2013年04月12日

三浦春馬出演 ドラマ「ラスト・シンデレラ」初回視聴率出る

三浦春馬出演 ドラマ「ラスト・シンデレラ」が始まりました。春馬くんはいったいどこで登場するのかと思っていたら後半になったらずっと・・・。スケートボードパークでBMXをする春馬くんがパーティー会場に入って・・・来週も気になりますね。では三浦春馬出演 ドラマ「ラスト・シンデレラ」の視聴率が出たんで紹介

篠原涼子 2年ぶり連ドラ「ラスト・シンデレラ」初回は13・3%
スポニチアネックス 4月12日配信記事から


 11日にスタートした篠原涼子(39)主演のフジテレビ系連続ドラマ「ラスト・シンデレラ」(木曜後10・00)の初回平均視聴率が13・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。初回は15分拡大で放送された。
 仕事一筋で正義感にあふれるが、恋には臆病という彼氏いない歴10年で、ある日「ヒゲ」が生えてきた「おやじ女子」を中心に、現代に生きる様々な男女の本音を描いた大人のラブコメディー。「黄金の豚―会計検査庁 特別調査課―」(日本テレビ、2010年)以来、約2年ぶりの連続ドラマ主演となる篠原は、彼氏いない歴10年の“おやじ女子”遠山桜を演じる。
 共演には、桜がパーティーで知り合い、惹かれていく年下の男を演じる三浦春馬(23)のほか、藤木直人(40)、大塚寧々(44)、飯島直子(45)、菜々緒(24)、お笑いコンビ「ココリコ」遠藤章造(41)ら。
 初回は、美容室「HAPPY―GO―LUCKY」で副店長を務める桜(篠原)は10年間恋人もいない独身の39歳。スタイリストとしての腕は抜群で人気者だが、困っている人を見ると放っておけないわりに、自分のことは無頓着。ある朝、あごにヒゲが生えているのを発見し、ショックを受ける。そんなある日、桜と同期入社で犬猿の仲である凜太郎(藤木)が突然店長として就任してくる。親友である専業主婦の美樹(大塚)とスポーツジムインストラクターの志麻(飯島)と健康ランドへ行った桜は、自分の中で過労やストレスなどから体が男性化し、オヤジ化しているのではと気づく。恐怖を覚えた桜は一念発起、恋愛をしようと決意。知り合いの千代子(菜々緒)の紹介で合コンパーティーに参加した桜は、プロのBMXライダー・広斗(三浦)と出会い…という展開だった。

 前クール(1月〜3月)の同枠ドラマ「最高の離婚」(瑛太主演)の初回は13・5%だった。



気になるひげのマグカップって大阪心斎橋にできた北欧雑貨「Tiger」に売ってませんでした?
http://matome.naver.jp/odai/2134451679773783101




posted by わーぼう at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラスト・シンデレラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。