2010年11月26日

三浦春馬 映画「君に届け」の次は映画「東京公園」

この秋はドラマと映画といろんなうわさが出ましたが映画の撮影はホントで共演者もまちがいはありませんでした。出所がどこかがやはり問題ですね。さて本題へ。


三浦春馬、「東京公園」で榮倉・小西・井川3女優と強力タッグ
11月25日 映画.com ニュースから

俳優の三浦春馬が、青山真治監督の最新作「東京公園」で、女優の榮倉奈々、小西真奈美、井川遥と共演することがわかった。三浦は、公園で家族写真を撮り続けるカメラマン志望の大学生・光司に扮する。

同作は、「東京バンドワゴン」でブレイクした小路幸也の同名小説が原作。三浦演じる光司のもとへ、「彼女を尾行して写真を撮ってほしい」という突然の依頼が舞い込んだことをきっかけに、ゆるやかな距離でつながっていた女性たちとのあいまいな関係が微妙に変化していく様子を描く。

これまで「君に届け」「奈緒子」「恋空」など青春映画への出演が相次いだ三浦にとって、人間関係の間で揺れ動く繊細な役どころは新境地。役づくりには苦労しているようで、「セリフにどことなく優しさがあって柔らかい感じなのかなと思います。でも、ちゃんと人と向き合えていないところも見えてくるので、本当につかみにくいですね」と話す。それでも、「映画の余韻を残してくれる脚本。その部分は絶対に殺したくないし、見終わったあとに『映画っていいよね』と思ってもらえる作品になってほしい」と意欲的だ。

榮倉は光司の幼なじみで同居人ヒロの元恋人・富永、小西は親の再婚で義弟になった光司を見守り続ける姉・美咲、井川は光司にカメラで撮られ続ける女・百合香をそれぞれ演じる。3人は、「偶然の出来事を大切にしてくれて、楽しんで受け止めてくれる」(榮倉)、「ものすごく面白いアイデアの演出をするので、毎回楽しみに現場へ向かっています」(小西)、「監督は光司の目線に立っていらっしゃるので、いつも監督を遠くから眺めている感じ」(井川)と青山監督へ絶大な信頼を寄せている。

「サッド ヴァケイション」(2007)以来4年ぶりの新作となる青山監督は、クランクイン初日に「本当にまっさらなというか、新鮮な気持ちで1カット1カット丁寧に撮っていければ」と心境を告白。第53回カンヌ映画祭国際批評家連盟賞・エキュメニック賞に輝いた「EUREKA」などとは全く作風が異なるが、「僕の作品の色というものがあるのだとしたら、それを消したいというか全く違うことをやりたい。それが僕の本質なので、今回もやはり今までと全く違うことをやろうとしています」とコメントを寄せた。

「東京公園」は、2011年に全国で公開。


今回の映画はなかなか目撃情報も出ず、情報が少なく、榮倉奈々さんのブログにもちょこっと出てくるだけの状態です。東京の公園のどこかで撮影をしているってレベルでしか情報は出てきません。エキストラも募集はしていないところからすると低予算で撮影をしているのではないかと思います。「君に届け」のときは連日目撃情報が出てきてファンの人も多数押し寄せたんで情報が出てこない今回はのびのび撮影をしてくれたらいいなぁと思います。今回の「東京公園」の位置づけは「奈緒子」と同じ感じなのかな?東京公園 [単行本] / 小路 幸也 (著); 新潮社 (刊)

<追記>原作者の小路幸也さんのページに記事があったので紹介しておきます
◆三年ほど前から映画化の話があった『東京公園』(新潮社)。あっという間に話が決まって、青山真治監督、三浦春馬くん、榮倉奈々さん、小西真奈美さん、井川遥さんという豪華スタッフで現在撮影中です。もうじきクランクアップするという話も。ニュースになっていない出演俳優さんで有名どころでは宇梶剛士さんでしょうか。
◆さて、内容ですが、もちろん僕の小説が基本であることは間違いありませんが、青山監督の視点であるポイントにフォーカスを当てた物語になっています。企画書と脚本を読んですぐに監督の意図は理解できたのでオッケーを出しました。ここで言うことはできませんが、そうだなぁ、原作小説が好きな方には、鶏肉のカレーライスがキーマカレーになったぐらいの感覚があるかもしれませんね。もちろん、原作者として改変に対して意見を言い、ある程度はそれが通りますが、基本僕は「好きにやってください」と青山監督に伝えました。映画は監督のものですから。自分の物語が他人のインスピレーションの中でどういうふうに変わるのか楽しみたいと思います。僕もノベライズするときは好きにやるしね(^_^;)。あとですね、主人公は志田圭司という名前なんですが、映画では志田光司になっています(その他の名前の変更はありません)。理由はささいなことなんですが、僕も圭司の名前にはこだわっていなかったので。あとは、そうだなぁ、主人公の同居人ヒロの役どころの変化をお楽しみにってところかな。あといくつか裏話っぽいものはあるんだけど、公開後にしましょうね。
◆『東京公園』を好きでいてくれる方、意地悪な(^_^;)眼で観ないで、青山監督が感じてくれた『東京公園』を楽しみましょう。
◆写真はもちろん『東京公園』がオマージュを捧げた名作『フォロー・ミー』。本当に、初めてソフト化されるこの時期に映画化が決まるのも不思議な縁だと思います。
posted by わーぼう at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

2010年11月19日

三浦春馬 月9に登場 テーマは「教師と生徒と禁断愛」

三浦春馬が出演する来年1月スタートのドラマは、当初うわさになっていたテレビ朝日「私立極東高校」ではなくフジテレビの月9「大切なことはすべて君が教えてくれた」
でした。

<ドラマの紹介*フジテレビのサイトから引用>
“教師と生徒の恋”――もはやそれは禁断ですらないのか?

結婚を約束し合った学園でも人気者の二人の教師。
しかし、男性教師には秘密の過ちがあった。
それは女子生徒と関係を持ったこと。

無邪気さと残酷さを武器に少女は問いかける、
「あなたたちの愛は本物ですか? 相手は信じるに足る存在ですか?」と。

男は自分の罪をどう償うのか。女は男の罪をどう許すのか。
教師という職業を舞台に、“試される愛”をスリリングに描きだす。

 検察の事件捏造、政治腐敗、高い失業率、大学生の就職不安、年金問題…今の日本は閉塞感と欺瞞に満ちており、大人が創り上げてきた社会は今の子どもたちの眼には「信じられるものがない」と映っている。一方の大人たちも、子供たちにどんな未来を示してよいか答えを見いだせずにいる。特に教育の場である学校においては、教師自身、自分の将来も見えない世の中で、子供たちに将来について何かを教えるということは“教師も人間である”という視点から見ればあまりにも酷な状況かもしれない。
 2011年1月スタートのフジテレビ“月9”ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』は、「今、私たちには信じられるものがない」と大人社会に不信感を抱いている子どもたち、そして、子どもたちに期待感を持たせない社会を作っている大人たちへ「子供は大人を信じてもいいですか?」「私たち大人は子供に信じられるにふさわしい存在ですか?」と、混迷する世の中に一石を投じる“禁断”の学園ラブストーリーをお届けする。
 このドラマでは、高校を舞台に“教師と生徒の愛”というテーマを象徴的に取り上げ、現代の生徒からの「先生、私たちは大人を信じてもいいの? 自分の未来を信じてもいいの?」という問いかけに徹底して向き合う。“愛のタブー”をテーマに、大人は本当に子供からの信頼を得るにふさわしいだけの行動をしているのか、子供たちは大人をもう一度信じてみてもいいのかを問いかける骨太のラブストーリーを視聴者にお送りする。


春馬くんが演じるドラマ・映画はいつもいろいろ言われることが多いような気がします。今回のドラマ発表を受けての記事のタイトルが以下の通り

恵梨香&春馬、月9でW主演“裏切り愛” サンケイスポーツ

戸田恵梨香&三浦春馬 月9ダブル主演! テレビドガッチ (ブログ)

戸田恵梨香、三浦春馬が月9で初共演 教師と生徒と禁断愛 モデルプレス

戸田恵梨香&三浦春馬が初“月9”主演! 禁断の恋をテーマに異色の“月9”ドラマに ORICON STYLE

三浦春馬、女子高校生と関係も…“彼女”戸田恵梨香は? ZAKZAK

月9初主演! 戸田恵梨香&三浦春馬が初めての教師役で“愛”を試される!  webザテレビジョン

戸田恵梨香と三浦春馬が「禁断の学園愛」“月9”で初共演  スポーツ報知


ストーリーが少々衝撃的なこともあって見出しは「禁断」って文字が多いみたいです。







posted by わーぼう at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

2010年11月18日

三浦春馬 月9に主演で登場

春馬くんのドラマはテレビ朝日系という噂が先行しておかしなことになっていましたが、ついに明らかになりました。

来年1月スタートフジテレビ系月曜21時「大切なことはすべて君が教えてくれた」に三浦春馬が出演主演することが決定しました。

「大切なことはすべて君が教えてくれた」
出演者:三浦春馬、戸田恵梨香 ほか


それにしても月9は松永一哉くんが太陽と海の教室に出ていました。先生役ということは生徒役も気になります。
posted by わーぼう at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

2010年11月15日

三浦春馬 Official WebSite アドレス変わってます

三浦春馬くんの公式サイトのアドレスが変わってます。

http://www.miuraharuma.com/

シンプルなドメインになってますね。表紙の写真も変わったかな?6年前とはもうぜんぜん違います。


ストリート時代「INAZUMA」として活動していたときのファンサイト、一部ページはなくなってますが貴重な写真&貴重な春馬くんの書き込みがあるので見てみて下さい。

*今では検索エンジンも引っかからないんですが当時からブックマークして時々見ては当時を思い出しているサイトです

http://open.sesames.jp/INAZUMA/html/_TOP/
posted by わーぼう at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

2010年11月13日

三浦春馬 来年1月クールはテレ朝「私立極東高校」?

三浦春馬の映画クランクインは出所がはっきりしているので記事にしましたが、ドラマ「私立極東高校」についてははっきりしないです・・・。Yahoo!検索ではかなり検索しているようですが。ドラマの紹介サイトではこぞって出ていますがこの手は他のサイトのコピペが多いので真偽のほどははっきりしていません・・・。
もしこれが事実となると2003年の「はぐれ刑事純情派」以来のテレ朝ってことになりますが「はぐれ刑事純情派」というとつくばアクターズスタジオのスタジオ生はけっこう出ている生徒が多い作品で松永一哉くんも昔出ていました。理由はスタジオのレッスンで演技のレッスンを担当していた先生が・・・っていうのがあったかもしれません。またこの情報ははっきりしたら再び記事にしたいと思います。

posted by わーぼう at 01:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三浦春馬

三浦春馬出演 JR東日本CM第6話 開業編13日からスタート

三浦春馬出演のJR東日本CMも第6弾、ついに新青森駅のCMも第2弾で青森駅に新幹線が入るシーンが登場です。


三浦春馬ら60人新青森で1番列車に敬礼 朝日新聞記事から

東北新幹線東京〜青森開業キャンペーン「MY FIRST AOMORI」シリーズCMの第6話「開業」編が明日13日から東日本エリアで放送される。開業日、三浦春馬(20)扮(ふん)する新米駅員のトーキョー、吉幾三(58)扮する先輩駅員、泉谷しげる(62)扮する駅長らが新青森駅のホームに並び、東京からの1番列車を出迎えるという内容。総勢60人以上が、到着した新幹線に向かって敬礼するシーンは圧巻だ。

 撮影は10月下旬、開業を間近に控えた新青森駅で行われ、三浦、吉、泉谷らが緊張した表情で、敬礼シーンの撮影に臨んだ。実際のJR東日本社員も駅員役で参加。新幹線の運転台から敬礼を見るという設定で、このために特別な撮影用車両を仕立てた。新幹線のカットは、新青森駅のほか東京駅や仙台駅などで撮影。新青森駅に向かう1番列車をドラマチックな映像で表現している。

 今回のCMはセリフはなく、映像に合わせて槙原敬之のテーマ曲「林檎の花」が流れ、最後に三浦の「新青森、はじまる」のナレーションが入る。12月4日の開業まで1カ月を切る中でのオンエア。東京〜新青森の1番列車は、今月4日の発売日に、あっという間に全席完売となった。

 ドラマ仕立ての「MY FIRST AOMORI」シリーズCMは10月から東日本エリアで放送がスタートした。青森の小さな駅に赴任した東京出身の新米駅員(三浦)が主人公。「トーキョー」のニックネームで呼ばれているこの駅員が、先輩や周囲の人々と触れ合って成長していく姿を描いている。第5話でトーキョーは新青森駅に異動。今回の第6話では、1番列車に凜(りん)とした表情で敬礼。駅員として成長した姿を見せている。


posted by わーぼう at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

2010年11月11日

三浦春馬 榮倉奈々 主演の映画のクランクイン

この秋はホントに学園祭のトークライブだけ?と思っていたら「三浦春馬 榮倉奈々 主演の映画のクランクイン」という情報が入ってきました。榮倉奈々さんのブログでは役のために髪を切ったという報告や8日のブログではクランクインの報告をしています。
撮影は代々木公園だったようで意外と都内でしばらくするなんて可能性もありそうです。もしかしたら春馬くんが・・・なんてこともあったりして・・・
posted by わーぼう at 23:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 三浦春馬

2010年11月09日

松永一哉「13street」卒業、三浦春馬とともに新たな段階へ

松永一哉くんが11月7日で新宿のDANCE SHOWレストラン「13street」のダンスステージから卒業しました。
松永一哉くんが個人Blogを立ち上げた最初の報告が

来月7月から
新宿のDANCE SHOWレストラン
「13street」で
踊ることになりました。

周りのメンバーの
ダンサーさんも
素晴らしい方ばかり、

自身初の
本格ジャズな
振りにも
挑戦しています(゜-゜)ヽ


勿論自分の得意な
ストリートダンスも
余すことなく
お届けできると
思います!!

ってものだったんですが、卒業後は年末12月22日(水)〜26日(日)に行なわれるニコニコミュージカル「クリウマスキャロル」の稽古に入るようです。



ニコニコミュージカル #001 クリスマス・キャロル

■期間:2010年12月22日(水)〜26日(日)

■STAFF:
脚本・演出・音楽:湯澤幸一郎

■出演:
堀江貴文/宮下雄也(RUN&GUN)、小池亮介/
湯澤幸一郎、新谷真弓/
ロア健治、藤原祐規、YOH、別紙慶一、松永一哉、
三森すずこ、小野瑛世、寺田有希、尾崎桃子/
安田美沙子

■開演時間:12/22(水)19:00 開演( 18:30 開場 )
      12/23(木)13:00 開演( 12:30 開場 ) 18:00 開演( 17:30 開場 )
12/24(金)14:00 開演( 13:30 開場 ) 19:00 開演( 18:30 開場 )
12/25(土)13:00 開演( 12:30 開場 ) 18:00 開演( 17:30 開場 )
12/26(日)13:00 開演( 12:30 開場 ) 18:00 開演( 17:30 開場 )

■チケット代金:
4,500円(全席指定・消費税込み)
*未就学児童入場不可

■前売開始:10月30日(土)

■お問合せ:
サンライズプロモーション東京
0570-00-3337

■公演内容:
IT企業の経営者として未曾有の成功を収めたものの、社内では冷血漢と恐れられ、
特にクリスマスに対し何故かほとんど憎しみとも思えるような感情をもつ、ホリエモン演じる主人公。
クリスマスイブ、そんな彼の前に現れた大天使は、一晩に一人ずつ天使が訪れる事を告げる。
湯澤幸一郎の脚本・演出・音楽で、現代版にアレンジしたディケンズの心温まる名作を上演。

この公演はネットでも見れます
http://info.nicovideo.jp/nicomu/ChristmasCarol/


ダンス中心の活動から舞台って流れはまつかずが高校生のときもありました。あのときは三浦春馬、鈴木和也とダンスボーカルユニット「BrashBrats」の活動が休止になって「THREE RED DORAGON」っていう名前の3人組で活動している時期があってそのときはライブハウスや屋外のイベントで披露していたんですが地球ゴージャスのオーディションに合格してユニットを解散?卒業?なんてことがありました。なんかそのときに似ている気がします。年末の舞台は2007年と2008年の「GIFT」以来です。いったいどんなステージになるのか楽しみです。
ところで三浦春馬くんはといえば学園祭のトークショーで全国を回っていますね。久々にドラマも映画も撮影がないみたいでお休みできてゆっくりしてるのかな?来年になればまた新たなものがスタートすると思うので早く画面で春馬くん見たいですね。

話しは変わりますがまつかずがBlogでストリート時代のチラシを紹介していて懐かしいなぁと思いながら見ていて当時の話しをここでもしようかな?って気分になったので少しずつしたいなと思ってます。


地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10 星の大地に降る涙 [DVD]

地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10 星の大地に降る涙 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD




HUMANITY THE MUSICAL~モモタロウと愉快な仲間たち~ [DVD]

HUMANITY THE MUSICAL~モモタロウと愉快な仲間たち~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



posted by わーぼう at 14:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | アミューズ

2010年11月03日

EBiDAN THE LIVE アフタースクールvol.1出演者決定

スターダストプロモーションがお送りする新しいエンターテイメントショー「EBiDAN THE LIVE アフタースクールvol.1」の詳細が決定

公演日時:
11/22(月)18:00開場18:30開演
上演時間 約1時間20分
※17:00よりライブ会場前にて整理券を配布致します。 ご入場は整理券番号順となります。

会場:
LIVEGATE (東京都渋谷区東3-14-19 オークヒルズB1F)
http://www.livegate.jp/

料金:
前売券:¥2,000 当日券:¥2,500 ドリンク別途¥500

ローソンチケット (Lコード:76287)
インターネット及び全国のローソン、ローソンチケット取扱いのプレイガイドにて好評発売中。
※ご購入の場合は上記Lコードが必要となります。

出演者
•赤池 洋•石部 雅紀•泉 大智•央川 奈知•大石 悠馬•北田 靖真•北村 匠海•黒川 ティム
•小林 龍二•西念 未優•佐藤 匠•澤畠 流星•島田 翼•清水 大樹•志村 勇樹•寺坂 尚呂己
•二宮 敦•早川 雄将•バーンズ勇気•平井 悠太•船津 稜雅•水野 真典•望月 柊成•森崎 ウィン
•森下 雅也•矢部 昌暉•横浜 流星•吉岡 澪皇•吉野 晃一•渡邉 聖斗•和田 崇太郎

ちょっと上から目線で言わせてもらうと、スターダストってPrizmaXにしろHotchPotchiにしろいったいどうしたいのか方向性があいまいのままやってきて、誰1人として大きくステップアップする人がいなかったような気がします。PrizmaXメンバーは一時期かなり力をいれて宣伝したつもりですが、思ったほど活躍ができていなくて一時期ほどの勢いもなくなったからちょっと紹介の頻度も減らしてしまいました。(そうはいっても彼らが始めてストリートを始めた時から見ているので応援せずにはいられなくてこうやって紹介しているのですが)事務所はどのくらい彼らをバックアップしてるのか少々???なところがあります。こうなってしまうのも芸能界を取り巻く環境が大きく変わったからかな?


posted by わーぼう at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | スターダスト

三浦春馬出演のCM JR東日本のMY FIRST AOMORI・TVCM ロケ地紹介

三浦春馬出演のCM JR東日本のMY FIRST AOMORI・TVCM、第5弾「新青森駅編」が公開されました。
JR東日本のホームページに行くと
・ブサ犬わさお@鯵ヶ沢
・青森ガールズトーク@五能線
・みそもち@八戸蕪島
・いかさまレース@下風呂
・マグロバーガー@大間
・イカ釣り体験@風間浦沖
・本州最北端@大間
・手作りアイス@弘前
・津軽三味線@五所川原
・天ぷら×中華そば@五所川原
・ウミネコの故郷@八戸蕪島
・いさり火ウォッチ@下風呂
も見ることができます。

ここで撮影地をわかる範囲で公開

・天ぷら×中華そば@五所川原編 「亀乃家」のラーメンを食べていました
※2010年10月〜2011年1月末、改装のため休業
・手作りアイス@弘前編 「小山内冷菓店」で春馬くんが作っていたのはバナナアイス
・ウミネコの故郷@八戸蕪島 観光遊覧船「はやぶさU」に乗船しました
・みそもち@八戸蕪島 「うみねこの家」でした。ここで春馬くんはバナナサイダーを飲んだそうです
・津軽三味線@五所川原 居酒屋「杏」で三味線体験をしたそうです
・マグロバーガー@大間 宮野製パン ※「まぐろバーガーはイベント時に大間港特設会場(通称:旧冷)で販売され、店舗での通常販売はしていません

そのほかJR碇ヶ関駅、JR川部駅、大鰐の山崎食堂ではもやしラーメンを食べたとか。青森ラッセランド、ねぶたの里でも撮影がありました 
 
食事を道の駅いかりがせき、休憩でマルセ旅館、夜は青森市柳町通りをぶらり、青森市すし屋”すずめ”で食事、黒石市内長崎屋でラーメンを食べたようです。そして8月は「青森ねぶた祭り」「五所川原立侫武多」も観覧して9月は新青森駅、八戸の六日町の居酒屋で撮影をしたそうです。




posted by わーぼう at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2010年11月02日

三浦春馬出演・JR東日本CMに登場のまぐろバーガーが3日明治神宮に登場

三浦春馬出演のCM JR東日本のMY FIRST AOMORI・TVCMに登場した大間「宮野製パン」のマグロバーガー、まぐろバーガーはイベント時に大間港特設会場(通称:旧冷)で販売され、店舗での通常販売はしていませんってことだったんですが実はこのお店が期間限定で原宿・明治神宮の特設会場に出展中とのこと。残るは1日だけなんでいける人は行っておこう!

とことん青森MAX in 原宿表参道
青森ご当地グルメ屋台村

【会場】
明治神宮第一駐車場
【詳細】
・八戸せんべい汁、黒石つゆ焼きそば、十和田バラ焼きなど県内各地のご当地グルメが大集合。
・郷土色豊かなご当地グルメを通して、青森県への興味を高めていきます。

■青森味噌カレー牛乳ラーメン
■青森・浪岡ホットアップルサイダー
■八戸せんべい汁/ 虎鯖棒すし(数量限定)/セット(数量限定)
■黒石つゆやきそば
■十三湖元祖しじみラーメン
■十和田バラ焼き
■三沢パイカ鍋(豚バラ軟骨煮込み鍋)
■平内ほたて貝焼き
■鰺ヶ沢チキンボー
■大間まぐろバーガー
■まるごと東通和牛串焼き
■五戸桜鍋
posted by わーぼう at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

熊澤尚人監督が語る三浦春馬・多部未華子主演映画「君に届け」制作秘話

三浦春馬・多部未華子主演の映画「君に届け」、制作秘話を熊澤尚人監督が語る記事があったので紹介しておきます。

三浦春馬×多部未華子主演の映画『君に届け』制作秘話 マイコミジャーナル10月25日記事から

[制作期間はたったの9カ月]

熊澤監督に本作の依頼が来たのは2009年9月末。制作期間は、脚本作りも含め、約9カ月と一般的な映画に比べてもかなりのショートスパンと言える。また、原作である漫画『君に届け』が連載中であるため、佐藤貴博プロデューサーからは、監督ならではの映画版オリジナルの結末を、との希望も含まれていた。「コミックスの6巻までで、入学から大晦日の時期を描いていたので、その期間をまとめる形で想いを伝えられるようにしてほしいと。原作を知っていただけにワクワクしましたが、原作の雰囲気を損なわないようにしなくてはいけなかったので大変な仕事だと思いました。原作の持つ空気感と主人公ふたりの距離感を描こうと決めてからは、意外にスムーズに進んだと思います」

方向性が決まるとすぐに脚本制作に取りかかった。脚本がなければキャスティングも難しいと言われる映画の世界だが、本作では2010年1月下旬〜2010年2月上旬の間で脚本も完成。すべてが驚異的なスピードで進んでいったそうだ。

[絵コンテは描かない]

普段は絵コンテをほぼ描かないという熊澤監督。講義では、その代わりとなるカメラワークの指示書や各シーンのロケ地で撮影したイメージ写真など、興味深い資料が多数公開された。「現場で生まれる芝居を大事にしているんです。その場でアングルはほぼ100%変わりますし、セリフもその場で変えたりしますからね。事前に絵コンテを描き込んでもあまり意味がないんです。描くのはカメラの動線図くらいでしょうか。それすらも、俳優のタイミングや動きで変わりますし。僕の場合は、むしろ計画通りに進んでいると、作品に大事な何かが入っていない感じがするんですよね。現場で起こる一瞬一瞬を、映画のプラスにできればと思っています」

シーンはほぼ順撮り。現場中心の流動的な撮影方法を採る一方で、スケジューリングや現場のセッティングなど現場の枠組みづくりは、この上ない入念さと緻密さで行われており、さらに効率の良さも考えられている。例えば、神社のシーンを1日で撮影完了できたのは、監督自身が事前に現場に赴き、仮アングルの中でスタッフに動いてもらい動きを固めた上で、指示書を描いているからだ。

「夜から朝4時までの間に、カメラ1台で繰り返し必要なカットを撮影していったんですが、照明をセッティングする時間も必要だったので大変でしたね」

さらりと語るが、その労力は並大抵のものではない。入念な下準備ができているからこそ現場に余裕が生まれ、キャストの自由な演技を活かすことができる。圧倒的な経験値によらなければできない手法に、学生からは驚きの声が上がっていた。

[リアリティを追求]

この作品では場面のほとんどが高校の中だ。そのため、校舎を借り続けられる場所があるかどうかが大きな課題でもあった。しかし、偶然、足利で廃校直後のきれいな校舎を見つけることができ、ロケ地もすんなり決定したという(廃校して1年以上たった校舎は、映画『クローズ』に出てくる校舎のように荒れてしまうのだとのこと)。「ロケの場合は街の空気感が最も大切です。ここ(足利)は、原作そのままではないのですが、人口16万くらいの、高校を卒業すると東京に出たり、地元に残ったりしてクラスメイトがばらばらになる中間都市、というイメージにぴったりでした」

この足利にほぼ40日間泊まり込んで撮影が行われた。"映画はひとつの大きな嘘をつくためにリアリティで埋めていく作業"とは監督の言葉だが、原作が持つ甘酸っぱさや切なさを描くため、徹底して表現のリアリティにこだわった。キャストにも演技力に定評のある多部未華子と三浦春馬を据えたが、それだけでは監督がイメージするものには足りない。「街と同じくらい教室の空気感も重要だと考えていました。ですから、主演のふたりの周りにいる吉田千鶴や真田龍、胡桃沢梅役のオーディションも100人以上、ひとりずつ20分ほど時間をかけてテストしています。クラスメイトも300人以上の中から演技テストをして選びました。セリフがない人もみんな、毎回練習にきちんと参加してもらっていましたね」

参考資料の中には、クラスメイト個々の衣装が設定されたシートもあり、そうした細部の設定もリアリティを出すポイントと言えよう。

[コミュニケーションを映画に活かす]

さらに、人間同士の描写や空気感を濃くするためには、前述のロケ地での泊まり込みも重要な要素となったようだ。「原作は友情を描いたストーリーですが、短い撮影期間だとリアルな友達らしさが出しにくい部分があったんです。そこで、朝から夜は撮影、それ以降はロケ現場での教室で練習、さらに休憩時間はみんなでお菓子を食べ、夜は一緒に寝泊まりする。そんな風にみんなが共に過ごすことで、リアルな関係性を築けるように工夫しました。その結果、カメラに映らない場所で一生懸命芝居をする人たちを見て、メインキャストたちも『もっとがんばろう』という気持ちを引き出されたりして。人対人のいい相乗効果が生まれていたと思います」

見えない部分での人間同士の友情や思いやりが影響していることを強く感じたという監督。特別講座の最後、学生からの「監督になる上で大事なことは」という質問にも、作品の内容に触れながらもコミュニケーションの大切さを強く伝えていた。「想いがないと映画は作れないし、想いがあっても伝えられなければ、ものは作れません。実は人の想いってそんなに簡単には届かないものなんです。映画制作ではさすがに期限があるので言わなくてもわかってくれるスタッフを探しますが、そんな人たちでさえ、言葉が足りないと誤解が起こったりします。それは映画も生活も同じです。特に監督になりたいならば、自分の思いや考えを言葉にして何度も伝えることができないと難しいと思います。コミュニケーションを取ることは、普段の生活でも心がけてほしいですね」





君に届け 12 (マーガレットコミックス)

君に届け 12 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/09/24
  • メディア: コミック




君に届け 11 (マーガレットコミックス)

君に届け 11 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 椎名 軽穂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/06/11
  • メディア: コミック




君に届け オフィシャルブック

君に届け オフィシャルブック

  • 作者: 2010 映画「君に届け」製作委員会
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: 雑誌




「君に届け」 オリジナル・モーションピクチャー・サウンドトラック

「君に届け」 オリジナル・モーションピクチャー・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,安川午朗
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: CD



posted by わーぼう at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

いよいよ新青森駅がお目見え!三浦春馬出演JR東日本「MY FIRST AOMORI」最新CM動画

三浦春馬が出演するJR東日本「MY FIRST AOMORI」CM、4月に放送が始まってついに第5弾にして新青森駅が登場、新幹線も登場です。

三浦春馬「新青森駅」に着任 10月26日日刊スポーツ記事

. 東北新幹線東京〜新青森開業キャンペーン「MY FIRST AOMORI」シリーズCMの第5話「新青森駅」編の放送が東日本エリアで始まった。三浦春馬(20)主演のドラマ仕立てのCMシリーズで、第5話では新青森駅に異動した「トーキョー」(三浦)が同駅を初めて訪れ、泉谷しげる(62)演じる駅長と出会うという内容。新青森駅の駅員役で新井浩文(31)が出演、先輩駅員役の吉幾三(57)も引き続き登場する豪華キャストだ。泉谷、新井、吉とも青森県出身。

 三浦は初共演の泉谷の印象を「自然体ですてきな方だと思いました。テレビで『孫に見せる顔は全然違う』とおっしゃっていたので、どんな顔をされているのか見てみたいです」。泉谷は「三浦春馬さんとは初めてなんだけど、ドラマを見ているので、知らない仲ではないような…。吉さんはデビューのころから知っているので、お互い年取ってもキャラクター変わんないよね、なんて話していた」と撮影エピソードを明かした。

 ロケは、12月4日の開業を前に急ピッチで準備が進む新青森駅で行われた。三浦は「とにかくきれい」、泉谷は「ホームの雰囲気が明るくて、今までの駅のイメージとは違う」と驚いていた。

 また、第5話から流れるのが、槙原敬之(41)の新曲「林檎の花」。このキャンペーンのために書き下ろした。テーマ曲の依頼を受けて青森について調べているときに、たまたま見つけたのがリンゴの花が咲いている写真。青空の下で咲いているかれんな花を見て「テーマをこれにしよう!」と思ったという。槙原は「新青森駅が開業するまでの日々が流れていく今回のCMに、『林檎の花』が『林檎の実』になるまでの感じを、駅が開業するまでの日々に重ね合わせられればと思いました」とコメントした。

posted by わーぼう at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

2010年11月01日

JR東日本・MY FIRST AOMORI TVCM 4弾5弾公開

三浦春馬出演のCM JR東日本のMY FIRST AOMORI・TVCMですが「居酒屋編」「新青森駅編」公開されました。



JR東日本のホームページに行くと
・ブサ犬わさお@鯵ヶ沢
・青森ガールズトーク@五能線
・みそもち@八戸蕪島
・いかさまレース@下風呂
・マグロバーガー@大間
・イカ釣り体験@風間浦沖
・本州最北端@大間
・手作りアイス@弘前
・津軽三味線@五所川原
・天ぷら×中華そば@五所川原
・ウミネコの故郷@八戸蕪島
・いさり火ウォッチ@下風呂
も見ることができます。

ホントたくさんのCMを撮ってます。続きを読む
posted by わーぼう at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦春馬

創志学園センバツへ夢膨らむ 裏にあるいろいろなこと

これが私学の生きる道って感じなのでしょうか。


創志学園1年目のVならず…監督は合格点「よくやった」スポーツニッポン10月31日記事

【秋季高校中国大会 創志学園0―4関西】創部1年目の創志学園は、秋季岡山大会決勝で1―17と大敗した関西に雪辱できなかった。好機にあと1本が出ず、長沢監督は「気持ちの部分。あのボールを打つには時間がかかる」と指摘した。

 投手陣は15安打を浴びたが4失点でしのぎ、成長の跡をうかがわせた。指揮官も最後は「ここまできて、よくやったのも事実」と穏やかな表情だった。


この「創志学園」という高校、地元でも知名度は全くないようですが「岡山女子高校」といえばわかるようです。
この学校、明治17年佐藤伎具能女史が岡山県久米郡美咲町に志信裁縫女学校を創設したのが始まりでそこから佐藤和洋裁女学校、佐藤女子職業学校、城北女子高等学校と名前を変え、昭和37年岡山女子高等学校に名前を変えてこの名前が長く続いたことから「岡山女子高校」だとわかるようなのですが・・・。
「岡山女子高校」のイメージ、岡山県内では決してよくなく、理由としては地元政財界の支持を得て発展してきた就実高校とか山陽女子高校などとは異なる歩みをした、元々が裁縫学校という特殊な成り立ち、ということがであるようで低い偏差値評価になっていたようです。
イメージアップに「進研ゼミ」で有名なベネッセ・コーポレーションが買取りを行なって、校名を「ベル学園」に変え、スタッフに県教委OBを入れたものの思ったほど改善がかからず、学校法人創志学園が経営に乗り出し、名前を創志学園高等学校と改称、普通科新設、衛生看護科・総合福祉科募集停止、男女共学化と大胆な改革を行なっている中の出来事がこの野球部創部半年で・・・ということのよう。これでイメージはどうかわるんでしょうか。

(関連記事)1年生部員だけの創部1年目の創志学園甲子園へ大きく前進
posted by わーぼう at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
ファン
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。