2012年03月07日

三浦春馬出演 伊藤園新CM「にごりまろやか登場」3月7日スタート

今日から三浦春馬出演の伊藤園の「お〜いお茶」の新CMがスタートしました。何も知らないまま朝からCMに遭遇したのでびっくりうれしかったのですが伊藤園のサイトには予告出ていたんですね。全く知りませんでした。


新登場の「お〜いお茶 にごりまろやか」
三浦春馬さんが、深蒸し緑茶のつくり出す
美しいにごりのあるおいしさをお伝えします

新作TV-CM『にごりまろやか登場』篇
3月7日(水)より放映開始

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「お〜いお茶 にごりまろやか」を発売するにあたり、新作TV-CMを3月7日(水)よりオンエアいたします。今回の新作TV-CMでは、俳優の三浦春馬さんが、深蒸し緑茶のつくり出す美しいにごりのある「お〜いお茶 にごりまろやか」のおいしさをお伝えします。

【ストーリー】
青々とした笹の葉に初夏を感じる、美しい竹林にやってきた三浦春馬さん。新登場「お〜いお茶 にごりまろやか」の「にごり」を連想させる朝もやの中、やさしく差し込む陽の光にペットボトルをかざします。ペットボトル越しに見えるその美しいお茶のにごりに、思わず目を見張る三浦さん。初夏の心地よい風の中で深蒸し緑茶がつくり出す「まろやかな味わい」に、思わず納得するのでした。

【撮影現場から】
今回の撮影は、関東地方の竹林で行われました。CMの設定は初夏であるにもかかわらず、撮影前日にまさかの積雪。スタッフ全員で雪かきから始めるという、予想外のスタートとなりました。三浦さんはまだ周りに雪が見える状況でも、初夏の光につつまれた中でのシーンということで、夏を感じさせる衣装で撮影。しかし、そこはさすがプロ。カメラを前にすると、寒さをまったく感じさせない演技で、そこはまさに初夏の気持ちの良い世界。三浦さんの演技と竹林に差し込む美しい光が「お〜いお茶 にごりまろやか」をとても美しく、おいしそうに見せてくれました。
posted by わーぼう at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

2012年03月05日

地球ゴージャスプロデュース「海盗セブン」公演を前に

地球ゴージャスプロデュース「海盗セブン」公演を前に三浦春馬のインタビュー記事が出てきたので紹介、今回出てきたのは西日本新聞の記事。


今は突っ走っていくとき 俳優 三浦春馬さん(21) 2012年3月4日記事

─俳優の岸谷五朗さんと寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」。5月に福岡市で行う「海盗セブン」は、2009年の初舞台に続いて2回目の出演ですが、心境は違いますか。

三浦 前回は「三浦春馬君って、歌も踊りもできたんだね」と言われて、僕が思い描いていた評価より高かったので、すごくうれしかったんです。でも今回は、前回の評価を超えなければ意味がないと思っているので、自分のいいパフォーマンスをできたらなと思っています。

─今回の舞台は、七つの海から集まってきた腕利きの大泥棒たちが巻き込まれる、笑って笑って元気になれる、地球ゴージャス流の大冒険活劇だそうですが、見どころは。

三浦 ゴージャスって、大人数でぴったりと動きを合わせて、すごいパワーと気持ちを持って、お客さんにぶつけるので、圧倒されて、鳥肌が立つ感動があるんです。

─三浦さんの役どころは。

三浦 僕のイメージはすごく正統派なイメージしかないのかなと思う。人気漫画の主人公だったり、正義の味方だったり。今回は、これまでとは全く逆のキャラクターなので、すごく楽しみにしていてほしいですね。

─前回の舞台の稽古のときに、思わず涙が出たとか。

三浦 泣かされたんですよ。歌唱指導の先生が「どS」(とてもサディスチック)で。無理やり声を出させるためにすごい力で、お腹を「もっと、もっと出して!」って、押してくるんです。ミュージカルなんて初めてだし、できない自分に悔しいのと、怖くて、泣かされちゃったんですよ(笑)。

─三浦さんは、映画やテレビドラマなど映像の印象が強いのですが、舞台に臨む気持ちとは違いますか。

三浦 「やってやるぜ」という気持ちは一緒だけど、舞台はいろんなプロフェッショナルの方々が集まっていて、何かしら秀でてるんですね。踊りが本当にうまかったり、アクロバットがうまかったり。ある種、自分のスキルを上げるための学校みたいですね。

─子役からデビューされて、今、役者としてご自分がどんな時期だと思いますか。

三浦 突っ走っていく、いろんなことを知っていく、そんなときだと思う。18、19歳のときは仕事は好きだけど、ここまで好きになれなかった。19歳のとき、一度、挫折したんですね。忙しくて、自分に自信がなくて、この仕事、やめようと思ったんです。でも、いろんな人に出会って、周りの先輩方や同年代の人にいい影響をもらって。だからこそ、今、楽しいし、熱くなれますね。

─「あ―、幸せだなあ」と思う瞬間ってどんなときですか。

三浦 えっと、おいしいごはんを食べてるときと、寝てるとき。そして、舞台に立って、カーテンコールでお客さんの顔を見るときですね。

 ▼三浦春馬(みうら・はるま)さんは1990年、茨城県生まれ。97年NHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。テレビドラマ「14才の母」「ごくせん」「ブラッディ・マンデイ」などの他、「恋空」「東京公園」など映画にも多数出演している。
posted by わーぼう at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬
ファン
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。