッピングセンターアルパB1噴水広場

■日時:6月8日(日) 13:00〜 
■場所:ディスクピア日本橋
■入場:下記イベント参加方法参照
■お問い合わせ:06-4795-8510 (ソニー・ミュージックディストリビューション大阪オフィス)

■日時:6月8日(日)16:00〜 
■場所:Hoop 1階 オープンエアプラザ(近鉄あべのファッションビル)
■入場フリー
■お問い合わせ:06-4795-8510(ソニー・ミュージックディストリビューション大阪オフィス)

■日時:6月14日(土) 14:00〜/16:00〜
■場所:ラゾーナ川崎プラザルーファ広場 グランドステージ
■入場フリー

■日時:6月21日(土)13:00〜 
■場所:リバーウォーク北九州 1Fミスティックコート
■入場フリー
■お問い合わせ:093-573-1680(HMVリバーウォーク北九州)

■日時:6月21日(土)17:00〜 
■場所:キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
■入場フリー
■お問い合わせ:092-271-9181(HMVキャナルシティ)

(関連記事)
代々木ストリートに山下智久現る?毎週土曜の代々木もチェックです!

5月4日はD-SHINE・ON/OFF・2TOPが一同に会してイベント

7月2週目の代々木公園・ストリートライブ 注目は・・・

8月4週目の代々木ストリートは・・・

Blogで紹介したユニット「ON/OFF」「SUGER」がCDデビュー

代々木公園のストリート時代の映像も紹介しておきます


posted by わーぼう at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

この秋メジャーデビュー・17Septemberの楽曲を元19の岩瀬敬吾がプロデュース

ここでことあるごとに紹介しているジュノンロックボーイ・松井雄飛率いる4ピースバンド・17September、4月の代々木公園での路上ライブ以降はデビューに向けてレコーディングやジャケ撮りなど忙しい日々を送っているよう、デビューするレーベルはここでは言えないもののただいまヒット曲連発しているところなんで、いったいどんな展開になるのかすごく楽しみでもあり一方大丈夫なのかな?と不安でもあるんですが、そんな中わかったのがただいまレコーディングしている楽曲の1つが元19で現在ソロ活動そている岩瀬敬吾プロデュースだということ、正直17Septemberの前身の曲はあんまり好きじゃなくてこれ聞くんだったら・・・みたいな感じで肌にはあわなかったんです。4月の路上で新しく作った楽曲はそうでもなくてけっこういい感じかな?と思いましたが・・・。でも今回岩瀬敬吾さんが曲作りに参加してるってことなんでちょっと期待がもてる感じ、いったいどんな音に仕上がるんでしょうか。

(関連記事)
ついにこのバンドもメジャーデビューだ!

ジュノンロックボーイ・松井雄飛ボーカル「17September」最初で最後の路上


この秋メジャーデビュー・ジュノンの松井雄飛ボーカルの17September 映像初公開
posted by わーぼう at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年06月03日

「GReeeeN」に続くブレイクの予感、「Hi-Fi CAMP」綾瀬はるか主演の映画挿入歌で6・4デビュー

6月9日付けシングルチャートは「GReeeeN」が18.6万枚を売り上げて自身初の首位に。この数字はジャーニーズ以外のアーティストでは浜崎あゆみを超えて今年最高の初動売上になり、先週のHey!Say!JUMPのシングルよりも上をいく文句なしの首位になりました。そして今週なんですが「GReeeeN」と同じ事務所の「Hi-Fi CAMP」が綾瀬はるか主演の映画挿入歌でデビュー、楽曲のよさから早くも話題になってヒットの予感がしてしょうがないのでここで紹介。

Hi-Fi CAMP「キズナ」


そして記事になっているんで紹介、3日の中日スポーツから

「Hi−Fi CAMP」ブレークの予感 映画挿入歌で人気急上昇

仙台出身の注目の新人4人組バンド「Hi−Fi CAMP(ハイファイキャンプ)」が、4日発売のシングル「キズナ」でデビューする。同曲は綾瀬はるか(23)主演の映画「僕の彼女はサイボーグ」の挿入歌。ツインボーカルが注目を集め、5月28日集計のUSEN総合チャートで10位を獲得した。4人は「MONKEY MAJIK」や「GReeeeN」ら、東北から大ブレークしたアーティストと同じ事務所の所属。杜(もり)の都から生まれた新たな期待の星が、三たびブレークの予感だ!!
 無名バンドを次々とブレークさせた芸能音楽プロダクション「エドワーズ・リミテッド」(本社・仙台市)が、満を持して大手レコード会社に売り込んだのは、ツインボーカルのKIM(26)とSOYA(24)、キーボードのAIBA(24)、DJのTOSHIRO(24)の4人組。完成度の高い楽曲にほれ込んだ13社が獲得に名乗りを上げ、壮絶な争奪戦の上、フォーライフ・ミュージックエンタテイメントからのデビューが決まった。
 結成は昨年1月。前所属バンドが解散し、新しい可能性を求めていたKIMと、同じ思いを抱いていたAIBAが出会い、意気投合。時を同じくして、R&Bの老舗クラブでライブを重ねていたSOYAとTOSHIROが、運命に導かれるように集まった。
 「キズナ」は、ギターとシンセサイザーで始まる強烈なイントロと、2人のボーカリストのさわやかな歌声が心に響く青春ソング。SOYAは、楽曲に込めた思いについて「うれしいことも悲しいことも分かち合って、決して変わることのない仲間とのキズナを描きました」と話す。
 映画とのタイアップ効果もあり、全国のラジオ局ではFM34局とAM10局で何度もオンエアされている。USENでも徐々に注目を集め、オンエア回数とリクエスト数、問い合わせ数などを合わせた総合チャートでは、5月21日集計分で30位を獲得。同28日集計分では、10位まで上昇し、先輩バンドのGReeeeNら大物アーティストと肩を並べた。
 またフォーライフの公認無料動画サイト「ユーチューブ」でも映画公開から2日間で、同曲のプロモーションビデオ(PV)へのアクセス数が、8000件を突破したという。
 メンバーは現在、全国のラジオ局をキャンペーン中。今後は、拠点の仙台でファーストアルバムのリリースに向けて曲作りに励み、念願の初単独ライブに弾みをつける。

 YouTubeにある公式PVは26,000のアクセスを記録、有線総合チャートでは10位に入り、リリース前からヒットの予感がすごくするアーティスト、まだプローモションが地方中心で最初の週にどのくらい売れるかはまだわかりませんが、じわじわ売れて・・・ってぱたんになるかもしれません。ここを見てる人はいち早くチェックですよ!

(関連記事)
ORANGE RANGE×Aqua Timez?新しいラブソング誕生
GReeeeN・FUNKY MONKEY BABYS ヒップホップがロングヒット続く

GReeeeNディリーシングルでトップに立ってそのままアルバムリリースへ

GReeeeNに続く恋愛ソング誕生

GReeeeNがジャニーズの牙城を崩す好発進、好調な秘密とは?

GReeeeN「キセキ」は売り上げ枚数もきせきの数字?ジャニーズ以外では今年最高の呼び声も!

posted by わーぼう at 21:24 | Comment(1) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2008年05月13日

ギネスに認定された9才のジャズドラマー・大我の魅力って何?

5月10日の「全力Tunes」では平陸(たいら りく 公式ホームページ http://www.tairariku.com/)くんというドラマーの子が紹介されたみたいです。
http://www.dai2ntv.jp/p/z/126z/music.html



9才のジャズドラマー・大我くんを知ってからいくつかのサイトで同年代のドラマーの子の映像を目にしていますが、大我くんのレベルはそれのどれよりもはるかに上をいっています。別に他の子が特別下手というわけではないんですが、大我くんには他の子にはない豊かな表現力があります。taiga_okayama.jpg
8日に岡山で行われた大我くんのライブに行ってきました、この会場、前売りは完売で当日券も・・・で小さな会場に300人くらいのお客さんが見にきて・・・。でもこんなに集まったお客さん、事前に大我くんの音をCDで聞いてきた人はほとんどおらず、予習はまったくなしで会場で初めて聞くって人ばかり、でもジャズに関しては普段からよく聞いている感じの人が多く評価はいったいどうなるのか?と思いましたが評価はすごく高かったようです。彼のすごいところはステッィクを3種類(通常のもの・ブラシ・マレット)使いこなしているところ。なかでもブラシは非常に表現力が問われるものらしく、最初のうちはすごく苦労するらしいのですがこれを彼はなんなく最初からやっていたというからすごいです。大我くんはまたそれが一番得意というからまたまたすごいです。音だけを聞いていたらとても9才の子が演奏してるなど誰しもが思えないくらい表現力がすごいですが、これは彼の努力の賜物だと思います。(彼のうわさはまずニューヨークで彼が6才のときに広まり、6才のやつの中に60才・70才のおっさんがいるって表現をされたり、NYのザ・シュガーヒルカルテットのドラマー. グレッグ・バンディさんが日本ツアー時に彼の音をどうしても地元NYの仲間に聞かせたいって言うことから電気店で録音機材を買ってこれで大我の音を録音してほしいと訪ねてくるなどしたらしいです) ジャズ・ピアニスト、秋吉敏子(穐吉敏子)のトリオでドラマーを務め、日野皓正、山下洋輔、渡辺香津美など、3巨匠によるコンサートにも出演した実績があるとのことでジャズを知っている人ならすごい人と共演してるんだってこれを見るだけでわかることと思います。大我くんのCDは2枚買ったんですが黒パッケージのライブ盤がおすすめ、ジャズを聴かなかったのが聞くようになった1枚です。

posted by わーぼう at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年05月08日

大我くんギネスに認定されました!

どこよりも早い速報です!おそらくそのうちニュース記事になると思いますがここを見ている人と今日の岡山での大我くんのLiveを見た人だけが知りえるとっておきのニュースです。


大我くん・ギネス社から正式に世界最年少ドラマーに認定されました


大我くんもMCのときに実感がないって言ってましたがホントそうかもしれません。演奏しているときの姿は大人そのもの、9歳の男の子って思えるのはステージに登場するとき、しゃべるとき、お父さんと一緒に歩いているときだけって感じがします。名古屋と岡山の2回大我くんのLive、それぞれにいいライブでしたが、岡山は名古屋にはないいろんな大我くんの一面が垣間見れた気がします。岡山のレポートは後日詳しく紹介します。
posted by わーぼう at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年05月05日

京都の9才ジャズドラマー大我(TIGER)くんのライブ見てきました

今日は夕方から名古屋ブルーノートで9才のジャズドラマー大我くん率いるバンド・TIGER, BURNING BRIGHTのステージを見てきました。ブルーノートって普段は大人の空間で子供は・・・って空間らしいのですが今日ばかりはいつもと違って子供連れの人もけっこう見られました。幼稚園くらいの子や小学生、中学生、高校生・・・こんな空間にははじめていくからかなり緊張しましたがこんな感じだったんで意外と安心しました。会場からの声援もちっちゃな子からってのがあってメンバーもはにかんだりして会場自体がほんわかした雰囲気の中ライブは行われました。
ライブなんですがう〜むジャズってこんな世界なんだ・・・これをやりきる大我くんってすごい!と思いました。TVで演奏する曲はすべてスティックをバンバンたたく曲ばかりなんですが、ライブではバラードナンバーを何曲か披露、このときはスティックを使っていないからあれは何?と思って見ていたらブラシというものらしく、スティックを強くたたく曲もあれば弱く叩く曲もあり、ブラシでするのもあって・・・。大我くんはあるテレビで「メンバーと会話をしながら演奏してる」って言ってたような気がしたんですが、ライブを見ていると演奏中に他のメンバーと目と目で会話をしながら演奏をしていてすごくそれが印象的で・・・。


テレビで見てるだけではこの音のすごさは全くわからない!生音を体感すべし!


posted by わーぼう at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年05月04日

今日はライブ見てきます

今日は休みでまた東京行くか?とも思いましたが最近行ったし、プリズマのストがあるわけでなし、NHKのイベのためにいくにもあの内容だと無駄と判断。だってバーンズくんだけだし、10分で3万はね。裏原も買い物もけっこうしていて、買いたいものもないし…

で今日は名古屋ブルーノートで行われる天才ジャズドラマー大我くんのライブを見てきます。関西では読売テレビの夕方の番組に出てたし、関西限定の情報誌Lマガジンにも登場、大阪のライブに行けたらいいけど日にちが合わなくて、それなら今日かな?と行くことに。東洋一の藤棚 尾張津島の藤棚と一緒にして行ってきます。
posted by わーぼう at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年04月23日

京都出身・9才のジャズドラマー鬼束大我CDデビュー

少し前からちょっと気になって調べていた情報なんですが水曜日のめざましテレビ・とくだね!に出演するらしく、この機会に紹介。
わずか9才にしてCDデビュー、ジャンルはジャズ、彼は京都市出身で大阪・高槻で毎年開かれる「高槻JAZZ STREET」に毎年参加してたとか。そんな身近な所にこんな子がいたとはびっくり!ジャンルがジャズだから聞きなじみがないのでこれから音源を聞かないといけませんが、彼以外にもすごい子はいるみたい、

山岸竜之介くんっていうんだって。Blogも発見。



彼の名前は知っていてもどんな子か知らないままにしていたんで記事をいくつか紹介

なんと9歳、小学3年生のジャズ・ドラマー がメジャー・デビュー!  リッスンジャパン

小学3年生のジャズ・ドラマー、大我が4月23日(水)にアルバム『TIGER!』でメジャー・デビューを果たす。デビューをきっかけに世界最年少記録として、現在ギネス世界記録に申請中。
9歳ということから、既にメディアに取り上げられ話題を呼んでいる大我だが、このアルバムを聴けば、彼が既に表現力豊かな本物のジャズ・ドラマーであることが分かると同時に、その無限の可能性に惹きつけられる。
母のお腹の中からジャズを聴き始め1998年誕生。わずか6歳でプロ・デビューを果たした天才少年。7歳でのニューヨーク・ライヴでは、その類まれな表現力と4ビート感覚が「まるで老練な黒人ドラマーのよう」「エルビン・ジョーンズの再来」などと絶賛され、国内外の巨匠たちとの共演が後を絶たない。昨年10月の横浜ジャズプロムナードでは、ジャズ殿堂入りの名ピアニスト穐吉敏子(秋吉敏子)のトリオでドラマーを務め、また同月、日野皓正、山下洋輔、渡辺香津美など、日本ジャズ界を代表する3巨匠によるコンサートにも出演。
自己バンド「Tiger, Burning Bright」で日本代表のひとりとして出演したギンザ・インターナショナル・ジャズ・フェスティバルでは、その白熱のステージが多くの聴衆を魅了し大きな話題となるなど、今最もジャズ界で注目を集めている逸材である。


世界最年少、9歳のプロ・ジャズドラマーがデビュー BARKS

弱冠9歳のジャズ・ドラマー、大我が、4月23日にアルバム『TIGER!』でメジャー・デビューする。
今回のデビューを機に、世界最年少のプロ・ドラマー記録として現在ギネス世界記録に申請中という彼。3月7日に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』内ニュース・コーナーにVTRで登場し、「タモリさんCD買ってください」とメッセージを贈ったところタモさんも思わず笑顔になったという、まだまだ笑顔があどけない虎柄のTシャツが似合う小学校3年生だ。
とはいえデビュー・アルバム『TIGER!』では、既に9歳とは思えない豊かな表現力とテクニックを身に付け、ジャズ・ドラマーとしての無限の可能性を充分に感じさせるという。
デビュー・アルバム『TIGER!』のリリース後は、4月25日(金)地元・京都ライブハウス「RAG」を皮切りに、デビュー記念全国ツアーを全国7ヵ所8公演行なう。
<大我-Tiger Onitsuka- CDデビュー記念全国ツアー>
4/25(金)京都 RAG
4/26(土)静岡 MAM'SELLE(マムゼル)
4/27(日)長野 美鈴楽器本店
4/29(火)長野 茅野市民館マルチホール
5/1(木)東京 JZ Brat
5/4(日)名古屋 NAGOYA Blue Note
5/8(木)岡山 ルネスホール
5/10(土)大阪 ROYAL HORSE
<大我-Tiger Onitsuka- ライブツアー featuring Blue Smith a.k.a KANKAWA
VS 『LateSet』from NY Super Guitarists(JAZZ Rising Star)>
5/23(金)福岡 Gate's 7
5/24(土)広島 CLUB QUATTRO
5/28(水)新潟 Gioia Mia
5/29(木)仙台 エルパーク仙台スタジオホール


音楽サイトがこんなにこぞって紹介しているのも注目です。

posted by わーぼう at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2008年02月26日

feat.青山テルマ楽曲でiTuneダンスチャート首位独走中話題のカリスマDJ・MAKAIがメジャーへ

ただいま「そばにいるね」が大ヒット中の青山テルマ。オリコンシングル週間チャートも好調に推移しているんですがこんなところにもクレジットされていて密かに大ヒットを飛ばしていて知る人ぞ知る状態になっているんです。


青山テルマがブレイクしたことで絡めた記事でそこかしこに出てきていますが、ここではMAKAIの経歴?が紹介されている BARKSの記事を紹介

カリスマDJ・MAKAI、チェックしましたか?

MAKAI(マカイ)はチェックしましたか? 先日、iTunesダンス・チャートで1位を獲得した旨をお伝えしたが、3月5日のメジャー・デビュー・アルバム『GARDEN』リリースが近づくにつれ、ますますの盛り上がりを見せてきている。

MAKAIは90年代後半からDJ活動を開始。2ndアルバム『Stay True』はインディーズながら20,000枚ものセールスを記録しているカリスマ的存在だ。そんな彼の最新作『GARDEN』は、それぞれの曲がMAKAIの庭であり、それぞれの庭にフレッシュなヴォーカリストを迎え花を咲かせてもらおうというコンセプトのもとに制作されている。そしてその中からリードトラックとしてリリース、すでにiTunesにてバカ売れしているのが「Garden of Love feat.青山テルマ-Exclusive Edit-」というわけだ。

春っぽく煌びやかなエレクトロ極上アッパーチューンとして用意された「Garden of Love」は、青山テルマの声を知った瞬間ビビッ!と来て、即彼女にオファーすることになったという。実際のレコーディングで、一緒に作業したMAKAIは「すごく前に出るヴォーカルだったので、元々コーラスを入れようとしていたけど、それも必要がないと思った。トラックのイメージにピッタリのフレッシュでキラキラした弾むような声質とリズム感の良さ。歌録りはたった3時間しかかからなかった」と喜びを語る。

「テルマちゃんは、きっとすぐにでも人気が出るに違いないと思ってはいたけど、まさか、こんなに早くスゴイことになるとは(笑)。でも本当に素晴らしいシンガーだと思います。」ともコメント。

一方、青山テルマからも「初めて挑戦したジャンルだったけど本当に最高に楽しかったし、MAKAIさんのハンパないトラックの上に歌えるのは凄く光栄でした!みんなもMAKAIワールド、エンジョイしちゃって下さい!!!」とメッセージを寄せている。


「Garden of Love feat.青山テルマ」は、すでに全国各FM局のパワープレイに次々と決定。iTunes Storeダンス・チャートで2008年の1月3日以降首位を独走している「Garden of Love feat. 青山テルマ -Exclusive Edit-」をうけ、オリジナル・バージョン「Garden of Love feat.青山テルマ」がi-tunesにて2月20日より先行配信も決定している。もちろん着うた(R)も先行配信中だ。。

MAKAIの庭に咲き乱れる花たちは、青山テルマを筆頭に、TERIYAKI BOYZでも知られるWISE、ネクストブレイクの呼び声高いmoumoonのYUKA、m-floファミリーのRyoheiといった、今勢いのある注目のヴォーカリストたち。また、Swing Out Sisterの1986年のヒット作「Breakout」のカヴァーや、sugiurumn、SH(from GTS)といった大物もRemixで参加という非常に豪華な作品となっている。

昨今の異様な盛り上がりを見せているハウスシーンと、その象徴として登場した新世代DJ/トラックメイカーMAKAI、この化学反応がもたらすエネルギーは、近年まれに見るパワーを内包しているようだ。


メロディはFreeTEMPOに似た感じのおしゃれな感じのメロディで非常に聴きやすい感じ、ヒットの予感がぷんぷんしてきます。まずは3月5日のアルバムに注目です。


収録曲:
01.Message feat.WISE
02.Garden of Love feat.青山テルマ
03.Can't you feel? feat.YUKA from moumoon
04.Love So Bright feat.Ryohei
05.Breakout feat.Mary -Original Mix-
06.Move Your Feelings Ver 2.0 feat.Samantha Nelson
07.Sunrise feat.Samantha Nelson -sugiurumn remix-
08.New Day feat.arvin homa aya -SH Club Mix-
09.In The World feat.WISE

・MAKAI オフィシャルサイト http://www.makai.tv/
・MAKAI レーベルサイト   http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=2327
・MAKAI オフィシャルブログ http://ameblo.jp/makai-k/
タグ:MAKAI DJ・MAKAI
posted by わーぼう at 23:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年02月15日

木山祐策「HOME」 1週目は11位、でも2週目は!!!高まるTOP10入りの期待 3週目には次の「HOME」が!!!

2月は2つの「HOME」がチャートを席巻!みたいな記事を以前書きましたがその予感が・・・。
2月6日に発売された木山祐策「HOME」、1週目は新曲ラッシュと出だしの弱さから11位に甘んじましたが2週目に入ってディリーチャートの推移が11位、9位と好調、このままの勢いなら2週目はTOP10入りの勢いが出てきました。

そして3週目にはついについにようやく発売の清水翔太「HOME」、このBlogでは3年前から書き続け、ホームページではさらに前の4年前から紹介してきました。去年から各所で紹介され、デビュー前から話題になっていたんでデビュー前にして息切れしそうな心配さえありますが、そんななか関西ではMBS「ちちんぷいぷい」で取り上げていたようで・・・。この番組でデビュー前に取り上げられるとかなり縁起がよく、ブレイク度が高いんでますます楽しみに。13日の渋谷のフリーライブ30分ほどのライブで5曲披露だったそうですが、300人が集まってすごい盛り上がりだったとか・・・。チャートの結果はどうなる?

posted by わーぼう at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2008年02月12日

木山裕策あと一歩及ばず11位に

オリコンシングルチャートの速報が出ました。木山裕策のHOME、週の後半五位まで順位をあげて追い上げましたがトップ10はならずでした。でも正直ここまで順位が上になるとは思わなかったので嬉しかったかな?次週以降の売り上げも注目です。
posted by わーぼう at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2008年02月10日

木山裕策「HOME」オリコン5位に上昇&大阪凱旋?写真公開

2月6日に発売された木山祐策「HOME」、オリコンディリーチャートは16位でランクイン後、11位、11位ときて9位、5位と上昇、週末は関東地区でTV番組があった影響でプラスに働いたと思われます。最初の16位にTOP10入りは難しいのでは?なんて思っていましたがここまでくると可能性が出てきて、今後の動きが楽しみになってきました。
そして今日の大阪・千里中央のイベントですが多胡さんのBlogでは800人という表記ですがとにかくたくさん集まりました。
千里中央といえばHINOIチームwithコリッキーのときに行って写真を撮ってますが(当時の記事:http://streetdiary.seesaa.net/article/10821555.html)
そのときより少し少ないくらいの人数かな?とは思いますがとにかくたくさん集まりました。1曲聴くだけでホントたくさんの人が集まりました。握手会参加の人はファミリー層が多くて20〜30代の人が多かったかな?以前にも書きましたが木山さんのCDは普段あまりCDを買わない層が買ってる気がするんでとてもいい傾向じゃないかな?と思います。
kiyamastage1.jpgkiyamastage2.jpgkiyamastage3.jpg



タグ:木山裕策 home
posted by わーぼう at 23:32 | Comment(1) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2007年11月17日

Blogで紹介したユニット「ON/OFF」「SUGER」がCDデビュー

@代々木並木道のストリートでチェックしていた博多発双子ユニット「ON/OFF」が11月21日にCDデビュー、

彼らが出演中の車田正美原作のドラマ『風魔の小次郎』

東京MXテレビ
水曜日 26:00〜26:30 2007年10月3日〜
テレビ神奈川
水曜日 23:00〜23:30 2007年10月3日〜
三重テレビ
水曜日 26:55〜27:25 2007年10月3日〜
サンテレビジョン
金曜日 26:05〜26:35 2007年10月5日〜
RKB毎日放送
土曜日 26:45〜27:15 2007年10月13日〜
北海道放送

のエンディングテーマに「永遠の刹那」が採用、これでデビューします。
作詞・作曲は倖田來未「Butterfly」山下智久「抱いてセニョリータ」などを手掛ける渡辺未来さんと強力布陣、ちょっと目が離せないかも。

A城天のストリートなどでチェックをしていた関西発6人組エンターティメントユニット「SUGER」が11月28日にMiniアルバムでデビュー、彼らは同時期に東京・大阪で舞台「廃墟に咲く花」を行い、舞台のサウンドトラック的作品「FORGET ME NOT 〜廃墟に咲く花〜」でデビューします。作詞はメンバー自身が手掛け、作曲はMISIA「つつみ込むように」を手掛けた島野聡が手掛けていてこちらも注目です。

そんな2ユニットのPVが動画配信されているのでチェックを!オリコンチャートの結果も気になるところですがどうなるかな?まずは50位以内!

Gyao Clip
http://www.gyao.jp/music/clipring/

ON/OFF 双子♂ チャンネル
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00100/v03117

SUGER 「FORGET ME NOT 〜廃墟に咲く花〜」 スペシャル
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00100/v03053/



[関連記事]
代々木ストリートに山下智久現る?毎週土曜の代々木もチェックです!
5月4日はD-SHINE・ON/OFF・2TOPが一同に会してイベント





posted by わーぼう at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2007年11月09日

Hey! Say! JUMP PV到着!

11月14日にデビューするHey!Say!JUMPのPVが到着、10人もいるから1人1人の映像が少なくて残念、歌の分数がもっと長ければ・・・なんて思ったり・・・。でもいい感じ♪


今後の番組出演は
11/12(月) 20:00 - 20:54 HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP
11/14(水) 19:57 - 20:54 はねるのトびら
11/16(金) 25:00 - 25:55 音楽戦士 MUSIC FIGHTER
みたいで、10人のキャラがどんなふうになっていくかちょっと注目かな?オリコンチャートは?

posted by わーぼう at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2007年10月03日

ヒット中のSouljaがこの勢いで・・・そしてPVに出ている女の人とは

現在「ここにいるよ feat.青山テルマ」がオリコンシングル週間チャートで2週連続チャートイン、3週目に入ったディリーチャートで新曲に混じってTOP10入りと息の長いヒットになりそうな超新世代ラッパーSoulJaなんですがそんな中アルバムリリースが。記事はリッスンジャパンから。

話題沸騰中の超新世代ラッパー、SoulJaが待望の1stアルバムをリリース!

9月19日(水)に3rdシングル「ここにいるよ feat.青山テルマ」をリリースした超新世代ラッパー、SoulJa(ソルジャ)。「遠距離恋愛」をテーマにした今回の新曲は、リリース前には、8月度有線お問い合わせチャート1位、また発売2週前にして着うた(R)が大ブレイク、そしてCDリリース後の10月1日(月)付オリコン・シングル・チャートで初登場8位と大ヒットを記録している。そんな話題沸騰中の彼がついに、11月7日(水)に待望の1stアルバム『Spirits』をリリースすることが決定した。本作は、アゲアゲなアッパー・サウンドで突如日本の音楽シーンに切り込んだ1stシングル「DOGG POUND」をはじめ、インディーズ時代の隠れた名曲をリアレンジした2ndシングル「rain」、そして最新シングル「ここにいるよ feat.青山テルマ」を含む、これからの可能性が垣間見える幅広い音楽性に満ちた作品に仕上がっているのでお聴き逃しなく! 引き続き「ここにいるよ feat. 青山テルマ」スペシャル・サイト(www.universal-music.co.jp/soulja/special/ )では、PVフル視聴やSoulJaからのコメント映像、そして皆様からお送りいただいた「遠恋」にまつわるメッセージも発表されているので是非お見逃しなく。詳しくはレーベル・オフィシャル・サイト(www.universal-music.co.jp/soulja/ )まで。


有線チャートでは現在4位まで上昇中のSoulja、FMのオンエアーチャートでは2位とロングヒットの予感を感じさせるんですが、現在公式サイトで流れているPVの女の人、ちょっと気になるんで調べてみると星野奈津子さんって方でした。彼女はZEAL assosiate所属の女優さんで最近出演したドラマは
僕の歩く道(2006年、フジテレビ) - 水野楓 役
生徒諸君!(2007年、テレビ朝日) - 米崎駒子 役
帰ってきた時効警察(2007年、テレビ朝日)-吉祥寺役
のようです。CDジャケットにも登場しているのでそちらもチェックしてみてください。

posted by わーぼう at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(2) | 注目のアーティスト

2007年09月25日

「千の風になって」以来の!

「おしりかじり虫」が先週快挙を達成していた!記事はオリコンから。

「♪おしりかじり虫〜おしりかじり虫〜」。6月のNHK『みんなのうた』での放送開始直後から、一度聴いたら頭から離れない歌詞とメロディ、ユル可愛いキャラクターが話題となっていた、おしりかじり虫の「おしりかじり虫」。初登場の8/6付シングルランキングの順位は105位(売上1,088枚)だったものの、その後、着実に順位を伸ばし、9/24付で8位まで上昇し、7月27日(水)の発売から2か月半、登場8週目でついにTOP10入り(週間売上1.7万枚/累積売上5.4万枚)。初登場順位101位以下のシングルのTOP10入りは、秋川雅史「千の風になって」以来の快挙となった。

生みの親うるまでるび氏の写真と、NHK『みんなのうた』発の主なヒット曲一覧※下段に掲載

 初登場105位、2週目93位、3週目117位と大きな動きはなかったが、登場4週目で42位を記録するとその後24位→13位→13位と、異例とも言える急上昇ぶりを見せた同曲。

 02年12月に週間シングルランキングを100位から200位に拡張して以降で、初登場順位101位以下のシングルがTOP10入りした例は、初登場181位・最高6位のアンダーグラフ「ツバサ」、初登場150位・最高9位の中村中「友達の詩」、初登場168位・最高1位の秋川雅史「千の風になって」に次いで史上4例目の達成となった。

 “おしりかじり虫”とは、都会の疲れた元気のない他人のおしりをかじり、かじられた人を元気にして回る妖精(身長は25cm)のこと。生みの親は、伝説の子供番組『ウゴウゴルーガ』(フジテレビ系)などを生み出した、夫婦アーティスト・うるまでるび氏で、「おしりかじり虫」では作詞・作曲・アニメーションのすべてを手掛けた。

 その「おしりかじり虫」の生みの親・うるまでるび氏は、「子供を中心に大人まで、何か月も愛され続け、今やすっかり人気者だぞ・・と、おしりかじり虫本人に伝えておきます。きっとチチハハもお喜びでしょう」とコメントを発表した。


「おしりかじり虫」第一印象は面白い歌って感じで聞いて、何回か聞くと変な歌って思うようになっていったん嫌になりましたがまたまた聞くようになってしまって・・・それはなんと言っても動画の影響かな?YouTubeでは公開開始から3ヶ月で120万回のアクセスと半端でないアクセスに。今は削除されてしまいましたが、そのまま続いていたら・・・。でもちゃんと復活!


NHK・みんなのうたではあまりの好評で延長するとともに、8月から9月はうでまるびさんのインタビューを交えたミニ放送まであって・・・そしてみんなのうたは10・11月も延長!そして年末が近づいてきてこんな記事が。スポーツニッポンの記事から

「おしりかじり虫」MJで“紅白演習”

NHK「みんなのうた」で放送され、ブレークしている「おしりかじり虫」が同局の音楽番組「MUSIC JAPAN」(10月12日深夜0・40)に出演することになった。同番組から生まれたキャラクターが他番組に出るのは異例。「CHEMISTRY」や木村カエラ(22)らアーティストとの“共演”も実現し、年末の紅白歌合戦出場も現実味を帯びてきた。

 CD売り上げ20万枚を突破し、24日付オリコンチャートで8位に入るなど大ヒットしている「おしりかじり虫」が、「みんなの歌」を飛び出して音楽番組のライブに出演する。

 「MUSIC…」は10月1日に東京・渋谷のNHKホールで公開収録。「おしりかじり虫」の着ぐるみが振付師の南流石(49)とともに、ダンサーやチビっ子約20人を引き連れてステージに立つ。都会のおしりは苦かった…という謎めいた歌詞と耳に残るメロディーが流れる中、南が振り付けしたダンスを披露。3000人(募集終了)の観客にも一緒に踊ることを呼び掛ける予定で、大いに盛り上がりそうだ。

 収録には、CHEMISTRYや木村カエラのほか、TRF、Aqua Timezeなど紅白経験者も参加。子供向けソングとしては、「おかあさんといっしょ」から生まれた「だんご3兄弟」が出場した99年以来の紅白出場を狙う「おしりかじり虫」にとって、絶好の“予行演習”の場となる。

 ライブの模様は10月5、12、19日の3度に分けて放送。すべて深夜帯の放送予定だが、「おしりかじり虫」が出演する12日分は子供が見ることを考慮して14日午後5時30分から再放送される。

 「おしりかじり虫」の着ぐるみは、これに先立つ5日のNHK教育「みんなの歌“おしりかじり虫”〜おどって♪こたえて♪かじってナンボ!〜」(後7・20)でテレビ初出演。「運動会で踊りたいと思ったが、振り付けが分からない」などの声が寄せられたことを受け、同曲のダンスレッスンなどをする同番組が特別編成された。


「おしりかじり虫」出演の放送分は夕方放送を用意したり「おしりかじり虫」のダンスレッスン番組までNHKがするとはちょっとすごいです、たぶんこの勢いだと紅白確実かな?でも「おしりかじり虫」って白組ででるのかな?

「おしりかじり虫」関連がCDや本以外でも登場し始めました!ふうせんセットってどんなの?
posted by わーぼう at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | 注目のアーティスト

2007年08月13日

今一番の注目のRSP、大阪では連日スペシャルライブも

RSPがオリコンシングルディリーチャートで先週連日の1位獲得、いろんなところで取り上げられるようになってきました。今回はLivedoorニュースの記事から

RSP、6年越しのアンサーソングが1位獲得

2001年に「一生一緒にいてくれや〜」という歌詞で大ヒットを記録した、三木道三の歌う「Lifetime Respect」。あれから6年が経ち、関西発のストリート・ユニットRSPの歌う、女性からのアンサーソング「Lifetime Respect - 女編 -」が今月8日に発売。8月7日付のオリコン・デイリーランキングで13位に初登場した同曲は、その後10日と11日の同ランキングで1位を獲得した。

 RSPは、関西在住のAi(ヴォーカル)とSaki(ラップ)のツインヴォーカルと、男女各2名ずつのダンサーからなる6人組。昨年12月に発売したデビューシングル「A Street Story」は関西でトップ10に入る売り上げを記録し、同曲が主題歌となったドラマ「REAL STREET」では、RSPメンバーが主演を果たしている。

 デビューから8ヶ月、RSPのセカンドシングルとなる「Lifetime Respect - 女編 -」では、三木道三の原曲を大胆にサンプリング。三木道三の男性目線での言葉に対する、女性からの返事が新たに追加され、6年前のプロポーズから始まった物語が今ここに完結する。

 6月末より同曲のオンエアを開始したUSENでは問い合わせが殺到し、最新のUSEN総合HITランキングで7位を記録。またRSPは、今月17日20時から放送となるテレビ朝日系「ミュージックステーション」への出演も決定している。


つづいてBARKS 8月16日記事

RSP「Lifetime Respect -女編-」がチャート1位を獲得! そしてMステ出演!

2001年の大ヒット曲、三木道三「Lifetime Respect」への女目線からのアンサー・ソングとして注目を集めているRSPの2ndシングル「Lifetime Respect -女編-」が8月8日にリリースされ、着うた(R)、着うたフル(R)が8月15日付けのレコ直♪週間ランキングで1位を獲得。新人のノンタイアップ曲としては、異例の快挙といえるヒットとなっている。

そんなRSPが、17日(金)の『ミュージックステーション』に出演することが決定! また、同日の正午〜18日(土)24:00までの36時間限定で、Sony Music Online JapanにてPVのフルサイズとメイキング映像、インタヴュー映像などが公開されるので、『Mステ』前にチェックしてみては?



読売テレビの夏イベント『わくわく宝島』が11日(土)からスタートしているんですがRSPが連続スペシャルライブを開催

場所:OBP(わいわいアリーナ)
出演日と時間(各日20分程度):
               8月13日(月)12:00〜
               8月14日(火)12:30〜 
               8月15日(水)16:00〜
               8月16日(木)16:00〜 
               8月18日(土)16:30〜 
 
*各日ともライブのみで即売及びサイン会等はないとのことです
posted by わーぼう at 02:19 | Comment(1) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2007年08月11日

RSPが急上昇!「REAL STREET PROJECT」発ブレイクの予感

昨年よみうりテレビとSonyMusicがタグを組んで関西で最強ヒップホップ・R&B・ダンスユニットを結成してデビューさせようと始動したプロジェクト「REAL STREET PROJECT」、関西でも東京同様街角やクラブ、ライブハウスで、活躍するアーティストはけっこういるのになかなか他と比べると出てこないってことで、関西から全国へ広めるべくその助けができればと読売テレビとソニーミュージックのタッグによって始動したプロジェクト、それが「REAL STREET PROJECT」なんです。

Yahooでも特設サイト(http://hiphop.yahoo.co.jp/index.html)ができ、

このBlogでは昨年7月7日(http://streetdiary.seesaa.net/article/20416013.html)
7月31日(http://streetdiary.seesaa.net/article/21687969.html)
9月2日(http://streetdiary.seesaa.net/article/23172055.html)
の3回触れてきました。そのあと最終選考で6人が残り

ヴォーカル・松尾藍、八山早紀子
ダンサー ・板谷恵里、江本浩武、船瀬唯、矢本友広

の6人で昨年12月にCDデビューしたんですが・・・初動は55位・2728枚とそれほど数字が上がらずでそれ以来今回ディリーシングルチャートで3位に上がるまで個人的にはチェックしていませんでした。今回3位まで上がって「いったい誰?」と調べると昨年ずっと選考会からチェックしていたあのユニットかと今になって気づきました・・・(汗)

今回のこの動きは新聞でも取り上げられています。8日のディリースポーツをここで紹介

「ずっと一緒に〜」RSPブレーク必至

「一生一緒にいて下さい」-。これがあたしの答えです。女性ツインボーカル&ダンサー4人による関西発ストリート・ユニット「RSP」が、8日リリースの新曲「Lifetime Respect-女編-」でこの夏を席巻することになりそうだ。同曲は、「一生一緒にいてくれや」という三木道三の大ヒット曲「Lifetime Respect」のアンサーソングで、男性の求愛にこたえる情あふれる歌詞がつづられている。大阪のストリートから生まれた新たな大阪純情恋物語が今、日本中に響き渡ろうとしている。
 「ずっと一緒にいたいねん」-。“べっぴん”ボーカル、Ai(22)とSaki(25)が、レゲエのリズムに刻まれた愛の言葉に、素直な関西弁でこたえていく。
 「Lifetime-」の三木の歌唱を当時のまま、サンプリング使用した2枚目のシングルは、呼び掛けにこたえるアンサーソング。男性の求愛にこたえる“デュエットソング”のような構成になっている。
 そんな愛する2人の間に行き交う素直な関西弁の歌詞には、発売前から早くも話題集中。10代後半から20代の女性から共感を呼び、曲配信や有線へのリクエスト、SNSなどの検索や問い合わせは右上がりのグラフ線を描き、そのルックスやパフォーマンスにも熱い視線が注がれている。
 今回の企画は、思春期に家庭内で苦い経験をしたAiが、そんなつらい時期に聞き、支えとなった三木の“プロポーズ”への返事を温めていたことから誕生した。
 Aiは「6年前に原曲に出会うてから、人を愛するのにほんまに大事なんは何なんか深く考えるようになったように、この『女編』を聴いてくらはる皆さんに人を心から愛するということをもう1回、考えてもらえたらうれしいです」とコメント。“男編”から6年越しで生まれた「大阪純愛ソング」は今夏の注目曲となることは間違いない。



posted by わーぼう at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(3) | 注目のアーティスト

2007年07月10日

GReeeeN上昇はこの宣伝効果?

streetdiary-2007-07-08T17_31_25-1.jpg週末アルバムの売り上げの上昇が非常に大きかったGReeeeN、シングルに続いてアルバムもディリチャートで1位を記録、もしかしてこれが少なからず影響したのかな?週末、代々木公園のストリートライブを見た後に原宿界隈を歩いていたんですが、そこで目撃した原宿の明治通り・YMスクエア前のプロモーション、効果があったかな?ここでは単に音楽鳴らしてって感じですが明治通りのこの付近は表参道と竹下通りを結ぶ通りで人通りがホント多いところ、プラスになったのは間違いない?
posted by わーぼう at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2007年07月02日

GReeeeN シングル「愛唄」アルバム「あっ、ども。はじめまして。」で一気に全国区に

7月最初の記事はGReeeeNの話題から。

5月にCDショップの店頭で出合った「愛唄」、視聴機で聞いてからすごい勢いで聞いていて、ついにカラオケでも歌ってしまいました・・・。有線や着うたも依然好調、シングル「愛唄」はアルバムがリリースされて勢いがなくなると思われましたが、オリコンディリーランキングでは週末にTOP3に再び入ってきて、まだまだ勢いがあるのを実感しました。先週シングルが2位まで上り詰めましたが、今週アルバムでも2位が確実、去年の秋はシングルーアルバムの勢いで絢香がブレイクしましたがGReeeeNもそうなるんでしょうか。

少しBlogが休止していましたが元気にやってますので心配なく。

タグ:GReeeeN 愛唄
posted by わーぼう at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2007年06月26日

GReeeeNディリーシングルでトップに立ってそのままアルバムリリースへ

リリース直後から「劇押しソング」としてどこよりも早く何度も紹介しつづけたGReeeeN「愛唄」、今週オリコンディリーチャートでついに1位へ登り詰めなんだかすごくうれしかったのですが、27日にはアルバム「あっ、ども。はじめまして。」をリリース、好調さを維持したままのリリースとなるため数字にも期待・・・。
で、「愛唄」のヒットで同時に話題になったのがプロモーションビデオ、こちらはスターダストのナチュラルのサイトで紹介されている岡本浩志くんとフジテレビ・関西テレビ系ドラマ「スリルな夜」に出演している志保さん、ガラスの壁をたたく彼に涙する・・・が印象的な映像なのですがこれを手がけたのがテリー伊藤さん、プロモーションビデオを手がけるのは初めてのようですがこれがまたよくて曲とともに話題になりましたがアルバムのCMがこれまた・・・ってことで記事を紹介、BARKSのサイトの記事から。


5月に発売したシングル「愛唄」が、オリコンシングル週間ランキングで最高位4位を記録、ダウンロード数も120万を突破と大ヒット中の4人組覆面ユニット、GReeeeN。彼らは、メンバー全員が歯科医を目指す現役大学生ということでも、話題となっている。

今年デビューの新人ユニットながら、驚くべきヒットを飛ばしている彼らが、6月27日に1stアルバム『あっ、ども。はじめまして。』をリリースする。今作には、ヒット中の「愛唄」のほか、デビュー曲「道」、2ndシングル「HIGH G.K LOW〜ハジケロ〜」を含む全11曲が収録されている。

そんな彼らの1stアルバムのテレビCMに、鬼才・テリー伊藤が出演する。CMは、一筋の涙を流しているテリー伊藤の右目のアップから始まるという、インパクトのある映像となっている。斜視を治した後も、メガネやサングラスはかかさず付けているテリー伊藤だが、このCMでは、いつものオシャレなメガネはかけておらず、力強い眼差しで、まっすぐにこちらを見つめている。アルバムタイトルのナレーションも、テリー伊藤が担当している。

ちなみに、「愛唄」のプロモーション・ビデオの監督を務めたのも彼で、アーティストのPV監督をしたのは、彼にとっても初めてのことだったそう。彼自身、GReeeeNに大きな期待を寄せているということもあり、今回、GReeeeNの1stアルバムのテレビCMに出演することになったようだ。

歯科医師を目指す受験生が繰り広げる、快進撃に乞うご期待!


テリー伊藤さん大活躍ですね、まさかこんなにGReeeeNの仕事に関わることになるとは本人も思ってなかったのでは?あと公式サイトのBGMに流れている「街」、これもいい曲ですが果たしてこの曲の行方は?気になります。

posted by わーぼう at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(3) | 注目のアーティスト

2007年06月22日

KREVAとSPITZの草野マサムネ・異色のデュオに注目

KREVAのちょっと意味深なシングル発売発表。渋谷センター街に<KREVA×?=なんかすごい新曲 07年6月発売 / かなりすごい3rdアルバム 07年夏 発売>と書かれた告知ボードして話題になっていましたが、“?”部分がまさかこうだと思った人ってどのくらいい たんでしょうか、『草野マサムネ from SPITZ』がそこに入るとは!!  KREVAとSPITZの草野マサムネ、一見異色に見えるこのコンビの楽曲「くればいいのに KREVA feat.草野マサムネ from SPITZ(Single Edit)」は、“会いたいのに、なかなか会えない切なさ、もどかしさをうたった曲”だそうで、KREVAがラップを担当して、草野マサムネがサビ部分の歌を担当、これが不思議とすごくいいんです。異色なんていいますが実はもう2度と出てこない名曲になったりして・・・なんてことになったりして・・・。曲はKREVAがベーシックトラックの制作を担当、草野マサムネはアコースティックギターの部分を担当し、歌詞は2人の共作。2人が織り成すメロディはこの夏の必須アイテムになりそうな予感も。オリコンではディリー2位で登場、いったいどんな動きになるのか注目です。
posted by わーぼう at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2007年06月17日

ジャニーズからHey!Say!7 スターダストからHotch Potchiが8月CDデビュー

Hey!Say!7がCDデビューすることがKAT-TUNのコンサートで発表されましたようです。KAT-TUNのコンサートのオープニングアクトを務めたようで広く名前を広めるのに成功した感が。月曜のめざましとか朝の芸能ニュースはどんな扱いになるんでしょうか。そしてオリコンも気になります。

まずはデイリースポーツの6月17日記事から

ジャニーズ初!平成生まれユニット

ジャニーズJr.の期間限定ユニットとして結成された「Hey!Say!7」が16日、東京ドームで行われた「KAT-TUN」のライブでオープニングアクトを務め、8月1日にリリースするシングル「Hey!Say!」を5万5000人のファンに初披露した。ジャニーズ事務所では初めて全員が平成生まれとなる5人組ユニットで、2007年に結成されたことから、この名前が付いた。ジャニー喜多川社長が「今年中にブレークさせたい」という逸材だけに、今後の活動が注目される。 ジャニーズ事務所では、初の全員平成生まれのユニットとなる「Hey!Say!7」。メンバーは中島裕翔(13)、知念侑李(13)、山田涼介(14)、有岡大貴(16)、高木雄也(17)の5人で平均年齢14・6歳という若さ。ジャクソンズやフィンガー5の兄弟グループをイメージしているという。すでに4月3日、「KAT-TUN」の今ツアー初日に名古屋で、ファンにお披露目されている。
 「Hey!-」はTBS系アニメ「ラブ★コン」(土曜 後5・30)のテーマ曲「Hey!Say!」のために結成された期間限定スペシャルユニット。CDは8月1日にリリースされるが、ユニットとしての活動は一応、同曲が番組でオンエアされる7月7日から9月29日まで。また、8月の「ジャニーズJr.の大冒険!@メリディアン(仮)」(15〜24日)への出演は決まっている
 注目されるのは、その後の動向だ。ジャニー喜多川社長が「歌と踊りが素晴らしい。こちらが教えられるものもある。今回をベースにステップ、ジャンプさせていきたい。メンバーが増える可能性もある。今年中にブレークさせたい」とゾッコンだけに、秋以降にメンバー編成や楽曲展開に大きな動きが出そうだ。
 この日は、KAT-TUNの登場前にステージ上でメンバー紹介。有岡が「KAT-TUNさんみたいな個性的なグループになりたい」と言えば、中島も「この場所で歌わせてもらっていることがすごくうれしい」と感激の表情。シングル収録曲「Hey!Say!」「Iをくれ」「BON BON」をメドレーで披露すると、観客からは早くも黄色い声援が飛び交うほど。注目の新ユニット登場だ。

Hey!Say!7のCDの詳細です♪

発売日:/8月1日

初回盤:l,300円(税込)DVD付き
通常盤:900円

●初回盤収録曲
M1:/『Hey!Say!』「ラブ★コン」0P
M2:/『BON BON』 「ラブ★コン」ED
M3:/『Iをくれ』
DVD:プロモーション メイキング

●通常盤収録曲
M1:/『Hey!Say!』「ラブ★コン」0P
M2:/『BON BON』 「ラブ★コン」ED
M3:/『Iをくれ』
M4:/『Hey!Say!』(オリジナルカラオケ)
M5:/『BON BON』 (オリジナルカラオケ)
M6:/『Iをくれ』 (オリジナルカラオケ)







そしてスターダストのボーイズユニットで毎週代々木公園並木通りでストリートライブを行っているHotch Potchiが17日の路上ライブでCDデビューをすることを発表しました
ここでHotch Potchiの紹介を
メンバーは黒川洋介(リーダー)、川崎健福山聖二越山凌太井澤勇貴の5人に犬のキャラクター、
ハッチくんポッチくんからなるグループ2005年結成で代々木公園並木通りでストリートライブを続けて、最初は10人足らずだったファンが今では100人以上を集めるようになる。今のメンバー構成は今年の1月からでオリジナル曲9曲あり、何曲かは着うたですでにダウンロードできるようになっています。

路上ライブは7月で終了、あと1ヶ月で見納めです。

8月9日にはラフォーレ原宿でデビューイベントをします。

ラジオ:『We Lovwe Hotch Potchi』CBC毎週土曜23:30〜24:00
雑誌 :『REAL☆G』(vol2)
     JUNON(6/23発売)

オリジナル曲:空気を読め! 空気を読んで 風雪 蘭−ラン− Hotch&Potchi Bang! Bang! Bang! 香り ダメダメBad Boys Surfin'Dog

CDの詳細をわかる部分で発表
発売日:8月8日
価格は1,000円

ハッチポッチ と ネロくん
Surfin' Dog(Boys盤)
M1:/『Surfin'Dog』
M2:/『Surfin'Dog』カラオケ
M3:/『東京あわてんボーイズ』
商品番号:POCS-5012
レーベル:プライエイド

Surfin' Dog(DOG盤)
M1:/『Surfin'Dog』
M2:/『Surfin'Dog』カラオケ
M3:/『Hotch&Potchi』
商品番号:POCS-5013
レーベル:プライエイド

「TV東京系ペット大集合!ポチたまネロくんテーマソング」

[予約特典]
Surfin ' Dog Boys盤、Dog盤それぞれを予約した方に先着でBoys盤オリジナルポスター、Dog盤オリジナルポスター(B2サイズ予定)をプレゼント!(一部店舗では特典のご用意ができない場合があります)
大型店舗での予約をおすすめします。(HMV・タワーレコード・新星堂など)特典の有無をご確認の上、お早目のご予約を!







モバゲーTOWNで新曲『Surfin'Dog』の視聴ができます
登録はこちら→ http://mbga.jp/  
クリエーター→ミュージックTOP→ポップ男性Vo

オフィシャルサイト http://hotchpotchi.com

Hotch Potchiの応援サイト連日更新中→http://hotchpotchi.ojaru.jp/


Hotch Potchiデビューで気になることがあって・・・「Hotch Potchi CDデビュー」に書きました。よかったら・・

*追記 Amazonの音楽セールスチャートではHey! Say! 7 「Hey!Say!」の初回版が早くも2位にチャートイン、通常版も21位にチャートインと早くも注目が集まっています。

posted by わーぼう at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2007年06月10日

「金スマ」放送から2週目、中村中今週もTOP10入り

金スマで紹介されて、中村中「友達の詩」放送後2日にていきなりディリーシングルチャート6位ディリーアルバムチャート8位まで上昇、シングルは放送の翌週も再びTOP10入りと好調、去年何度も何度も紹介した記事があるのでここでまた紹介しておきます。

◆中村中Blogでの過去の紹介記事
ディリーチャート急伸、週間でも150位から39位へ急上昇中の「中村中(なかむら あたる)」の今後の動きにチェックです

中村中・トップ10うかがえる位置に。売上枚数さらに加速中・今年後半の最大のヒットの予感

ついにベスト10に到達・中村中、そして・・・

世代を超えて楽しめる音楽へ・中村中 チャートイン再び、そして新曲

メディア露出で間隙を縫うように急上昇!オリコンデイリーチャートついに2位!!

中村中「友達の詩」は上昇するも「私の中の『いい女』」は楽曲の違いが差を生む?

私の中の「いい女」/中村中
icon

icon
icon

チューインガム/AAA
icon

icon
icon


この中村中さんの楽曲は聞く人の耳にとにかく残る曲です。一度耳にしたら耳から離れない、だからTVで紹介されるとこうなるのかもしれません。この人は番組で紹介されれば確実に売り上げに直結する人なのかもしれません。
posted by わーぼう at 20:10 | Comment(1) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2007年06月07日

GReeeeN・FUNKY MONKEY BABYS ヒップホップがロングヒット続く

今年はヒップホップ系が元気です。1月にBlogで紹介したFUNKY MONKEY BABYSは発売週こそTOP20圏外でしたが徐々に順位が上昇、最終的にはTOP10入りすることとなり春先までのロングヒットに、着うたはもちろん、有線チャートでも上位に入ってかなりいろんなところで耳にすることとなりました。
そして5月にBlogで紹介したGReeeeNはいきなりの初登場TOP10入り、次週以降はどうなるかと思ったのですが実は売り上げが1週目より2週目、2週目より3週目のほうが数字が上がっていて、オリコンの週間売り上げも12959→14044→22198と上昇、携帯の着うたランキングもTOP3入りするなど好調です。この2ユニットの共通点は歌詞が心に響いて中高生に共感を呼んだ点かもしれません、実際この2ユニットは高校のお昼の校内放送で1,2位を争うオンエアー数になっているよう、2ユニットの今後の動きに注目です。




話は少し変わりますが毎月チェックしている東京・渋谷・代々木公園のストリートライブなのですがここでHi-FUN&Bright!!というヒップホップユニットが定期的に活動中です。メッセージがあって3人とも個性があってストリートシーンでちょっと気になるユニットなのでここで紹介しておきます。



公式Blog http://hifunb.exblog.jp/

所属事務所HP http://cosmicjag.com/main.html

■6月24日に14:00〜17:00まで代々木公園並木通りでストリートを開催
posted by わーぼう at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(2) | 注目のアーティスト

2007年05月24日

FUNKY MONKEY BABYS「ちっぽけな勇気」

FUNKY MONKY BABYSの5枚目のシングル「ちっぽけな勇気」が23日に発売されました。
今回も応援ソング、というか彼らの歌は毎回応援ソングって感じのようですね。今日、大阪・梅田のタワーレコード梅田NU茶屋町店で行われたインストアライブに出かけてきました。CDでは何回も彼らの曲を聴いてきたんですが果たして生うたはどんなものなのかと思って出かけたんですがそれはそれはすごくて・・・
今日のインストアライブは事前の説明では参加の条件がタワーレコード梅田NU茶屋町店/梅田大阪マルビル店/難波店でCDを購入した方で、入場番号はご予約者優先、予約順、定員に達したら終了というものでしたがふたを開けてみたらCDを購入していなくてもインストアライブを見れるというものに変更されていました。それもそのはず、普段ならイベントスペースとストアのフロアの間にある扉を閉じて完全な密室でするアーティストがいる中で彼らは完全にOPENにしてライブをスタート、なので始まってからも観客増え続け、縦になが〜く伸びてエスカレータの前まで伸びることとなり、さらにはエレベーターで降りた人が開くたびに参加、参加でかなりの人が見ることとなりました。
それにしてもインストアライブが始まるとここはライブハウスか?と思えるほどの盛り上がり、最初は前のほうだけ盛り上がっていたんですがどんどんそれが後ろに広がっていってしまいには会場にいるみんながになっていて・・・終わった後は「久しぶりにライブで乗れて楽しかったって声が聞こえるくらい盛り上がりました。自身もそれはそれは盛り上がれてすごくよかったし、「Lovin' Life」「ちっぽけな勇気」を生うたで聞いて思わず(/_<)ってなってしまいました・・・。それにしてもインストアライブ終了後のCDの売り上げはすごかったです。以前見たアーティストさんはほとんど売れませんでしたがFUNKY MONKY BABYSは数十枚って単位で売れて(自分も会場で買った1人)タイトルによって一瞬なくなってはあわてて補充なんていうことをしてました・・・
曲目リストを
1.GO!GO!ライダー
(MC)
2.そのまんま東へ
3.恋の片道切符
(MC)
4.Lovin' Life
(MC)
5.ちっぽけな勇気
(MC)
6.西日と影法師
MCで印象的だったのは「最近ニュースを見てますと悲しいできごとばかりですね・・・もしもこの世に愛というものが足りないのなら俺たちそんなに歌がうまいほうではないのですがまっすくなラブソングに乗せて届けたいと思います」「こんなステージ上から説教がましくがんばれっていえる3人組ではないです、さびの俺たちって言うのはここにいるみんなを含んだことだと思ってます。」っていうようなことを言ってた部分かな?ここで会場が一気に一体化したような気がします。
とにかくよかった行ってよかったです。握手会ではメンバー1人1人に言いたいことも言える時間もあってメンバーも今日は来てくれてホントありがとうってしっかり握手されてこれも印象的でした。
オリコンは10位スタート、滑り込みですが10位はすごいことだと思います。大阪から風を吹かせて週間チャートでは初登場TOP10入となってほしいです。

公式HP http://www.funkymonkeybabys.com/
公式Blog http://blog.funkymonkeybabys.com/

posted by わーぼう at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

KOTOKO「ハヤテのごとく! 」でTOP10入なるか

今週はアニメソングの話題で持ちきり、そんな中KOTOKOのニューシングル「はやてのごとく!」も発売になりました。友人が熱狂的なKOTOKOファンなので曲を聞いたり映像を見たりする機会が多いのですが、KOTOKOのPVは見る限りあるファン層向けに受けるようにというより一般受けも十分計算されて作っているのでは?という気がします。このBlogでは過去に3回取り上げましたが彼女の楽曲はアニメのファンだけでなくもっとより多くの人に聞いてほしい気がします。コンサートを見た限りではいろんなジャンルの曲をこなす感じの人でKOTOKOの音楽とはこうだという定義が難しいくらいいろんなメロディを歌い上げるんです。今回のPVは水平線にまっすぐ続く道路にダンサーを従えて疾走感あふれるつくりに仕上げていていい感じ。今回は「being」以来のオリコンシングルTOP10入なるか注目したいと思います。
posted by わーぼう at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2007年05月23日

ファンキーモンキーベイビーズインストアライブ中

今日は梅田茶屋町タワーレコードでファンキーモンキーベイビーズのインストアライブがありました。ライブが始まったらとてもここがタワーレコードとは思えない盛り上がり、エスカレーター前まで人が集まって凄かったです。この件は後で詳しく報告です。今日は毎日放送のミュージックエッジの番組収録もありました。今週のオリコンディリー10位なんでこのまま行きそうな予感・・・
posted by わーぼう at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

帝京高校野球部出身のヒップホップユニットONE☆DRAFTがUSENチャートで1位に

最近USENの番組で頻繁にかかっていて気になっていたんだけどアーティスト名もタイトルもわからなくて、これって「ASIAN2」かな?と思っていたんですが・・・。5月16日付USEN総合チャートの1位はONE☆DRAFT(ワンドラフト)『フルサト』、??と思って曲を聞いたらUSENで流れていた曲はこれだとようやくわかりました。
 ONE☆DRAFTはSINGER/MCのLANCE(ランス)、SINGERのRYO(リョウ)、DJのMAKKI (マッキー)からなる2MC+1DJのヒップホップユニットみたいなんですが、全員が帝京高校の野球部出身の同級生(しかも全員特待生だった?)で、北海道日本ハムファイターズの森本稀哲選手が、帝京高校野球部の一つ先輩ということもありこんな記事で登場。

5月21日のスポーツニッポン「森本 球団タイ記録の24戦連続安打」の記事から関連部分のみ紹介
試合前のヤフードームで、帝京野球部で1年後輩の3人によるヒップホップユニット「ONE☆DRAFT」と対面した。福岡市内での店内ライブ前に駆けつけたボーカルのLANCE(25)は「1人(自分に)入り込んで熱唱しながらグラウンド整備していたのが印象的。1年から4番を打っていたのに、人一倍努力もしていた」と当時を振り返る。後輩たちは16日付のUSENヒットチャートでデビュー・シングル「フルサト」が1位を獲得。負けじと3安打の森本に、中日・安田スコアラーは「強引に引っ張らなくなり、ヒットゾーンが中堅から右に広がった」と、2回の右前2点打に警戒を強めた。

ONE☆DRAFTの名前の由来は野球の「ドラフト会議」からきていて、RYOだったらシンガーでドラフト1位、僕だったらDJでドラフト1位、LANCEだったらラップでドラフト1位という願いを込めてだそう。曲は故郷や家族への感謝の想いを込めたということで最後が「ありがとう」で終わるのも印象的、最近USENで話題の曲はなかなかオリコンチャートで上位とは行かず、現時点は100位が最高、いったい今後は・・・

・ONE☆DRAFT公式HP→http://www.onedraft.net/

posted by わーぼう at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2007年05月16日

ORANGE RANGE×Aqua Timez?新しいラブソング誕生

5月3週のオリコンシングルチャートは桑田佳祐・テゴマス・EXILEの3つどもえの展開の様相なんですが、ちょっと下を見てみると新しいアーティストがぞくぞく・・・ちょっと楽しみ!ということで今回はCDショップの視聴機で片っ端から視聴、で1つだけどうしても気になって気になって何度も聞いてしまう曲が。
それはGReeeeN「愛唄」。CDショップの店頭POPには「ORANGE RANGE」につづくのは「GReeeeN」だ!
となっていましたが個人的にはメロディラインは「Aqua Timez」って感じがしました。「GReeeeN」は福島県郡山市で医者を目指しながらも音楽活動をしている4人組バンドで、資格試験合格まではプロフィールを明かさないという覆面バンドのようです。出身は沖縄・佐賀・京都・千葉とバラバラ、そして4人が4人ともボーカルをとるバンドでもあるようです。





PVはテリー伊藤さんが監督を務めたそうでこれも見所、Gyaoにて公開中です。
posted by わーぼう at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(5) | 注目のアーティスト

2007年05月14日

FUNKY MONKEY BABYSの新作のジャケットを飾る有名人は?

すごく耳に残るメロディ、前作に続くヒットの予感が・・・。
FUNKY MONKEY BABYSの新曲が5月11日放送NHK「MUSIC JAPAN」でテレビ初オンエアー!一度目にしたら目に焼きついて離れないジャケットは今回も?と調べたら・・・

シングル「Lovin' Life」が着うたダウンロード120万件を超える大ヒットとなっている人気急上昇中のヒップホップ・ユニット、FUNKY MONKEY BABYS。これまで、そのまんま東、山田花子、ペナルティ、中島朋子と、有名人をジャケット写真&PVに起用し話題となってきた彼らだけに、5月23日リリースの5thシングル「ちっぽけな勇気」にも注目が集まっていました。そしてついにその有名人が発表!!

今シングルの“顔”に決定したのは、大ヒット・ドラマ『ごくせん』の熊井輝夫役でおなじみ、俳優の脇 知弘! 目を惹く強いビジュアルインパクトと、どこの街にも住んでいそうな普通の男の子を感じさせるキャラクターが、“日々抱えている漠然とした不安、それを克服しようと頑張っている気持ち”を歌った今曲のイメージにぴったりだったとのこと。

4月20日Musicnet 配信のニュース記事より



「Lovin' Life」はオリコンチャートで1月のリリース以来長くチャート上位に登場、3月の終わりまでチャート上位に顔を出しましたが、桜という季節の単語が入り、卒業ソングとしての位置づけでそれ以降が伸びませんでしたが今回は季節を問わなさそうなんでどうなるでしょうか
注目です。

posted by わーぼう at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2007年04月07日

1歩ずつ確実に上昇、今後絶対注目のシンガー・SHOWTA.

4月1週目発売のシングルでちょっと気になる楽曲があったので紹介、CDショップの店頭でいつものように新譜をチェックしていたら気になるジャケットがあって・・・。そのアーティストとは「SHOWTA.」、すごく中性的な出で立ちに写っていましたがたぶん男の人なんだろうなと思って見てみたのですが、紹介文に「天使の歌声」とあってこれまた気になる・・・で聞いてみることに。
確かに聞いてみると「天使の歌声」というコピーは本物でした、声がすごい高くてファルセット?も使っていてなんですが決していやらしくなく自然に聞こえてきてやわらかさを感じる歌声、でも歌詞は一語一語はっきり聞こえてきて・・・果たしてこんな紹介でどれだけ理解してもらえるかわかりませんが、いい曲です。一度聞いたら何度も聞きたくなるおすすめの1曲です。
SHOWTA.さんは福井県出身の今年20歳になるシンガーなんですが、 実は3年前までは歌が大嫌いというからびっくり、小さいときから女の子のような高い声だったのが嫌で歌が嫌いって状態だったようなんですが、中学3年生のときに行ったカラオケで、彼の歌声を聴いた友達がとても感動してくれたことをきっかけに、歌に興味を持つようになったんだとか。そして2004年の「ヤマハティーンズ・ミュージック・フェスティバル」に出演した彼は、オリジナルの曲を歌う中、既成曲、それも女性歌手の楽曲で人々を魅了し、数々の賞を受賞、歌手としてメジャー・デビューを果たしたのだとか。世の中どこでどうなるのかわからないですね、ホント。
チャートに目を向けてみるとデビューシングル「願い星」は119位、2ndシングル「Trans-winter〜冬のむこう側」は49位、そして今回はディリーチャートでいきなり30位圏内29位スタート、そのあと25位、24位と推移、今後に期待です。

ただいまCDリリースイベントをやっているので機会があれば見てみようと思ってます。もし見れる人は一度見てみてくださいね。
【愛知】4/7(土)13:00〜 ASNaL KaNAYaMA明日なる! 広場
15:00〜 イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター モールビジョン横
【大阪】4/8(日)14:00〜 タワーレコード梅田大阪マルビル店
17:00〜 BIG STEP B1F大階段
【岩手】4/14(土)13:00〜 盛岡駅ビル フェザン1F 出会いの広場
【神奈川】4/21(土)14:00〜 横浜駅ビル相鉄ジョイナス4F 新星堂横浜ジョイナス店 店内特設ステージ 【東京】4/21(土)18:00〜 HMV池袋サンシャイン60通り 店内イベントスペース
【埼玉】4/22(日)13:00〜 大宮アルシェ1F イベントスペース
17:00〜 イオン与野 1Fローズコート
【千葉】4/27(金)17:00〜 新星堂カルチェ5柏店 1Fエントランス



*4月8日SHOWTA.のインストアイベントに行きましたのでレポートを公開
今日のアメ村はイベント2つイベントが
SHOWTA.インストアライブ心斎橋ビッグステップ
タグ:SHOWTA.
posted by わーぼう at 00:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2007年01月16日

D-SHINE・フリーウェイハイハイ他14日のストリートで気になったユニット一挙紹介

0114yoyogi3.JPG0114yoyogi1.JPG朝一番に他を圧倒する人数を集めたのは北海道出身のダンスボーカルユニットで・笹崎恵二、山口純平、菅野篤海、今野 渉平の4人からなるユニットD-SHINE、100人以上は集まったと思われるストリートライブは2人ずつに分かれての歌披露やダンスなどを織り交ぜて2部構成で行いました。
D-SHINEのストリートライブはときどきって感じで見ますがどんどんよくなっています。最初は見たときはちょっと・・・って感じで去年の秋見たときも印象的にはそんなにいいものではなかったんですがライブハウスとかを経験して大きくなったのかな?これからの4人に注目です。

さて他に気になったグループも紹介
フリーウェイハイハイ
DSC03370.JPG このユニットは2人組ギターユニット、最初に見たのは去年の夏かな?その頃はあまり興味なしで少し聞いて素通りしてましたが「バラエティショー2006 〜真冬のどんちゃん騒ぎ〜 」で俄然注目ってとこでしょうか。今日は結構な時間立ち止まって聞きました。新曲の「恋人以上友達未満」もいい感じ、発売まで待ち遠しいです。
公式ページ http://www.freewayhigh2.com/

KARIYA
愛知県出身の2人組ギターユニットで普段は代々木ではなく多摩の方がホームグラウンドだとかで。NHKホールの前ってこともあるのかけっこう集まっていましてここには代々木でストリートをしているダンスユニットのメンバーがライブを見ていました。 DSC03367.JPG
KARIYA.wma
音源も録っているのでどんな音楽か聞いてみてください。
公式ページはhttp://www.geocities.jp/kariya328/です。


posted by わーぼう at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年12月15日

ポスト宇多田を担うことになるのかJYONGRIデビューシングルに注目です

12月13日にシングル「Possession / My All For You」でデビューしたJYONGRI、オリコンディリーチャートでは15位で登場後ベスト10に入るなどして週間チャートはます。7位になった時点で気になっていろいろ調べてみたんですがJYONGRIの公式ページスタッフblogを見てみると宇多田ヒカルの文字が結構出てきます。彼女は宇多田ヒカルと同じ東芝EMI所属でプロデューサーは宇多田ヒカルを手がけた三宅彰さん、ちょっと期待できそうな感じがするのは自分だけでしょうか。それにしてももしここでヒットしたら・・・。過去に12月にデビューシングルを出したアーティストを思い浮かべると宇多田ヒカル、倉木麻衣、平原綾香といずれもロングヒット、ちょっと期待ですがどうなるかな?。
12月13日にCDデビューしたんですが実は欧州ではこんなことが
バークレー音楽院のサマープログラムで学び、現在は早稲田大学に通いながら音楽活動を展開する18歳のシンガー・ソングライター、JYONGRI。12月13日には待望の日本デビューを果す彼女だが、ひと足早くヨーロッパのチャート誌『MUSIC WEEK』にて、12/16付クラブチャートで初登場22位にランクインしたことがわかった。
 今回、チャートインした楽曲は、デビューシングル「Possession」に収録される、同曲のリミックスバージョン「Re-Possessed」。デビュー前のアジアのティーンエイジャーとしては最高位となり、現地でも注目を集めている。
 同作は、日本でも全国ラジオ局のパワープレイを数多く獲得しており、来週の週間チャートでの上位ランクインが期待される。

オリコンのニュースより
オリコンでは特集ページもあるのでチェックです
iconicon Possession/My All For You icon
posted by わーぼう at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年12月07日

RADWINMPS ついにブレイク!シングルに続いてアルバムも好スタート

RADWIMPS(ラッドウィンプス) 、11月のシングル「セツナレンサ」に続いてアルバム「RADWIMPS4〜おかずのごはん〜」もベスト5入りでついにブレイク!昨年11月にデビュー、それ以来着実にチャートの順位を更新し続けてきた彼らがついにこの冬ブレイク!

まずはオリコンの記事から2本
先日発売された12月末開催の東名阪ツアーのチケットが5分で完売となった注目バンド、RADWIMPS(ラッドウィンプス)の『RADWIMPS4〜おかずのごはん〜』が12/5付デイリーアルバムランキングで初登場3位を獲得した。
 昨年11月のメジャーデビュー以来、シングルは5作連続で最高位を更新、11月発売の最新シングル「セツナレンサ」は初のTOP10入りで最高位4位を記録。その好動向を受けた形で、インディーズ作を含む全3作のアルバムが軒並み急上昇、彼らの人気が飛躍的に上昇していることの証となった。こうした状況から本作に対する期待感が高まっていたが、それがそのままの形となり、今回の好セールスに結びついた。
 今年2月発売の前作『RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』は、最高位13位、初動1.4万枚を記録したが、今作がそれを大きく上回るのは確実で初のTOP3入りの可能性も出てきた。なお、来年3月5日のZepp Tokyoを皮切りに行われる春のツアーも決定、07年には更に大きなステップアップも期待できそうだ。
(12月6日の記事より)
 昨年11月メジャーデビューを果たした4人組バンドRADWIMPSの人気が急上昇している。11/20付の週間シングルランキングでは「セツナレンサ」を初登場4位にランクインさせ、彼らとしては初のTOP10入りを果たすことになった。
 それと同時に、インディーズ時代の作品を含むアルバムなど旧作も軒並み売上を伸ばしており、この11/21付週間ランキングで6作が同時チャートインするという快挙となった。更に、そのうち3作はこれまでの最高位を更新することにもなり、ブレイク直前特有な動きを示している。
 今週のアルバムランキングで首位を獲得したELLEGARDENが同様の傾向を辿り、ブレイクとなった。ライブを中心にした活動、そしてファンのクチコミによって着実に認知を高めてきたRADWIMPSがいよいよ “ネクストブレイク”に名乗りを上げるかたちだ。
 最新アルバム『RADWIMPS4〜おかずのごはん〜』は、12月6日に発売を控えているが、今回のシングルの好調さがこのアルバム売上に結実するか。最大級の規模となる東名阪ツアー『ソナタと行く冬のツアー』の開催も控え、RADWIMPSに対する期待感は膨らむ一方である。 (11月16日記事より)


初回のみ、「レシピ付き おかずステッカー」と春のツアーの先行予約が出来るカード入り!
<RADWIMPS TOUR 2007 “春巻き”>

3月5日(月) 東京・Zepp Tokyo
3月7日(水) 大阪・Zepp Osaka
3月8日(木) 大阪・Zepp Osaka
3月10日(土) 福岡・Zepp Fukuoka
3月12日(月) 広島・広島クラブクアトロ
3月20日(火) 札幌・Zepp Sapporo
3月22日(木) 仙台・Zepp Sendai
3月24日(土) 新潟・LOTS
3月27日(火) 東京・Zepp Tokyo
3月28日(水) 東京・Zepp Tokyo
4月1日(日) 高知・BAY5 SQUARE
4月4日(水) 名古屋・Zepp Nagoya
4月5日(木) 名古屋・Zepp Nagoya
4月7日(土) 横浜・横浜BLITZ
4月8日(日) 横浜・横浜BLITZ


なんだか一部の店では早くも売り切れとか、なくなったら通常版になってしまうので初回版があるうちに買わないと・・・。それにしてもこのバンドを知ったのは「有心論」からかな?「セツナレンサ」はいつの間にかマイパワープレイ曲になってた・・・。最近いい楽曲が多くてうれしすぎです。で今回のアルバムの収録曲、読み仮名が??な曲があったので調べてみました。読み方は以下のとおり。3曲目「05410-(ん)」は「おこして」、4曲目「me me she」は「メ・メ・シィ」、10曲目「傘拍子」は「さんびょうし」、11曲目「ます。」は「ますまる」と読むそうです、難しい(≧▽≦;)アチャー
posted by わーぼう at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(3) | 注目のアーティスト

2006年10月16日

これでまずはCD売上チャート週間ベスト10確実?

週末は
只今プリズマックスメンバー到着です
さて休憩でプリズマックスは服がチェンジしたりも
只今プリズマックスストリートライブ終了
時間切れ(>_<)それにしても…
10.15代々木レポ PrizmaX(+Jr)・D-SHINEにものすごい数のお客さん・・・
なんてことしながらも実は渋谷のCDショップをチェックしていました。中村中「友達の詩」は渋谷でも確実に売れている感じです。即手に取るではなくよく見てからって感じですが・・・。週末のディリーチャートでついに4位まで上昇と売り上げではまず週間でベスト10確実としました。あとはラジオ局や有線のチャートがどうなるかですね。

◆関連情報 ディリーチャート急伸、週間でも150位から39位へ急上昇中の「中村中(なかむら あたる)」の今後の動きにチェックです
中村中・トップ10うかがえる位置に。売上枚数さらに加速中・今年後半の最大のヒットの予感
posted by わーぼう at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年10月14日

中村中・ついにディリーチャートベスト10内でも上昇!

中村中「友達の詩」がついにデイリーチャートで8位まで上昇しました。関西のCDショップではコーナーをつくるところが増え、HMV心斎橋店ではレジ前の一番目立つ位置にディプレイされてました・・・。タワーレコードでは9月の段階で一押しとしてコーナーはできていましたが他もついに動いたって感じでしょうか。他のCDショップも動きは活発になりつつあるようです。ただ気になるのがFM局のウイークリーチャートがまだまだということ、ここでチャートインして上位にくればヒットに火が付くのですが果たしてどうでしょう。
さて14日はライブチケットが一般発売されます。 
公演名:KDDI DESIGNING STUDIO LIVE RECOMMEND「MUSIC IS THE ANSWER!! VOL.1」 
出演者:中村 中 / 広沢タダシ and more....
公演日:2006年11月17日(金)
会場:渋谷 Duo Music Exchange
所在地:東京都渋谷区道玄坂2-14-8-1F
公演時間:OPEN 18:00 / START 19:00
入場料金:<前売>全自由 \3,000- ※税込・整理番号付・要1ドリンクオーダー(\600-) <当日>全自由 \3,500-  ※税込・整理番号付・要1ドリンクオーダー(\600-)
チケット一般発売:
2006年10月14日(土) 10:00〜 一斉発売
●ぴあ 0570-02-9999【P-code:243-454】
●LAWSON 0570-00-0777【L-code:39545】
●e+ http://eee.eplus.co.jp/
●CN 0570-08-9999
●excite http://ticket.excite.co.jp/
●DUO 03-5459-8716


◆関連情報 ディリーチャート急伸、週間でも150位から39位へ急上昇中の「中村中(なかむら あたる)」の今後の動きにチェックです
中村中・トップ10うかがえる位置に。売上枚数さらに加速中・今年後半の最大のヒットの予感
posted by わーぼう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年10月07日

中村中・トップ10うかがえる位置に。売上枚数さらに加速中・今年後半の最大のヒットの予感

中村中(なかむらあたる)の「友達の詩」6日の深夜に日本テレビ・読売テレビ系音楽番組「音楽戦士」に出演、これでまたオリコンディリーチャートの上昇が加速、ついに8位にチャートイン(10/7付)。
番組ではいろんなことが紹介されていましたが印象的だったのがTRFのYU-KIさんの言葉「歌っていうのは経験したものが知らず知らずのうちに出るんですよね 優しい気持ちになれないと優しい歌は歌えないと思っているんで そういうものが歌の重みに繋がっていくんですよね」。このコメントの後に聞いたこの人の歌は聞いていると心の奥底に響くような印象を受けました。この人の歌を聞いた後は他のバラード曲が霞む感じさえしました・・・。持ち歌もけっこうあるみたいなのでもっともっとこの人の歌を聞いてみたい気がしました。

10/9 日本テレビ・読売テレビ系(NTV)「NEWS ZERO」
10/10 日本テレビ(NTV) 特別企画ドラマ DRAMA COMPLEX「私が私であるために」http://www.ntv.co.jp/d-complex/ 週末はテレビにも出ましたが売り上げに貢献、新曲たくさん出るもあまり下がらず今後に注目です
◆関連情報 ディリーチャート急伸、週間でも150位から39位へ急上昇中の「中村中(なかむら あたる)」の今後の動きにチェックです
posted by わーぼう at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年10月03日

ディリーチャート急伸、週間でも150位から39位へ急上昇中の「中村中(なかむら あたる)」の今後の動きにチェックです

ディリーチャートで気になる動きが。9月30日付ディリーシングルチャートで中村中(なかむらあたる)「友達の詩」がいきなり14位に。圏外から初のベスト100、ベスト50を超えてベスト20圏内の14位に登場、その後も17位、15位・・・いったん20位から落ちるも3日あいた10月5日デイリーチャートで再上昇12位・・・。リリース日は9月6日で最高順位は150位、いったい何があったのか・・・。それはフジテレビ・関西テレビ系「僕らの音楽」出演がきっかけのようです。
中村中さんはこの日のブログ

いっぱいいっぱい泣いてしまった…。
感動とか、昔の事を思い出したりとか、色んな感情があふれ出て。
ただただ泣きながらオンエアーを見ていました。
・・・・・
スタッフの方たちにはね、一人で見れるか心配だったから付き合ってもらったんです。
でも、それが良かった。
直で感謝の気持ちを伝えられたし(伝わったかな?)
色んな人にありがとうをいっぱい言いたい。そんな気持ちです。
自分に立ち向かう事を後押ししてくれた人達に、一緒に苦しい思いをして、あたしに近づいてきてくれた人達に。
番組のスタッフの方たちにも。
もう本当に温かい方たちばかりで、心を上手く開けなかった自分が恥ずかしくなります。
・・・・・
もう言葉に出来ない。月並みだけど、ありがとうです。
もっともっとがんばれそうなきがしてきました。

と語っています
アーティスト「中村中」、知ったのは9月、タワーレコードで一押しアーティストとして1コーナーで大々的にプッシュされていました。なぜ印象に残ったかというと「中村中」という名前、上から読んでも下から読んでもというキャッチコピーが何?と立ち止まらせたんです、ただこのとき楽曲は聴かずにそのまま帰宅、そのままになっていましたが・・・。
チャートの急伸で気になってオフィシャルサイトで曲を聴いてみましたがサビから聴いているからかわかりませんがどこか吸い込まれそうなやさしい感じの声とメロディ、一瞬にしていい曲って思えたんですけど・・・。沢尻エリカ、YUIと女性バラードの楽曲が上位に来ているんでうまくすれば今年後半の最大のヒット曲に化ける可能性も出てきそうです。
中村中/友達の詩(CD) icon 中村中/友達の詩(CD+DVD) icon iconicon

◆TV出演情報
10/6 日本テレビ・読売テレビ系(NTV)「音楽戦士」
10/9 日本テレビ・読売テレビ系(NTV)「NEWS ZERO」
10/10 日本テレビ(NTV) 特別企画ドラマ DRAMA COMPLEX「私が私であるために」http://www.ntv.co.jp/d-complex/
なんとドラマも出るようです。
タグ:中村中
posted by わーぼう at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2006年08月03日

amplified「TURN IT UP!」(アンプリファイド/ターン・イット・アップ)発売、果たして出来は?

以前7月23日のブログに一度取り上げたamplified(アンプリファイド)のデビューアルバム「TURN IT UP!」が発売になったのでさっそく買ってきて聞き始めました。このアルバムは邦楽コーナー、洋楽コーナーどちらに並ぶのかな?と思ったのですが邦楽のほうに並んでいました。で中身なんですが、初回限定仕様として@メンバーのクリス手書き歌詞カードA日本語の歌詞対訳シート
amplified.JPG
BプロモーションDVDと豪華内容、洋楽なら日本語の歌詞対訳は当たり前らしいのですがこのアルバムは邦楽のジャンルのようなので異例ってことになるんでしょうか。音楽はというと80年代・70年代の感じがするメロディですごく聴きやすい感じ、普段洋楽をほとんど聞かないんですが抵抗なく聞けるアルバムになっています。DVDの方はデビューシングルの「MR.RAINDROP」と「GO FIGURE」とOFF SHOT映像が入っています。こちらはこのグループを知るための貴重な資料になること間違いなしです。
さてこのamplifiedですが8月19日熊本・20日福岡でイベントをするようです。詳しくは公式サイトhttp://www.amplified-net.jp/にアクセス!
amplified/ターン・イット・アップ! icon iconicon
posted by わーぼう at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年07月30日

道産子ボーイズバンドBON'Zが日曜 お台場でLive!

道産子ボーイズバンドBON'Sが2度目の東京Live。今日ありますので時間がある人はぜひ。
■「BON'Z FREE LIVE in お台場「この空の下で」」
■日時 7/30(日)14:00〜14:30
■場所 お台場デックス東京ビーチ(デックス東京ベイスタジオ前特設ステージ)
東京都港区台場1−6−1デックス東京ビーチ3F
入場無料で当日、来場者全員にプレゼントあり!
※当日はテレビの取材カメラも入る予定です。
※天候の都合等でやむを得ず中止の場合があります。あらかじめ了承下さい。

この情報土曜の12時過ぎに出てきた情報でいきなり明日って・・・
posted by わーぼう at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年07月26日

仁田宏和くん 今度はつんく♂タウンシアター稽古です

仁田くん舞台が終わったと思ったらまた次の舞台ですね。次は「つんく♂タウンシアター」の公演8月になったらまた公演ですからねぇ。体調大丈夫なんでしょうかねぇ。管理人は6月からおかしなままでときどき仕事を休んでいる始末で今日も午前中は完全に死んでました・・・午後から復活して一気に記事UPしていますけどね・・・。で元に戻ってチケット発売状況ですがあるようで残りわずかが多いようです。
詳細はチケットぴあのサイトへ→http://ap0.pia.co.jp/pia/et/onsale/ons_event_list.jsp
舞台練習の様子は仁田宏和くんのブログへ。時東あみちゃんと演出家さんと写ってる写真もあります→http://plaza.rakuten.co.jp/nittahirokazu/
posted by わーぼう at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年07月23日

アニメ「銀魂」エンディングは香港発15才3ピースキッズバンド「amplified」ルックスに音楽に注目です

7月19日発売のシングルの中で気になるバンドがあったのでピックアップ。
記事はbounce.comより
HongKong発のバンドで弱冠15歳の3ピースキッズバンド「amplified」。05年夏、SME主催の〈第1回インターナショナル・オーディション〉で、世界中から寄せられた1000を超える応募の中、見事NO.1に輝いた弱冠15歳の3ピース・キッズ・バンド、amplifiedが7月19日にシングル“MR.RAINDROP”でデビューを飾る。3人は香港育ち&国籍はバラバラという親友同士で、13才の時にバンド結成。現在は揃ってアメリカの高校に通っているというインターナショナル新世代。グリーン・デイ、オアシス、ベル&セバスチャン、ビースティ・ボーイズ、フランツ・フェルディナンド、the pillowsらをフェイバリットに挙げる彼らのサウンドは、15才ならではのみずみずしい胸キュン・パワー・ポップ&ロックが満載です。しかもルックスがかなりのイケメンときているので、大きな話題となること間違いなし。8月2日はアルバムのリリースも決まっており、早めのチェックをオススメします!
知ったのはCM、画面を最初見てなかったんですがメロディが流れてきたきた時に気になって画面を見て知りました。なんだかかわいい3人がすごく懐かしいメロディ(80年代風に思うのですが)を奏でているって感じだったからちょっとチェックすることに。3人の出身はオーストラリア・カナダ・シンガポールとまったく違う国籍でアメリカ・ニューハンプシャーにある超名門校「セントポールズ・ハイスクール」(全寮制)で出会って結成という感じなよう、アニメ『銀魂』エンディングテーマソングとして2006.7.19発売のデビューシングル「MR.RAINDROP」が採用され、流れているようなので一度チェックしてみてください。8月2日にはアルバムも出ます。
amplified/ターン・イット・アップ! icon iconicon
公式HP→http://www.amplified-net.jp/
P.S 実は「amplified」はマツモトキヨシのCMにも出てるみたいですよ
この記事に続いてアルバムレビューの記事書いています。こちらもよかったら読んでください。
posted by わーぼう at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 注目のアーティスト

2006年07月21日

レオパル・仁田宏和くん、土曜日に2回目のラジオ出演

現在舞台「トレジャーボックス」を公演中の仁田宏和くん、22日の土曜日にラジオに出ます。
※今回は事前に収録したものを放送するためスタジオに行ってもやっていませんので注意です。
■7月22日(土)
□番組名 レインボータウンFM「*pnish*のパニックスタジオ」
□放送時間 17:00〜18:00 周波数:FM79.2MHzで東京江東区(臨海副都心含)および中央区、港区、 千代田区、台東区、墨田区、江戸川区、品川区のそれぞれの一部地域で視聴可能、またそれ以外の地域の人はパソコンでアクセスすればストリーミング放送で聞けます。URLはhttp://www.792fm.com/です。
posted by わーぼう at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2006年07月13日

仁田宏和くん出演「トレジャーボックス」情報

■*pnish* vol.7「トレジャーボックス」
■ 日時 2006年7月13日(木)〜23日(日)
■ 場所 全労済ホール/スペース・ゼロ
東京都渋谷区代々木2-12-10全労済会館B1
■アクセス:JR新宿駅南口の改札を出て、目の前の甲州街道を右方向、初台・幡ヶ谷方面に約400メートル進んでください。
信号3つ目の左側にあるカレーショップ「POT&POT」の角を左折し、約50メートル先の左側がスペース・ゼロの正面玄関です。
■ チケット料金 4,000円(全席指定・税込み)
■ チケット販売所 電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:369-544)
ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:32771)
e+(イープラス) http://eee.eplus.co.jp
0570から始まるダイヤルはNTTのナビシステムです。PHS・一部携帯からのご利用が頂けません。

チケットは平日の18〜21日の19時からの回と22日に空きがあります。また16日、17日に若干の空きがあるようです。それ以外は完売になっています。

■ CAST *pnish*
佐野大樹 森山栄治 鷲尾昇 土屋裕一
*ゲスト*
平野勲人 大橋夢能 鯨井康介 古賀敦士 別紙慶一 森田龍 宮林大輔 中川浩行 前堂友昭 きだつよし(特別出演)

P.S 仁田宏和くん所属のレオパルの動画更新しました。http://jp.im.tv/vlog/personal.asp?memid=3186
posted by わーぼう at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト

2005年10月06日

三浦大知 ニューシングル「Southern Cross」PV ONAIR

ようやく見ました。三浦大知くんの新曲PV。なんだか前の2作と比べるとPVの作りが単調になった?でも今まで同様全編ダンスダンスしているのでそれを期待して見る自分としてはそれでそれでいいんですが今回あまりプロモーション打って出ていないのではという気がならないのは自分だけ?
posted by わーぼう at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目のアーティスト
ファン
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。