2013年03月14日

三浦春馬・松永一哉の2013年3月13日

三浦春馬・松永一哉の2人は2人ともそれぞれ精力的に仕事をこなしました。
まず三浦春馬くんは「ホワイトデー」のイベントに出演

三浦春馬、初めてのホワイトデーは「好きな女の子にラーメン屋でプレゼント」
cinemacafe.net 3月13日記事から引用


俳優の三浦春馬が3月13日(水)、講談社と資生堂が共同企画する「ホワイトデーに美白を」プロジェクトPRイベントに、全身ホワイトの衣装で出席した。

【写真】全身ホワイトの衣装で出席した三浦春馬

三浦さんは「ホワイトデーに美白を贈る」男性代表として、イベントに参加。会場となった東京・銀座の時事通信ホールには約30人の女性が招待され、三浦さんの一挙手一投足に視線をくぎづけにしていた。

例年とは一味違うホワイトデーを盛り上げるため、講談社の女性誌6誌(ViVi、with、VOCE、GLAMOROUS、FRaU、Grazia)が共同でFacebookマガジン「ホワイトホワイトマガジン」を運営。2月14日(木)からオープンし、ホワイトデー当日の3月14日(木)までの1か月間、ホワイトデーにちなんだ編集部おすすめの“ホワイト情報”を発信している。

一方、資生堂は同マガジンに、美白化粧品「HAKU メラノフォーカスCR」をモニター提供。HAKUの5代目新製品で、美白有効成分「抗メラノ機能体」に加えて、新成分「アンダーシールダー」を配合し、シミができる肌特有の状態をさまざまな方面から防ぎ、あらゆるルートでメラニンの過剰生成を効果的に抑止する。

三浦さんは会場の女性たちに直接、白いバラと「HAKU メラノフォーカスCR」を手渡しでプレゼントし「女性に美白を贈るのは、とてもすてきな習慣になるんじゃないでしょうか。女性はもちろん、男性もハッピーになれるはず」といつもと違うホワイトデーの形を新提案していた。

気になるのは、三浦さん本人のホワイトデー体験…。初めて女性にお返しをあげたのは「小学1年生になるか、ならないかくらい。6歳くらいですかね。普通にチョコをあげました」というから、なかなかのおマセさん。お相手は、家族ぐるみで付き合いがある家の女の子だったそうで、「お互いの家族が一緒に、ラーメン屋に行ったときに渡しました(笑)。子どもながらに、ドキドキしたことを覚えています」と可愛いエピソードを披露していた。



松永一哉くんはといえば今「ダンススタジオ」を経営しながら役者やダンサーとして活躍中で13日はダンスレッスンの授業をやっていたよう。今週は土曜日にもやるみたいで「ストリートダンス」の授業をやってくれるみたいですよ。まつかずから直接授業が受けられるなんてすごいこと!いつもは舞台でダンスを見てるだけなんだけどちょっとやってみたいなぁと思っているなら一度チェレンジしてみるのもいいかも。

まつかずこと松永一哉くんから直接ダンスを教えてもらえる貴重な教室が 3/16土曜日・19〜21時で行われますジャンルは「ストリートダンスフリースタイル」
予約は http://m-act-studio.com/contact/index.html
アクセス方法は http://m-act-studio.com/access/index.html



posted by わーぼう at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/346728262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。